2012年12月23日

ゲーム日記(33)ブレイブリーデフォルト

久々にRPGらしいRPGをプレイした。
最近のRPGにありがちなアクション要素など皆無、シコシコと単調な作業を繰り返すタイプのRPGだ。
前評判の時点で極めて評価が高く、発売直後は売り切れ続出、プレミア価格で転売が横行するなど、ちょっとしたお祭り状態になるほどの話題作なのだ。

さて、発売から2ヶ月も経ったが、ひととおりクリアしたので所感をレビューする。

ゲーム内容 ☆☆☆☆☆(満点☆5、以下同じ)
本作は、故郷の村を謎の大穴に飲み込まれた少年ティズが、クリスタルの秘密に翻弄されつつ、世界を危機から救うため旅をする、というストーリーである。
クリスタルを中心に物語が展開されるあたりはFFシリーズと同様であり、ゲームシステムもFFシリーズとの共通点が非常に多い。別タイトルではあるが、FFV世代のファンにとっては、FFの続編としてプレイできるゲーム内容である。

開発元のスクエニにとっては「旧時代の」RPGという位置づけなのであろうが、古臭さを感じるというよりも、完成度の高さが際立っている。すでに完成の域に達しているゲームシステムを、さらにバランス良く、また、近年のライトユーザー向けに遊びやすく調整しているのだ。
しかも、元となる素材はFFシリーズなのだから、面白くないハズがないだろう。

ストーリーについての説明はネタバレになるので割愛するが、FF零式と同様、クリア後にモヤモヤ感が残るのは残念だ。「ん!?結局、彼(ら)は何だったんだ?」という後味の悪さを感じる。すべてをゲーム内で説明し尽くすより、プレイヤー自身が想像力を働かせた方が感動は大きいのかもしれないが、個人的にはどちらかと言えばマイナスである。

さて、本作は上述のとおり完成度の高い古典的RPGであるが、もちろん独自の味付け(システム)も加えられている。具体的には、@ジョブ・アビリティ、Aアビリンク、Bネット接続の3点である。

@ジョブやアビリティのシステムは、FFシリーズでも度々取り入れられているので、詳しい説明は要らないだろう。「すっぴん」や忍者など、懐かしのジョブも健在だ。隠しジョブを含め、全部で24のジョブが登場する。
ジョブチェンジに関しては何のペナルティも無いため、ダンジョン攻略中には海賊を使い、ボス戦の直前で忍者にジョブチェンジするといった戦い方もできる。
本作ではジョブやアビリティの組み合わせに戦略的要素が多く盛り込まれており、敵の特徴に合わせて設定を変更することで、戦闘を圧倒的有利に展開することも可能になる。
惜しむらくは、本作ではレベルがポンポンと上がるため、あまりアビリティを工夫しなくてもクリアできてしまうこと。結局のところ、ナイト(海賊に転職)が2人と、黒魔道士(魔神に転職)、白魔道士(賢者に転職)のパーティーで、十分にクリアは可能である。ジョブの種類は多いものの、戦力になるジョブは少ないのが残念なところだ。また、装備できるサポートアビリティの数に上限があるので、複数のジョブを極めるメリットも少ない。

Aアビリンクは、他のプレイヤーを友達に登録すると、他のプレイヤーのジョブレベルを全て引き継げるというシステムだ。つまり、友達のAさんが全ジョブのジョブレベルをMAXに育てると、Aさんを友達登録するだけで、自分はゲーム開始直後から全ジョブレベルMAXということも可能なのだ。
使い方によっては、友達とジョブレベルの経験値稼ぎを分業できたりして、なかなか良いシステムではあると思う。ただし、実際のところ、周囲で同じゲームをやっている人がどれだけいるか・・・を考えると、実際に有効活用できている人は少ないのではないかと思う。

Bネット接続に関しては、FF零式と同じく、公式サイトに登録すると、WEB配信で様々なアイテムを受け取ることができる。最強クラスの貴重な武器が配信されるので、利用しない手はない。FF零式のときはサーバー攻撃などの不運もあり、非常に残念な思いをしたが、本作では円滑にシステムが運用されたようだ。

難易度 ☆☆☆☆☆
RPGなので誰でもクリアできる。
ストーリーを普通に進めていけば、レベルもポンポンと上がるため、経験値稼ぎの苦行は不要と思われる。
ただし、癖のある攻撃をしてくるボスキャラが多いため、結構な頻度で全滅したりする(睡眠や魅了を使われると、ザコ戦でも全滅したりする)。それゆえ、ボス攻略時には喜びがあり、ゲームを単調にさせないアクセントとなっている。このあたりのバランスが絶妙かと思われる。
また、ボス戦の直前には必ずセーブポイントがあるので、全滅しても精神的ダメージは少ない。昔のRPGのラストダンジョンなんて、ダンジョン中盤からラスボスまでセーブポイント無しとか当然だったから、随分と遊びやすくなったものだと思う。

操作性 ☆☆☆☆
すでに完成の域に達したFFシリーズの操作性を受け継いでいるため、操作性は問題なし。
ただし、アビリンクとサポートアビリティについては、システムが分かりづらいので、ゲーム中のチュートリアルをもう少し充実させてほしい。
例えば、ナイトが覚えるサポートアビリティは、ナイト在職中も装備しなければ機能しないのだが、そこに気付かないプレーヤーも少なくないと思われる。

総合点 ☆☆☆☆☆
モンハンなど社会現象になるゲームがある一方で、専用ゲーム機はスマホアプリにシェアを奪われ続けている。スマホの普及によりゲームユーザーの裾野は広がっているのに、専用ゲーム機のゲームは売れない時代なのだ。
そのような状況下、本作の大ヒットが持つ意味は大きい。今日的な味付けはあるものの、旧時代的なRPGが多くの人に受け入れられた。
おそらく昨今のスマホ性能をもってすれば、本作をほぼ完全な形でスマホへ移植することも可能であろう。もしかすると、本作は3DSで発売するより、スマホゲームとして販売した方が利益は大きいかもしれない。スマホゲームならば、製造や物流などの物理的コストがかからないからだ。
それでも、やはり良質なゲームは、専用ゲーム機の優れた操作性でストレス無くプレイしたい。ゲームへの没入感は、専用ゲーム機ならではのメリットだ。
本作は、ぜひ、「ゲームはスマホで十分」というライトユーザーに楽しんでもらいたいと思う。スクエニにはそのような思惑もあるのではなかろうか。
間違いなく良作である。
posted by tkst at 15:00 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

3DS LL(ブラック)を購入した件

ブレイブリーデフォルトと戦国無双クロニクル2を掛け持ちするために3DS LL(以下、LL)を購入した。
カラーは11月1日発売のブラックだ!
正直なところLLが発売された時点で購入しようかと思ったのだが、カラバリがイマイチだったので見送っていた。個人的には“あまり主張しない色”が好みなんで、ブラック単色が発表された瞬間にキタ━(゚∀゚)━!
ヒンジ部分も含めて単色のLLって、ブラック以前にはホワイトしか無かったんだよね。ホワイトは女性っぽいし、2色塗りは子供っぽい感じがするし、まさにブラックは男のLL^^



言うまでもなくLLは画面がデカいんで、アクションゲームを中心に活躍してもらう予定。個人的にLOVEな戦国無双クロニクルも、デカい画面でプレイした方が圧倒的に盛り上がるだろうて。

あと、クリア後にあらためてレビューしたいと思うんだけど、ブレイブリーデフォルトは面白いね。「昔ながらのRPG」みたいに言う人が多いけど、まさにそう。FFシリーズに例えるならば、FFVくらいまで遡ってる。
誰が見ても昔のFFみたいなゲームなんだけど、FFシリーズとは別作品という位置づけ。スクエニとしては時代遅れのRPGなんだろうけど、品切れ状態が継続するほどの大ヒットとなった。FFのナンバリングタイトルですら久しく品切れになっていないので、これは皮肉な話だろうな。
posted by tkst at 02:35 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

Amazonゲーム買取サービス(まとめ)

2012年5月7日より、Amazonがゲーム買取サービスを開始した。
これまでもブックオフが同種のサービスを提供していたが、さすがはAmazonである。
ヒジョーに画期的なサービスなので、特徴をまとめたい。

スクリーンショット 2012-05-08 2.41.31.png



Amazonによるゲーム買取サービスのポイントは以下の3点である。

ポイント1:買取金額がヤフオク並に高い(個人売買と同レベル)

ゲームソフトを売却する際、もっとも気になるのは買取金額である。
換金が目的なのだから、当然といえば当然だろう。
一般的には、業者買取よりも個人間売買の方が高値で処分できるため、これまで私もヤフオク経由で売却することが多かった。
しかし、Amazonは買取価格からして度肝を抜く。

たとえば、今回わたしが売却したPS Vita用ソフトのGravity Daze。
このソフトの買取金額をAmazonとヤフオクで比較してみよう。
Amazonの買取金額は現時点でのもの。
ヤフオクの買取金額は、オークファンで直近30日の平均金額を調べた。

Amazon 3,423円
ヤフオク 3,674円


このように、金額的にはほとんど差がない。
ヤフオクの平均買取金額には30日前の売買も含まれるので、現時点ではAmazonが逆転している可能性もある(その可能性は低くない)。
つまり、Amazonによるゲーム買取サービスは、「業者買取は個人売買より買値が安い」という常識を取り払う点で、ヒジョーに画期的なのだ。

ただし、Amazonのゲーム買取は、現金ではなくAmazonギフト券での支払いとなる点は、注意が必要である。
Amazonの買取金額が高いのも、最終的にAmazonでの買い物に還流することが前提だ。
この点に着目すると、Amazonによるゲーム買取サービスへの参入は、実に奥が深いのだが、長くなりそうなので詳しくは触れない。
要するにAmazonは、景気が伸び悩む日本で、さらに売上を伸ばす手段を考えたわけだ。ゲームを高値で買い取ってあげるので、もっとAmazonで買い物してください、という算段であろう。Amazon本体の売上を増やすための一つの手段として、これだけのビッグビジネスを立ち上げたのだから恐れ入る。

ポイント2:買取申込時に表示された買取金額が保証される

すでにブックオフなどがゲームソフトのネット買取を実施しているが、どのような査定で買取金額が決定されるのか、利用者としては非常にグレーである。
査定金額に納得がいかなければ返却も可能だが、送料は利用者負担なので、実際には安値でも買い取ってもらうしかない。まさに泣き寝入りだ。

Amazonでは基本的に、買取申込時に表示された買取金額が保証される。
買取金額は品物のコンディションにより2段階で設定されており、買取申込時に利用者がコンディションを自己申告する(コンディションは良または可の2種類が設定されている)。
品物をAmazonが査定し、自己申告どおりのコンディションであれば、申込時に表示した金額で買取りが成立する。
Amazonの買取金額は上記の2段階のみで、それ以外の金額で買い取られることはない。
コンディション「良」と自己申告した場合、そのまま「良」の価格で買い取られるか、査定により「可」の価格となるか、買取キャンセルとするかの三択である。
つまり、買取業者の不透明な査定基準により、勝手に買取金額が削られることはない。
とても公正明白な査定基準なのだ。

Gravity Dazeの場合、コンディションが「良」ならば3,423円、「可」ならば1,349円であった。
買取金額に二倍以上の差をつけているということは、基本的に「良」の金額で買い取るつもりなのだろう。
ちなみに、Amazonの査定基準における「可」とは、付属品に欠品があったり、目立った汚れやキズがある状態のことを意味している。
書籍とは違い、ゲームソフトは汚れやキズが付きにくく、最近では取扱説明書を省略するソフトも多いため、普通にゲームを遊んでいれば、コンディションが「可」の状態にはならないと思われる。
逆に、一定以上のコンディションが期待できるからこそ、Amazonは買取金額を保証できるのだろう。

また、この「買取金額保証」のもう一つ画期的な点は、買取申込時から査定時までの価格下落リスクを、買い手であるAmazonが負うということだ。
Amazonに買取申込をすると、集荷予定日を8日後までの範囲で指定できる。
これまでのネット買取では査定時に買取金額を決定するが、Amazonの場合は買取申込時に決定するため、この8日間において品物の価値が下落するリスクは、Amazonが負っていることとなる。
小さなことのようだが、仮に10万本のゲームソフトを買い取った場合、のべ80万日分の価格下落リスクを書いてであるAmazonが負うということだ。
実際に8日の間にゲームソフトの買取相場が崩れるとは限らないが、Amazonの事業規模を考えると、トータルでは馬鹿にならないリスクとなる。
従来は売り手である利用者がこのリスクを負っていたのだから、非常に画期的と言えるだろう。

ポイント3:集荷はもちろん、返却時の送料も無料である

ブックオフなどでも集荷料金は無料だが、Amazonは査定結果に納得がいかない場合の返却送料も無料である。
従来のネット買取の場合、この送料は利用者負担であったため、査定金額に多少納得がいかなくても、買取キャンセルが難しかった。
上述のとおり、Amazonの買取査定は公正明白であるため、そもそも査定金額に納得がいかないというケース自体が稀だと思われるが、返却送料をAmazon負担とすることにより、買取査定がフェアであることを裏付けている。
もし、利用者の期待を裏切るような査定をすれば、集荷及び返却にかかるコストが全額損失になるからだ。

Amazonの参入により他の買取業者も何らかの対抗策を取らざるをえないだろうが、Amazonを相手に物流コストで競争することは難しい。おそらく、返却送料の無料化だけは追随できないだろう。
送料の完全無料化は、Amazonの事業規模と巨大な流通網、そして、公正な買取査定、これら三点が前提となるからだ。
この手の商売には嫌がらせ(故意にキャンセルを繰り返す等)が付き物であるから、中規模以下の事業者では、送料負担だけで赤字になりかねない。

ずいぶんと長文になったが、流通界の巨人であるAmazonが、ゲーム買取事業への鮮烈な参入を果たした。
Amazon独自のサービス内容は上記のとおりだが、Amazonがもたらしたものを一言で説明するならば、買取業者と利用者との「フェアな関係」を作ったことだ。
ゲーム買取を巡っては、以前からゲームメーカーと中古業者が対立しており、転売対策としてダウンロード販売も商用化されているが、巨人Amazonの参入により、業界の構図に変化を与えるかもしれない。
posted by tkst at 18:32 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

ゲーム日記(32)Gravity Daze

ひさびさに凄いアクションゲームをプレイした。
PS Vita用ソフトの切り札として発売されたGravity Dazeである。
テレビCMを含め、どれだけ宣伝広告費を使ったんだ!?と心配になるほど、Gravity DazeにかけられたSCEの期待は大きかっただろう。
キャッチコピーは「重力的目眩」である。
ひととおりクリアしたので所感をレビューすることとしたい。

スクリーンショット 2012-04-26 21.16.36.png


ゲーム内容 ☆☆☆☆☆(満点☆5、以下同じ)
本作は、重力を自在に操れる少女キトゥンを主人公とした、無重力アクションゲームである。
真下はもちろん、横方向や上空へ、「落下する」ような感覚で移動することができる。
上空への落下。これはまさに新感覚だ。
大袈裟に言っているわけではなく、Gravity Dazeをプレイした直後、しばらくの間は、自分の体がフワフワ浮いているかのような錯覚に陥るほどである。

本作のストーリーでは、見知らぬ街で目を覚ました“重力姫”キトゥンが、様々なミッションをこなしつつ、能力を上げながら、“ネヴィ”と呼ばれる敵と戦っていく。
ミッションには、ストーリーを進めるためのものと、ミニゲーム形式のものの2種類があり、後者は3段階の達成レベルが設定されているため、なかなか歯ごたえがある。ついついハマってしまうだろう。

