2016年02月11日

妖怪ウォッチぷにぷにで20時間ほど遊んだ結果

スマホゲームの「妖怪ウォッチぷにぷに」を1ヶ月ほど遊んでおります。
このゲームの醍醐味は強力な友達妖怪を増やしていき、より難易度の高いステージを目指すことにあります。レア妖怪を効率的にゲットするには課金が必要なのですが、むしろ時間をかけて手に入れたときこそ喜びは大きいでしょう。
そこで中間報告として、これまでゲットしたレアキャラやレアアイテムをご紹介します。攻略サイト「妖怪ウォッチぷにぷに攻略大百科」でもマラソン必須と言われているアイテムなどもゲットしましたよ!


まずはスターティングイベントとして登場した黒鬼です。
黒鬼と戦うにはポイント(ポイントは雑魚戦で稼ぐか、課金で入手可)が必要であったため、無課金ユーザーの小生としては入手に苦労しました。

IMG_3880.PNG


心オバアはステージ157で稀に登場するレア妖怪です。
感覚的に20回に1度くらいしか出てこないため、気長にマラソンするしかありません。なお、ステージ157ではゆきおんなをふぶき姫に進化させるために必要な「白銀のかみどめ」もレアドロップします。
小生はなんと、心オバアと白銀のかみどめを1度にゲットしてしまいました。マラソン回数は覚えていませんが、100回近くはステージ157を繰り返したと思います。

【レア妖怪】心オバアを仲間にするぞ!ステージ157を100回プレイ!!

IMG_3986.PNG

IMG_3983.PNG


クワノ武士をクワガ大将に進化させるために必要な大将の魂です。
裏ステージ1-7で、かたのり親方を倒すとレアドロップします。

IMG_3976.PNG


ステージ1〜3のボスキャラが仲間になる期間限定イベントで、ミツマタノヅチ、つられたろう丸、のぼせトンマンが仲間になります(すべてBランク妖怪)。
また、同じくイベント期間中のガチャで手に入るアイテムと合成することで、Sランク妖怪に進化させることができます。

IMG_4053.PNG

IMG_4043.PNG

IMG_4037.PNG
posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

気になる点もあるが魅力が圧倒的に上回る「Microsoft universal foldable keyboard」についてのレビュー

「Universal Foldable Keyboard」 という長い製品名ですが、日本での発売を待ちわびていた方も多いんじゃないでしょうか。
今年の春先に海外で先行発売され、ガジェット系サイトでも「これ欲しい!」と話題になった製品です。
わたしもなんとか入手できないかとあれこれ調べましたが、個人輸入以外に方法がありませんでした。 
実際に個人輸入された方もいらっしゃったようですね。わたしは差し迫って必要としていたわけではないので、個人輸入まではしませんでしたが。

IMG_3743.JPG


さて、その「Universal Foldable Keyboard」 ですが、2015年9月24日に日本でも発売となりました。
キートップの刻印(ひらがな)を見ればわかるとおり、日本版としてローカライズされています。
今回さっそく入手しましたので、使用に際してのトラブル解決法なども含め、レビューを書かせていただきたいと思います。


日本語を使うにはダウンロード必要、iOS9に非対応
universal foldable keyboardの使用にあたり非常に驚いたことですが、このキーボードは「箱を開ければすぐ使える製品」ではありません。
箱出しの状態ではアルファベットしか入力できないため、日本語ユーザーはこちらのサイト(http://www.microsoft.com/hardware/ja-jp/p/universal-foldable-keyboard#support)からソフトをダウンロードする必要があります。

また、iPhoneなどのiOS機器での利用を考えている方も多いと思いますが、iOS機器では半角キーを押しても日本語・英語を切り替えることができません。同梱の(お世辞にも分かりやすいとは言えない)説明書に記載のとおり、Fn(cmd)+spaceキーで入力モードを切り替えます。さらに、iOS9では仕様が異なるらしく、ctrl+spaceキーで切り替えます。
iPhoneで日本語入力ができず嵌まっている人は、キーボード設定で「日本語-ローマ字」がオンになっているかチェックしてください。ATOKを使ってる人は英語とATOKのみをオンにしていると思いますが、「日本語-ローマ字」をオンにしないと日本語入力ができません。


IMG_3764.PNG


日本語の使用にダウンロードが必要だとかiOS9は動作が異なるという情報は説明書にも載っておらず、あちこちググッてようやく解決しました(購入時点では新製品だったため情報量が少なく苦労しました)。
そもそもキーボードというものは最も原始的な入力機器であり、箱出しの状態ですぐ使えることが当たり前という先入観を持っていたため、ペアリング以外のセッティングが必要であることに面食らいました。ペアリング後にキーを押しても日本語が使えず、これは初期不良かと思いましたね。
あと、この製品はBluetooth4.0対応なので、非対応のPCやiOS機器では使えません。一部機能が非対応とかではなく、一切使えませんのでご注意ください。


IMG_3744.JPG


やや違和感もあるが、この薄さは驚愕だ
Universal Foldable Keyboard を手にとって、その薄さに驚くことでしょう。折りたたんでも薄手のビジネス手帳と同等の薄さです。重さは180gなのでiPhone6s plus(192g)よりも軽量です。このサイズなら常時カバンに入れておくことも可能でしょう。しかも充電は3ヶ月もちます。
打鍵感も(この薄さにしては)許容範囲だと思います。後述の理由から快適とは言えないまでも、実用可能なレベルではあります。
サイズ的にはフルサイズのキーボードですが、enterキーとdeleteキーが小さめです。enterキーは慣れれば気になりませんが、キーとキーの間に隙間が無いため、deleteキーは頻繁に押し間違えます。これは多少なりともストレスに感じるかもしれません。
また、2つ折りキーボードの宿命かもしれませんが、中央に2.5センチの隙間があり、両手のポジショニングがしづらいですね。エルゴノミックキーボードを普段使いしている人には平気かもしれませんが、もう少し隙間が狭ければと思いました。
実際、この記事は本製品を使って執筆しているのですが、メインで使用するのは全般的にシンドイかなと思います。
しかしながら、カバンに放り込んでおけば、何かの機会に使うことは多いと思います。本製品とスマホがあれば、外出先からビジネスメールの返信や、ブログの下書きくらいはできますしね。


IMG_3745.JPG


その他気づいたこと
冒頭で記述したとおり不親切な点もありますが、意外に気が利いている点もあります。製品の両サイドにマグネットが埋め込まれており、2つ折りにした際、ピッタリとくっつきます。また、閉じた状態から開くと、自動で電源がオンになります。これはGoodですね。
あとは、常時携帯が前提の製品ですから、ケースを付属してくれるとよかったのにと思います。

以上、Universal Foldable Keyboard に関するレビューでした。
posted by tkst at 05:22 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

ふるさと納税でイーヤマディスプレイが復活

長野県飯山市のふるさと納税で、イーヤマ製23インチディスプレイ「XU2390HS-B2」が復活しました。
今年4月にふるさと納税制度が拡大された直後に即完売になっていたものです。
9月15日から500台限定ということなので、情報が知れ渡ればすぐに無くなってしまうのではないかと思います。

iiyama0919.png

必要な寄付額は40000円となっており、価格コムの最安値が19800円なので、還元率は約50%となります。
ふるさと納税的なオトク度としては合格点でしょう。かなり上々の部類だと思います。
もちろん税額控除されるため、額面年収が400万ある人なら自己負担2000円で入手できます。年収と控除額の目安については文末のリンクを参照ください。
ちなみに3月までは寄付額30000円だった(はず)なので、少しばかり魅力はDownしてはおります。おそらく、型番変更と実勢価格を考慮しての見直しでしょう。



ふるさとチョイス(長野県飯山市)

年収と寄付額の目安

XU2390HS-B2(価格コム)

posted by tkst at 06:42 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

SONY MDR-1Aを手持ちのヘッドホンと聴き比べてみた

すでに発売から半年以上が経っているが、ソニーのヘッドホン「MDR-1A」を入手する機会を得たため、手持ちのヘッドホンやイヤホンとの聴き比べをしてみたい。なお、本稿執筆時点で、本製品は価格.comにおける売れ筋ランキング第2位(ヘッドホンでは第1位)、かつ、満足度は4.43とヒジョーに好評で、否が応でも期待が高まりまくる!

聴き比べに使用した手持ちの機器は、Bose AE2w、Sony MDR-EX500SL、3DS用の巻き取りイヤホンの3つ。AE2wの音質の良さは確認済みだが、有線のMDR-1Aとどれだけ実感ベースで違いがあるのか比較してみたい。MDR-EX500SLはイヤホンとの比較用。最後の巻き取りイヤホンは「当て馬」のようなものだが、価格差30倍ほどの違いがあるのかを比べてみたい。

さて、今回の聴き比べに使用した楽曲は以下の5曲。
1)Juju Hello, Again
2)いきものがかり 風が吹いている
3)ルイ・アームストロング What A Wondoeful World
4)マライア・キャリー All i want for christmas is you
5)ボン・ジョヴィ Thesedays


Sony MDR-1A
自宅でのリスニング用に2015年に購入。

719mdr.png

音質 ☆☆☆☆☆(満点☆5つ)
他のレビューでも言われているように低音が強め。今回聴き比べたMDR-EX500SLも同様なので、メーカーの特徴なのかもしれない。
ボーカルもストリングも音の粒立ちが良い。素材が良いので、イコライザーで好みの味付けを探すのも面白いかもしれない。
本製品はハイレゾ音源にも対応しているので、今後はぜひともハイレゾとの聴き比べを行ってみたい。
もちろん、ふわっと包み込むような余裕はヘッドホンならではの魅力。

いきものがかりの「風が吹いている」は、ボーカルと楽器の力強さが魅力の曲。しっかりと楽器を鳴らす本製品の基本性能の高さが活かされる。
ドンシャリ系ではどうかと思ったが、マライヤでは曲の華やかさを若干セーブしつつ、コーラスなどのバックミュージックを丁寧に鳴らす印象を持った。
ボン・ジョヴィを聴くとストリングの力強さや弦をピックで弾く際の生々しさが際立つ。
JujuのHello,Againではボーカルが前面に出すぎず、音楽とのバランスが良い。ただし、バラード系ではしっとりと歌声を中心に楽しむ嗜好もあると思われるので、そうした場合には低音の強調が裏目に出る。
また、What A Wonderful Worldのような懐メロ系では、他製品と大きな違いが感じられない。

装着感 ☆☆☆☆☆
フラッグシップモデルではないが中〜高価格帯の製品として、装着感のクオリティは高い。
特にイヤーパッドのホールド感やフィット感が秀逸で、耳に装着した瞬間、音楽に没頭するための環境が整う。

外観・質感 ☆☆☆
外箱へのこだわりもソニーならではで、高級感が感じられる。開梱レポートはネット上にいくらでも溢れているので、本レビューでは割愛する。
一方で、製品のデザインと質感に関しては、目指すところが不明確で残念。曲面加工を多用したモニター系の造形はいいのだが、着色のしやすさを重視してか樹脂が多様され、ワンポイントのメタリックレッドも調和を欠いている(写真映えはするが、実際に手に取ったときの印象がかなり違う)。


BOSE AE2w
高音質なBluetoothヘッドホンということで2013年に購入。当時のレビューはこちら

719bose.png

音質 ☆☆☆
Boseと言えば低音重視かと思いきや、低音は驚くほどアッサリ。バラードを聴くと演奏は控えめで、ボーカルが前面にくる。軽やかに鳴らす傾向があり、聞き心地はまずまず好印象。
楽器の生々しさが若干弱い。ピアノの速弾きやバックコーラスなどでは、やや音が潰れた印象。
マライヤを聴くと、良く言えばホールで聴くような響きを感じるが、悪く言えば過剰なエコーでもある。
無線のため、再生直後に「プツッ」というノイズが入ることもある。ただし、それ以外のノイズ混入はほぼ皆無なので、リスニングの妨げになるほどの影響ではない。むしろ無線の品質に関しては秀逸だと感じた。
MDR-1Aとの比較なので音質については厳し目の評価とならざるを得ないが、一般的なリスニング用途として全く不都合の無いレベル。以前のレビューにも書いたとおり、「無線にしては・・・」という言い訳を必要としない程度にクオリティが高い。


Sony MDR-EX500SL
ちょっと音質にこだわりたくて2010年に購入。当時のレビューはこちら

719sony.png

音質 ☆☆☆☆
やや低音が強めなのはMDR-1Aと同様。
音量を上げたときの余裕はヘッドホンに劣るが、音の粒立ちが良く、音楽を楽しめる品質。
価格的にはBose AE2wよりだいぶ安価だが、イヤホンの守備範囲内での使い方であれば、音質的には本製品の方が上かと思われる。


サイバーガジェット 巻き取りイヤホン2
主にゲーム用に使用している1000円前後のイヤホン。見るからに安っぽいが、使用頻度は一番高いかも。

719makitori.png

音質 ☆
ふだん3DSやVita用に使っているゲーム用のイヤホン。そもそも音楽を聴くためのイヤホンではないが、全体的に明瞭さに欠ける印象。
音が霞の向こう、あるいは、カーテン越しに音を聴いているような感覚で、他の3製品との差は明らか。
コードが巻取り式のため、無造作にカバンに放り込めるのが魅力。安っぽいと言えば安っぽいが、中級以上の機種でもこの構造を採用してくれれば、俺は買うぜ!


posted by tkst at 02:57 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

ふるさと納税でパソコンがもらえる件

100台限定で申込開始後、即日終了してしまったようだけど、ふるさと納税でパソコンがもらえたようです。
ニュースサイトで情報が流れましたので、皆さん早い早い(汗

ふるさとチョイス>山形県米沢市

対象製品は以下のとおり。
上記サイトでスペックを見たところ、おそらく現行商品あるいは同等スペックではないかと。
応募できた方、おめでとうございます。

《寄付額35万円以上》
・Lenovo ThinkPad X1 Carbon
・NEC LaVie Direct HZ
《寄付額20万円以上》
・Lenovo ThinkPad X250
《寄付額15万円以上》
・NEC LaVie Direct NS(e) 

Lavie HZとか良いですね。私は先日Macbook Airをバッテリー交換したばかりですが、1キロ未満のモバイルPCのには憧れます。
もっとも、自己負担2000円で35万円寄付するというのは、年収1000万未満の中流層には縁の無い話でございます。
公務員水準の収入があれば、寄付額15万円のNEC LaVie Direct NS(e) あたりなら手が届きそう。

米沢市以外でも、長野県飯山市がPC関係のプレゼント(特産品と言いますけど)を用意していますね。
飯山市と言えばiiyamaですよね。マウスコンピュータ傘下の。

ふるさとチョイス>長野県飯山市

こちら、価格.comでもランキング上位のPCディスプレイ「iiyama XU2390HS-B1」が寄付額3万円以上のプレゼントとして用意されています。(当記事執筆時点では欠品中)


posted by tkst at 04:30 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする