2012年08月12日

Vaio Lシリーズをソニーストアにて購入

ここ5年ほど、プライベートではMacを使用してきましたが、
Windowsに戻ることにしました。
そして購入したのがソニー VaioのLシリーズ。
オーナーメードモデルで、下記スペックにカスタマイズしました。
ちなみに、購入金額は113,800円でした。安いですね。
CPU:Core i7 3610QM
メモリ:16GB
SSD:256GB
光学ドライブ:BDドライブ
※上記以外はベーススペック

さして高負荷な使い方はしないので、必要十分と思います。
メモリは過剰投資のような気もしますね。
Vaio TV with nasneがどの程度メモリを喰うのか心配だったので、
上限の16GBまで積んでみたのです。
まあ、所詮はノート用CPUマシンなので、スペックを追求しても
仕方がありませんがね。
同じ予算でスペック重視なら、dellのXPS8500が魅力的だと思います。

さて、わたしが初めて購入したMacはcore2duo時代のMacbook Proで、
その後はMac mini、Macbook airを愛用してきました。
美しい筐体、革新的なオペレーションシステム、そして何より、
Macを手にする興奮や満足感。
いずれもWindowsマシンでは有り得ない、素晴らしい体験でした。

ただし、MacのFinderにどこか馴染めず、また、当たり前のことですが
Windows用ソフトが使えなかったりと、常にWindowsをサブ機として
併用していたんですね。
dropboxのおかげでファイルの共有はかなりシームレスでしたが、
少なからず煩わしさがつきまとうわけで。。。

というわけで、断腸の思い、と言ったら大袈裟ですが、Windowsに
戻ることにしました。
Macも1台だけ手元に残しておきますけどね。
posted by tkst at 20:01 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

nasneの返品・交換が始まりました

すでにニュースで報じられているとおり、nasneの発売日が8月30日に決定されました。
ソニーストア以外での購入者は、手元にある不良品を返品したうえで、品物が配送されることになります。
返品対象者にはメールor電話にて、返品方法に関する連絡がきています。
私はメールを希望していたため、SCEより以下のメールを受け取りました。

//////////////////////////////////////////////////////

お客様各位

平素は、弊社製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」の
発売延期により、ご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。

このたび、ナスネの正式な発売日が2012年8月30日(木)に決定しました。
詳細については、下記URLをご参照ください。
http://www.scei.co.jp/corporate/release/120807.html

また、ナスネ交換申込の専用ページを開設いたしましたので、
本メールにてご案内いたします。

お客様には大変お手数をおかけいたしますが、下記URLよりナスネ交換の
申込み手続きをおこなってくださいますようお願いいたします。

■ナスネオンライン交換受付ページ
http://pscom.jp/info/nasne_replace

「ナスネオンライン交換受付ページ」より申込みを行っていただき、
お客様のお手元にあるナスネを梱包して配送会社に渡していただいた後、
当社でナスネの到着を確認しましたら、入荷のお知らせをメールにて
ご連絡いたします。
*申込み手続きの際に登録していただいたメールアドレスへ送信いたします。

交換品は、お客様のナスネが当社に到着したことが確認された順に
発売日にあわせて発送させていただきます。
今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

*お申込み・お引取りの時期が遅くなりますと、交換品の到着が発売日に
間に合わない可能性があります。お届け時期の目安などは、ナスネオンライン
交換受付ページにて状況をお知らせしてまいりますので、ご確認ください。

その他ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。
*ご連絡方法は、お電話・メールフォームのいずれでも結構です。

ご迷惑をおかけいたしましたことを重ねてお詫びいたします。

////////////////////////////////////////////////////

返品自体は面倒ですが、今回の一件に関するSCEの対応は迅速ですね。
特に、ソニーストア経由の販売分について、配送を当日ストップする
意思決定の早さは、なかなか見事だと思います。
posted by tkst at 03:07 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

nasne、届きました

ヨドバシ通販からnasneが届いた。
でもね、vaio with nasneやらのソフト類が公開延期となっているため、PS3経由でしか使えないのだ。
今のところ、従来のtorneと同じ使い方しかできないってことですね。

IMG_0188.jpg
posted by tkst at 04:47 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

nasne発売延期が決定

7月18日の午後、衝撃的なニュースが舞い込んだ。
nasneに"ハードディスクの不具合"が発覚したため、発売延期が決定!

以下、公式サイトより引用。
工場での品質検査を経て出荷されたナスネの一部台数において、本体に内蔵されている500GBのハードディスクが輸送時に発生したと思われる予期せぬ事由により部分的に破損していることが確認されたため、今回の決定に至りました。ユーザーの皆様に安心してお使いいただけるよう、弊社にて全台数を再検査した後、新しい発売日を改めてご案内いたします。

発売延期が決定したものの、発売日は翌日の19日ということで、予約分については既に出荷が始まっている。
ソニーストアでの販売分については、出荷開始後にも関わらず、配送ストップ。
よほどの緊急対応ですね。(参考:店長のつぶやき日記

私はヨドバシ通販で購入したのですが、つい先ほど届いたメールによれば、明日配送されるそうです。
以下、メールより抜粋です。
お客様のご注文につきましては既に配達手続きを完了しており、7月19日より順次お届けの予定となっています。
そのため、お手元にお届けさせていただきました商品に万一不具合が発生した場合につきましては、
下記ナスネ特設窓口へお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

さすがに他社販売分については配送ストップは無理だったようですね。
これについては微妙な心境です。
不具合があっては困るのですが、注目の製品だけに、いち早く試してみたいのが人情で・・・^^;
もっとも、発売日当日に予定されていたシステムアップデートも延期ということなので、当面は不便が続くかもしれません。
posted by tkst at 01:39 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

Vaio Type Lはデュアルディスプレイ可(条件付き)

ソニーストア

Vaio Type Lの2012年夏モデル(SVL2411AJ)iconについて、HDMI出力を使ってデュアルディスプレイ環境を構築できるのか?
ソニーの相談窓口に電話質問したので、結果を共有します。

まず、ソニーのホームページでは、以下のような記述がある。
この文言を読む限りでは、デュアルディスプレイは可能のようだ。
(前略)さらに、HDMI出力端子も搭載。PCの画面を別モニターに出力して、2画面で作業が行えます。

しかしながら、ヨドバシカメラのVaio Owner Madeコーナーで質問したところ、「Vaio L本体と同じ映像を外部ディスプレイに出力することしかできません」との返事が返ってきた。
その真偽を確かめようとググってみたのだが、それらしい答えは見つからなかった。

というわけで、結論。ネタ元はソニーの電話相談窓口。
デュアルディスプレイは可能。Vaio L本体と同じ映像を外部出力することも可能だし、2画面分の作業領域として使用することも可能。
後者が、一般的に意味するところのデュアルディスプレイですね。
ヨドバシ店員氏の説明に誤りがあったということでよいでしょうか?Vaio Owner Madeコーナーで誤説明は困りますよね。ホームページでも製品特長として記載されている基本事項ですから。

外部ディスプレイをHDMI接続した場合、Vaio L側のスピーカーから音が出なくなる場合があります。

電話相談窓口のオペレーター氏から注意事項として2点説明があった。
1点目は音声出力に関すること。
映像も音声もケーブル1本でデジタル出力できるのがHDMIの利点なのだが、それが予期せぬ方向に働くケースがあるということだ。
オペレーター氏は「場合がある」という説明をしていたので、具体的にどのような条件で発生するのかは不明。
外付けディスプレイ側にスピーカーが無ければ、Vaio L側から音声が出るのであろうか?
大半の場合において、外付けディスプレイよりもVaio Lの本体スピーカーの方が音が良いであろうから、用途によっては少し痛いかも。

著作権保護コンテンツが再生できない場合あり。

注意点の2つ目ですね。
こちらも具体的な発生条件は確認できなかった。
私の場合、ブルーレイやDVDソフトは専用機で視聴するので、あまり問題無い。
具体的に言質は取らなかったですが、Vaio L本体側の画面で再生ソフトを開けば問題無いのではないでしょうか。

というわけで、以上となります。
posted by tkst at 11:31 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。