また、ストーリーの随所で挿入されている動画や漫画的な静止画が、非常にカッコイイ仕上がりとなっており、作品の世界観に奥行きを与え、キトゥンをより魅力的なキャラクターとしている。


難易度 ☆☆☆☆☆
ゲームをクリアするだけならば、難易度はそれほど高くないだろう。
仮にボスキャラに負けたとしても、直前からリスタートできるため、投げ出してしまうようなことにはならない。
一方で、上述のとおり、ミニゲームに3段階の達成度が設けられているため、アクション上級者のニーズにも答えられているのではないだろうか。
いわゆるEASYモードなどの難易度設定が無いにも関わらず、絶妙なバランス感は秀逸。


操作性 ☆☆☆☆☆
PS Vitaの新機能をフルに活かした操作性は素晴らしい。
例えば、モーションセンサーを視点操作に使用することで、直感的な操作が可能になっている。
視点操作はPS3のメタルギアソリッドなどと同様に右スティックでも可能だが、モーションセンサーで操作した方が、より操作性が良い。
また、キトゥンには「重力スライド」という能力があり、地面をスキーのように滑ることができるのだが、PS Vitaを車のハンドルのような感覚で操作することになる。
前面タッチパネルを左右の親指で押すとアクセルになり、一方の指を離すとドリフトになり、本体を右に傾けると右カーブといった具合だ。
重力スライドに関しては、十字キーとボタンを使った方が操作性が良いのだろうが、それでは面白さが半減だ。モーションセンサーを使わせることによって、慣れないうちはもどかしさを感じるだろうが、うまく操作できたときの達成感が最高なのだ。その絶妙なバランス感が非常に良い。


総合点 ☆☆☆☆☆
あらゆる意味で「新しい」ゲームであり、また、単に目新しさだけでなく、内容的にも非常にクオリティが高い。
もしもPS Vitaのローンチタイトルとして間に合っていれば、本体の販売台数にかなり影響を与えたことは間違い無いだろう。
PS Vitaへの失望の声も多いが、処分する前にぜひプレーしてほしい作品。
posted by tkst at 01:49 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

ゲーム日記(31)新・光神話 パルテナの鏡

PS VitaでGravity Dazeをプレイし始めたばかりだが、ニンテンドー3DSから凄いソフトが発売される。
新・光神話 パルテナの鏡というソフトだが、なんと、ファミ通のクロスレビューで、3DS初の40点満点である。3DS版モンハンですら38点だったから、いかに凄まじい高評価であるかが分かる。

スクリーンショット 2012-03-17 14.51.36.png

とりあえず、ソッコーでAmazonに予約を入れたので、おそらく発売日には自宅に到着するだろう。
現在プレイ中のGravity Dazeもなかなか面白いので、2つのソフトを両立?できるか非常に心配だが、これほど贅沢な悩みも無いだろう。

パルテナの鏡がどんなソフトかは発売日のお楽しみだが、どうやらアクションRPGにカードゲームの要素をプラスしているらしい。
カードゲームのあたりは、おそらくスマホアプリを強烈に意識しているであろうし、実に楽しみだ。ゲーム専用機の底力を見せて欲しい。

特に気になるのは、「悪魔の釜」による難易度調整機能だ。
プレイヤーは悪魔の釜にお金(ハート)をつぎ込むことにより、ゲームの難易度を上げることができ、良いアイテムを入手できたりする。
ただし、高難易度でミスすると、難易度が下がってしまう。
この目新しいシステムが、単純な難易度調整とどう違うのか、ゲームバランスにどう影響するのか、注目したいところだ。
さすが任天堂のソフト!と唸らせる作品であってほしい。

あと、本作には「ニンテンドー3DS専用スタンド」が同梱する。
単品販売では800円とのことなので、その分だけお得感があるだろう。
ぶっちゃけ、ソフトよりスタンドの方が長く使ったり、という意見もネット上では囁かれている。

スクリーンショット 2012-03-17 14.48.13.png
posted by tkst at 14:54 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする