2013年06月11日

ソニッケアー新製品について電話で聞いてみた

ソニッケアーコール(0120-418-608)に表題の件を質問してみたのでシェアします。
質問内容は以下の3点です。

質問:付属品と搭載モード以外で、ヘルシーホワイトとイージークリーンの性能の違いについて教えてください?

搭載モードを除けば、バッテリーの容量など本体部分の性能に違いはありません。外観が異なるくらいです。

質問:ヘルシーホワイトの新製品であるHX6701について、既存製品であるHX6732、HX6711とどの点が異なるのでしょうか?

HX6711と同様の製品です。販売経路が増えたことから、新たな品番を設けました。

質問:イージークリーンの新製品であるHX6531について、既存製品であるHX6520、HX6511とどの点が異なるのでしょうか?

大きな違いは、紫外線除菌機能付き充電器が付属する点です。なお、HX6520とHX6511は販売経路の都合から品番が異なりますが、同様の製品です。
posted by tkst at 01:47 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

11ac対応!WZR-1750DHPを購入した件

次世代通信規格802.11ac(以下、11ac)に対応した新型無線LANルータ、WZR-1750DHPを発売日に2台購入したので、早速レビューしてみたい。詳しくは後述するが、結論から言えば、「すげえ」である。
ちなみに、11ac対応ルータは海外で先行販売されていたが、2013年3月の電波法関連規則の改正により、満を持して日本国内で販売されることとなった。

1750-1
(11acは理論値で6.9GBの通信可能な次世代規格!)

【1】インターネットを使う分には、802.11nとの速度差は実感できない
今回、私が購入したWZR-1750DHPの通信速度は1.3GBとなっており、これまで使っていたWZR-D1100H(600MB)の2倍を超えるスピードである。
さらに、1.3GBという数字は、有線LAN(ギガビットLAN)やau光(1GB)を上回る速さであり、ついに無線が有線のスピードを超えた。その意味で、歴史的に重要な製品である。
ADSLやフレッツ光利用者にとっては、802.11nの段階で家庭用インターネット回線を超える通信速度であったため、WZA-1750DHPを導入しても、インターネットを使う上でそれほど速度差を実感できないかもしれない。

【2】ようやくDLNAをストレス無く楽しめる通信速度を手に入れた
上記ののとおり、無線LANの用途がネットサーフィンであれば、11acは無用の長物なのであるが、DLNAを楽しむためには802.11nでは全く不十分だ。
最近ではソニーのtorneやnasneがバカ売れしたように、DLNAの裾野が広がっているように思えるが、無線LAN経由で別室で映像を視聴しようとすると、深刻なコマ落ちや再生不能が頻発し、とても実用に堪えられるものではなかった。(ちなみに、利用環境は、木造住宅の同じ階の別室である)
しかし、WZR-1750DHPを導入するや、DLNAってこんなに楽しかったの!?こんなに便利だったの!?と驚くほど、なめらかな映像を視聴できた。WZR-1750DHPはnasneなどのDLNAを楽しむうえで、十分に快適な通信環境を提供してくれる。
なお、現時点では11ac対応の無線LANカードを内蔵したPCなど存在しないため、PC側(子機側)にもWZR-1750DHPが必要であることは言うまでもない。

【3】付属のマニュアル類やら、いろいろと工夫された製品
従来の無線LAN製品は、メーカー側も初心者にはハードルの高い製品だということを承知のうえで、なぜかユーザーを突き放すような不親切さがあった。BuffaloはAOSSを早くから導入していたが、それ以外の設定方法については、ユーザーが四苦八苦せざるを得なかった。
しかし、WZR-1750DHPのマニュアルでは、AOSSで設定する場合、スマホで設定する場合、手動で設定する場合のそれぞれについて、かなり分かりやすいマニュアルが付属している。
また、従来製品ではSSID等は本体に印字されていたため、別室のPCを設定するためには、長々とした英数字をメモする必要があった。しかし、WZR-1750DHPはSSIDと暗号キーの印字部分が本体から取り外し可能となっている。これが意外に便利だったりするのだ。
さらに、PC上の設定画面も、従来よりは分かりやすく変更されている。
こうしたことから、WZR-1750DHPは、家庭内無線LANの一層の普及に向けた新しい取り組みが、いろいろと感じられる製品だと思う。

