2014年12月15日

スティックPC(MS-NH1)が爆速化、有線LANアダプターを導入した件

前回の記事にて、マウスコンピュータのスティックPC(MS-NH1)を購入&セットアップした件について紹介しました。
[参考]品薄のスティックPCをPCデポで普通に買えた件

1週間ほどスティックPCを弄り回してみましたが、無線LANの通信速度がボトルネックになっていることが分かりました。
セットアップを行った2階書斎は壁越しに無線LAN親機があるため、2Mbps程度のスピードを確保できていましたが、1階リビングでは何度計測してみても1Mbpsに届きません。
ちなみに、2階書斎のメインPCは無線でも50Mbps程度のスピードが出ているため、スティックPCに内蔵されている無線LANチップは弱い?のではないかと推測します。
さすがに2Mbpsと1Mbpsの違いは大きく、1MbpsではYahooトップページの広告画像を読み込むにも時間がかかります。
これではリビングPCとしても、ちょっと実用的とは言いづらいですね。

そこで、ロジテックの有線LANアダプター(LAN-GTJU3H3)を導入してみることにしました。
LAN-GTJU3H3を選んだ理由は、1000M対応かつUSBハブ内蔵という点ですね。
USB3.0にも対応していますが、スティックPCはUSB2.0なので最大速度は480Mが天井となります。将来的な使い回しを考えると、USB3.0対応品を選んでおいた方が無難かと思います。



さて、有線LANアダプターの効果は、当然ながら絶大でしたね。
スピードテストの結果は、1Mbpsから一気に25Mbpsに跳ね上がりました。

ただし、書斎PC(有線LAN接続)は安定的に100Mbps程度のスピードが出ているので、25Mbpsというのは中途半端な数字に思えます。
どこにボトルネックがあるのかは不明ですが、おそらくCPUかUSB2.0のいずれかでしょう。
こればかりは手軽な方法で改善することができませんし、リビングPCとしては25Mbpsもあれば十分なので、これで満足することにしたいと思います。
posted by tkst at 05:41 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

品薄のスティックPCをPCデポで普通に買えた件

マウスコンピュータのスティックPC、ms-nh1が品薄になってますね。
わたしも12月5日15時の発売開始を待ちましたが、わずか数分で完売したようです。
アンダー2万円の品物ですが、6万でオークションに出品されてました。
Amazon、ヨドバシ、ビック、コジマ、ntt-xstore、全部入荷待ちですね。

こりゃあ無理ゲーかなぁと思っていたら、朝刊にPCデポのチラシが入ってて、ダメもとでウェブストアを見たところ、なんと在庫があるじゃないですか。
でも、リアルタイム在庫じゃないっぽいので、半信半疑のまま注文したところ、1時間後に在庫確保メールが送られてきました。

品物の受け取りと支払いは店舗で行うとのことなので、さっそくゲットしに行っちゃいました。
まじかっ!って感じですけど、5日にネット注文できた人より早く入手できました。

spc1.png


外箱はそれとなくiPhoneを意識した感じになってます。
質感はともかくとして、紙類が少ないのは好感を持てますね。

20141207追記
さっそくSTICK PCをセッティング&使用してみました。
普段使いのPCはマウスとキーボードをBluetooth接続しているので、USB接続のマウスを物置きから引っ張りだし、ユーザ名などの文字入力はソフトウェアキーボードで対応しました。
それにしても、Chrome cast的なサイズで、フルのWindows8が動作するのは感動的ですよ。

さっそく使用してみましたが、さすがにネット表示のスピードは「ゆっくり」といった印象です。
感覚的にですが、Corei5とiPhone6のスピード差と同じくらい、iPhone6よりも「ゆっくり」だと思います。
しかしながら、十分に実用の範囲内ですね。Youtubeもほぼ途切れずに再生できます。
Atom搭載機を使うのはVaio X以来ですが、Vaio Xのようなストレスはありません。

我が家ではリビングのテレビに接続して、リビングPCとして活用するつもりです。
最近のテレビにはネット機能が当然のように付いていますが、いかんせんスピードが遅いです。
STICK PCはスピード的にも実用的ですし、NASに接続したり、USBやBluetoothで拡張性も十分にあります。
昨今ではタブレットでも似たようなことが可能ですが、応用的な使い方をすればするほど、Windowsの汎用性が際立ってくると思います。

なお、リビングPCとして使用するにあたり、マウス兼キーボードとしてlenovoのN5902を購入してみました。
マウス・キーボード一体型の入力デバイスとしては、ミヨシMCO Bluetooth 光学式トラックボ-ル付きキ-ボ-ド TK-BT01も評価が高いですが、マウス重視ならN5902がよろしいかと。
わたしの場合、おそらくリビングPCでの使用頻度は、「マウス9割、キーボード1割」くらいかなと思うので、さっそくN5902を注文してみました。

posted by tkst at 16:39 | Comment(2) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

【スピードテスト結果】フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ

自宅のインターネットをADSLからフレッツ光に切り替えたので、さっそくスピードテストを実行してみました。
計測時間は日曜朝ですが、平日でも夜間でもあまり結果に違いはありませんでした。

まずは、USENで計測してみました。
結果は97.268Mbps。

st1.png

次にBNRで計測してみました。
結果は104.09Mbps。
USENより若干速い数字が出ましたが、誤差の範囲でしょう。

st2.png


最後にNTT東日本のサイトで計測してみました。
結果は195.65Mbps。
USENやBNRより100M近く速いですが、時間を変えて何度やってみても200M弱のスピードが出ています。

st3.png
posted by tkst at 09:00 | Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

ロジクールのBluetoothマウスが突然動かなくなった件

1週間ほど前にマウスが突然動かなくなりました。
ロジクールのM905tという無線接続のマウスを使っているんですが、
今月買い替えたばかりです。
ちなみに、それまでもロジクールの無線マウスを3年ほど使っていたんですが、
「チャタリング」という接触不良が頻発しまして、買い替えました。
(なお、ロジクールのマウスは3年保証があり、チャタリングが発生した場合には
交換してもらえるようですね。保証書は捨てないようにしましょう)

1077.png

てっきりマウスの故障かと思い、念のため、以前に使っていた無線マウスを
引っ張りだしてきたんですが、そのマウスも動作しない。。。

となると、マウスの故障じゃないの?

さっぱり原因が分からないため、とりあえずググってみた。
検索ワードは「Windows マウス 突然動かない」みたいな感じ。
可能性としては、OSの不具合かな・・・と思った。

マウスが使えないので、ネットで検索するのも超メンドイですよ。
Windowsをキーボードで操作する、かなり久々です。

ちなみに、Windowsのコンパネで「マウスキー機能を有効にする」のチェックを
オンにすると、10キーを使ってマウスポインタを動かせます。

mousekey.png


「2」で下の方向に、「9」で右上の方向に、「+」が右クリックになります。
これでも相当メンドイですが、キーボードショートカットだけで操作するよりは、
ずいぶんとマシになるかと。。。

そんでもって、タイトルのとおりですがw
パソコン本体のUSB端子に問題があったようです。
ロジクールのBluetoothのドングルを、別のUSB端子に入れてみたところ、
あっさり解決してしまいました。

そりゃあネットで探しても、トラブルシューティングなんか見つからないわw
キホン中のキホンだけど、まさかパソコン本体のUSB端子が壊れてるとはね。

と・・・思っていたら、この記事を書いている最中にトラブル再発。。。

USB端子の不具合ではないとすれば何だろう?
他のUSB機器を差し替えてみても、どれも正常に動作するし。。。
このパソコンも4年ほど使っているし、そろそろ買い替えのサインなのだろうか。
あまり頻発するようであれば、PCの買い替えを検討しよう。
posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

SIMフリーiPhoneでキャリアアグリゲーション使えたよ!

先日の記事でも書いたとおり、9月20日の午前中にiPhone6が配達された。
iPhoneを購入するのはこれで7回目(7台目)だが、iPhoneを手に入れる瞬間はいつだってプレミアムだ。
さっそく配達用の包装を開梱すると、中から真っ白い箱が。。。

IMG_2179.JPG

一瞬、箱の裏と表が逆じゃないかと思ったが・・・
間違いなく、こちらの側がオモテ。
よく見ると、箱の表面にiPhoneの型どったエンボス加工がなされている。

まずは、一にも二にも、液晶保護フィルムの貼り付けが先決である。
愛用のパワーサポート製フィルムはまだ発売されていないので、緊急避難的にラスタバナナの高光沢フィルムを事前に購入していた。
さして期待はしていなかったが、このフィルムがなかなか当たりだった。
安い割に、フィルムの台紙を上下で切り離すことができ、位置合わせする際に助かる。
また、フィルムを貼り付けるときに入った気泡をクレジットカードなどで押し出すのだが、画面の淵まで気泡を押し出す前に、フィルムが自然吸着してくれた!
商品の包装に「無気泡フィルム」と書かれていたが、これがその効果なのだろうか。
何はともあれ、値段は安いのに、めっちゃいいフィルムでした。



続いて、iPhone5dからSIMカードを入れ替える。
今回は初めてSIMロックフリー版のiPhoneを購入したので、SIMカードの入れ替えも自分で行う必要がある。
いちおう静電気でパチっとならないように気をつけたけど、まあ楽勝な作業ですな。

さらに、itunes経由でデータを復元。だいたい15分ほど。
初期設定は使用言語とtouchIDの指紋登録くらいで、その他の設定は一部を除いてiPhone5sから引き継がれる(登録単語が引き継がれなかったけど、何か間違ったのかな?)。

さて、SIMロックフリー版のiPhone6で最も気になっていたのが、auのキャリアアグリゲーションへの対応だ。
さっそくスピードテストを実行してみたところ、木造2階建ての自宅内で36Mbpsを叩き出した。
何度かスピードテストを実行してみたところ、だいたい25Mbps以上で安定している。
iPhone5sでは10Mbps前後だったので、通信速度は軽く2倍超えといったところ。
CA対応は気がかりだったけど、Engadgetが報道していたとおり、しっかり対応されているということでよさそうだ。

IMG_2182.PNG

あと、4.7インチへの大型化の影響について。
マスコミによる発売前の報道では「4.7インチモデルはiPhone5sとほとんど変わらない」とのことだったが、そんなことはないね!
iPhone5sに比べ、片手でのホールド感は明らかに落ちている。
Web閲覧時にはあまり気にならないが、文字入力時は親指を動かすため、片手グリップではかなり不安定になる。
また、4.7インチは横幅よりも縦方向に長くなっていることに注意が必要だ。
iPhone5sでは対角のスミ(左手操作なら画面右上)まで親指が届いたが、iPhone6では無理と言っていいだろう。
少なからず両手操作しなければならない場面が増えそうだ。
posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。