posted by tkst at 19:19 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

本当に役に立った育児用品

手動式搾乳器(ピジョン製) ★★(活躍度、満点★5、以下同じ)
子供が母乳を嫌がるとき、乳離れさせるときなど、胸のしこりや乳腺炎を防ぐ目的で搾乳器(さくにゅうき)を使います。
我が子の場合、生後2ヶ月目以降に母乳を飲んでくれなくなったため、搾乳器を購入しました。搾乳器には手動式と後述の電動式がありますが、やはり安いのは手動式です。3000円程度で売られているため、まずは手動式(ベビーリズムさく乳器)を試してみることにしました。

具体的な使い方については下の画像にあるとおりです。見たまんま、かなりアナログな製品ですね。利き腕で搾乳器のハンドルを握ることにより、パッド内に圧がかかり、母乳を搾り取る仕組みになっています。

手動式搾乳器について評価をしますと、なんといっても「疲れる」の一言に尽きます。
搾乳器というものは、手動式であれ電動式であれ、母乳が出始めるまでに2分程度かかります。そして、ある程度の量の母乳を絞るのに、10分から20分は必要になります。両胸だと最低でも30分程度はかかります。
搾乳器のハンドルを30分間も握って離してを繰り返すのは本当に疲れます。腱鞘炎にもなりかねないので、もし継続的に使用する必要のある場合は、ぜひとも電動式をお勧めします。

PU00733-main3.jpg


電動式搾乳器(メデラ製) ★★★★★
我が家で最強の育児用品がメデラ社製の搾乳器、「シンフォニー」です。ちなみにメデラはスイスの会社で、アルファベットではmedelaと書きます。
シンフォニーは病院でも使われる本格的な搾乳器のため、効果は抜群、価格も一流です。一般販売もされていますが、とんでもない値段がついています。

medelaシンフォニー価格.png



あまりの値段に驚きますが、レンタルで済ませることも可能なので安心してください。我が家もレンタルです。
レンタル料金は1ヶ月1万円程度ですから、安いとは言えませんね。製品価格を考えれば妥当かもしれませんが、家計的には負担大です。
しかしながら、値段なりの仕事はしてくれますよ。「病院グレード」という広告に嘘はなく、1回の搾乳で150cc以上しぼれます。しこりを取るには十分な量です。
両胸を同時に搾乳することもできますから、時間も20分ちょっとで済みます。

赤ちゃんが吸うような自然な搾乳。メデラの病院グレードの電動さく乳器。使いやすくお母さんに...

価格:11,050円(税送料込)


YouTubeで実際の使用シーンも見ることができます。




バウンサー ★★★★
現代版の「ゆりかご」のようなものです。簡易ベッドも兼ねます。テーブルが付いているタイプのものは、食事を摂らせることもできて便利です。
下の写真は我が家で購入したコンビ社の製品です。「ハイローチェア」という商品名で販売されています。コンビ以外の有名メーカーでは、アップリカが製造しています。



バウンサーは手動式なら1万円程度、電動式だと3万円程度の価格で売られています。我が家は電動式を購入しましたが、正しい選択であったと思っています。前述した搾乳器もそうですが、赤ちゃん対応は長時間におよぶため、予算が許すのであれば電動式を強くお勧めします。
バウンサーの利点は、移動が可能ということですね。我が子は2ヶ月目以降に「寂しい泣き」が始まったため、一人にすると泣き出しました。家事などでベッドルームを離れる際にも、赤ちゃんを身近に置いておけるので便利ですよ。
ベビーベッドほど必需品ではありませんが、あれば使用機会は多いと思います。


だっこひも ★
赤ちゃんを連れての外出時に、根強い人気なのが「だっこひも」です。ベビーカーに比べれば価格も安いですし、収納にも困りません。
だっこひも業界の名門ブランドと言えば、アメリカのエルゴベビー社ですね。偽物も出回っていますので、十分に注意してください。赤ちゃんの安全に関わることですから、我が家は高島屋で購入しました(偽物の見分け方はこちら)。
さて、電車やバスを使っての移動時や階段の昇り降りに便利かと期待は大きかったのですが、実際には一度もだっこひもを使いませんでした。
理由は2点あります。まず、装着感がいまひとつ良くないことです。説明書どおりに装着してみましたが、かなり窮屈に感じました。次に、だっこひもで外出してしまうと、だっこひもを外すことができない点です。外出先で自分がトイレに行きたくなった場合に困りますね。


音楽CD ★
子どもの寝かしつけやグズっているときなど、音楽が役に立つ場合があります。
私も童謡やクラシックなどCDを数枚購入しましたが、正直なところあまり使いませんでしたね。
というのも、YouTubeに乳児用音楽がいっぱいアップされているんです。スマホやタブレット端末を持っていれば、音楽CDは不要かと思います。
ラジカセを持ち運んだり、CDを交換するのって、けっこう手間ですからね。

photo
赤ちゃんのための童謡0歳~2歳半用
童謡・唱歌 しばたかの 一龍斎貞友 内藤寛貴 神崎ゆう子 大和田りつこ 渡辺かおり 宮内良 坂田修 森みゆき 坂田おさむ
日本クラウン 2010-06-08

by G-Tools , 2013/09/10


posted by tkst at 05:46 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

VAIO TV with nasne 〜802.11nでは厳しいよ〜

ようやく接続設定までは完了したVAIO TV with nasneですが、今回はソフトの使い勝手や映像のクオリティなどについて、ゆるーくレビューしてみたいと思います。

コンセプト自体は素晴らしい
テレパソと言えばソニーのお家芸と言ってもいいくらい、Giga Pocketの出来には定評があったわけですが、物理的にアンテナやチップを埋め込む必要があることから、デスクトップや大型のノートPCにしか内蔵できなかったわけですね。もちろん、価格面でも2万程度の上乗せになるため、消費者としては二の足を踏むところがあったかと思います。
しかしながら、VAIO TV with nasneを使用すれば、テレビサイドに設置したnasneからネットワーク経由でパソコンに映像が送られてくるため、VAIO本体にはTVチューナーを埋め込む必要がなくなったわけです。逆の言い方をすれば、nasneがあれば、VAIO本体にTVチューナーは必要無い、ということですね。テレビ映像がnasneからパソコンにビューンと飛んでくる。無線LANを使えば、ケーブルすらも不要。テレビアンテナの無い部屋でもテレビを視聴できるんです。
もちろんnasneはテレビ機能以外にもネットワークファイルサーバとしても使えるわけで、VAIO内蔵TVチューナーより圧倒的にコスパが良い。家族で共有したい写真や音楽などは、ぜひともnasneに保存しておきましょう。
ごちゃごちゃと書きすぎたので、VAIO TV with nasneのメリットを整理します。
パソコン本体にTVチューナーが不要だから、VAIO全機種で利用できる
アンテナの無い部屋でもテレビや録画映像を視聴できる
nas機能付きだから用途いろいろ、コスパ最高!

まだまだベータ版、安定性を欠く感じ
上記のとおりコンセプトは最高なんですが、快適に使用するためには改善が必要な点も多いわけですね。
まず、VAIO TV with nasneというソフト自体が現時点でベータ版ということもあり、安定性は問題ありかと思います。具体的には、かなりの頻度で落ちまくる、ということですね。最近はPCの性能も上がったので、adobe系のソフトですら落ちたりしないんですがね。やっぱり膨大なデータ量をネットワークで安定的に飛ばすというのは、なかなか技術的に難しいんでしょう。この点は改善が望まれるかと思います。

無線LANだと802.11nでも厳しいかも
言うまでも無いことですが、VAIO TV with nasneは、無線LANで使わないと魅力が半減するんですよ。ケーブルを這わせるくらいなら、PCの横にテレビを一台置いてしまえばいい。初期設定で試行錯誤する必要も無いし、映像の映像のクオリティも高いはずです。
ただし、我が家の無線LAN環境だと、ストレス無しにVAIO TV with nasneでテレビ視聴するのは難しいですね。無線LANは802.11nで、nasneとVAIOは同じ階に設置していますが、それでも映像がカクカクします。画質優先モードはほぼ利用不可、速度優先でも非常に不安定。その時々の通信速度がシビアに反映されるため、まったくテレビ映像が表示されない場合もあります。
n方式でもダメとなると、バッファローから発売されたばかりのac方式の無線LANルータを試してみたいところですが、コスパが悪すぎますね。nasneをワイヤレスで使うためだけに、3万の追加投資は痛いかも。もちろん、親機だけac方式にしてもダメなので、パソコン内蔵の無線LANチップも使えない。ac方式対応の子機とパソコンを有線接続する必要があります。考えただけで面倒です。
このあたりも、ソフトウェアアップデートで、なんとか改善できないものでしょうか。無理かなあ。
posted by tkst at 05:07 | Comment(1) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

nasneに関するトラブルシューティング

nasneに関するリコール問題は記憶に新しいところですが、交換品が我が家に届いたのは8月30日のこと。
さっそく設定したのですが、案の定、だいぶ手を焼きました。
いちおう備忘として残しておきます。

トラブルの内容:
VAIO TV with nasneの初回起動時に「通信エラー」というポップアップが表示され、設定画面に進むことができない。

PS3とnasneの接続は完了し、また、Vaioからnasne内のファイルを見ることも可能なのに、VAIO TV with nasne(以下、VAIO TV)の設定だけができない、というトラブルです。
具体的には、こちらの手順の5番目以降のステップに進めないんですね。4番目のステップで「次へ」をクリックすると、「通信エラー」が表示されるんです。
もちろん、ヘルプページに書いてある方法(パソコン再起動、VAIO TV再インストール)でもダメ。
ちなみに、nasne内のファイルを見るだけならVAIO TVは不要で、Webブラウザのアドレス欄に「\\//nasne-1234567」と入力すればOK(Cromeではダメな人はIEを使ってみて)。数字の部分は製品に印字されています。
なお、以下のようなネットワーク・アンテナ配線で使うことが最終目標です。
我が家のネットワーク構成:
モデム⇒ルータ(Timecupsule)⇒ルータ(WZR2-G300N)→無線子機(WLI-H4-D600)⇒nasne
我が家のアンテナ配線:
壁⇒分配器⇒nasne⇒torne
※分配器からブルレコ・テレビにも接続してますが、nasneには無影響

ルータは2台とも無線LANルータです。Timecupsuleは手動接続用に、WZR2-G300NはAOSS接続用に使用しています。

さて、いきなり解決方法ですが。。。
VAIO TVの初回設定時のみ、LAN配線を変える!ということ。
最終的には無線子機とnasneを有線接続したいんだけど、VAIO TVの初回設定時のみ親機(WZR2-G300N)にnasneを有線接続する。
これによって、VAIO TVの初回設定がアッサリと完了。
初回設定さえ終えてしまえば、ネットワークを元に戻しても使用できました。
なお、ネットで検索すると、同じ症状の人がちらほらいるようですね。やはり無線子機にnasneを繋いでいるようなケースで発生しているみたい。ソニーのヘルプデスクでは、このトラブルは現時点で認識していないそうです。

最後に、参考にしたサイトのURLを載せておきます。
接続方法のマニュアル
http://vcl.vaio.sony.co.jp/guide/nasne/register.html
トラブルシューティングのページ
https://jp-playstation.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/12700
VAIO TV with nasneのダウンロードサイト
http://vcl.vaio.sony.co.jp/download/EP0000275667.html
電話での問い合わせ先
http://vcl.vaio.sony.co.jp/contact/index.html?nasne
posted by tkst at 02:12 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする