2015年07月19日

SONY MDR-1Aを手持ちのヘッドホンと聴き比べてみた

すでに発売から半年以上が経っているが、ソニーのヘッドホン「MDR-1A」を入手する機会を得たため、手持ちのヘッドホンやイヤホンとの聴き比べをしてみたい。なお、本稿執筆時点で、本製品は価格.comにおける売れ筋ランキング第2位(ヘッドホンでは第1位)、かつ、満足度は4.43とヒジョーに好評で、否が応でも期待が高まりまくる!

聴き比べに使用した手持ちの機器は、Bose AE2w、Sony MDR-EX500SL、3DS用の巻き取りイヤホンの3つ。AE2wの音質の良さは確認済みだが、有線のMDR-1Aとどれだけ実感ベースで違いがあるのか比較してみたい。MDR-EX500SLはイヤホンとの比較用。最後の巻き取りイヤホンは「当て馬」のようなものだが、価格差30倍ほどの違いがあるのかを比べてみたい。

さて、今回の聴き比べに使用した楽曲は以下の5曲。
1)Juju Hello, Again
2)いきものがかり 風が吹いている
3)ルイ・アームストロング What A Wondoeful World
4)マライア・キャリー All i want for christmas is you
5)ボン・ジョヴィ Thesedays


Sony MDR-1A
自宅でのリスニング用に2015年に購入。

719mdr.png

音質 ☆☆☆☆☆(満点☆5つ)
他のレビューでも言われているように低音が強め。今回聴き比べたMDR-EX500SLも同様なので、メーカーの特徴なのかもしれない。
ボーカルもストリングも音の粒立ちが良い。素材が良いので、イコライザーで好みの味付けを探すのも面白いかもしれない。
本製品はハイレゾ音源にも対応しているので、今後はぜひともハイレゾとの聴き比べを行ってみたい。
もちろん、ふわっと包み込むような余裕はヘッドホンならではの魅力。

いきものがかりの「風が吹いている」は、ボーカルと楽器の力強さが魅力の曲。しっかりと楽器を鳴らす本製品の基本性能の高さが活かされる。
ドンシャリ系ではどうかと思ったが、マライヤでは曲の華やかさを若干セーブしつつ、コーラスなどのバックミュージックを丁寧に鳴らす印象を持った。
ボン・ジョヴィを聴くとストリングの力強さや弦をピックで弾く際の生々しさが際立つ。
JujuのHello,Againではボーカルが前面に出すぎず、音楽とのバランスが良い。ただし、バラード系ではしっとりと歌声を中心に楽しむ嗜好もあると思われるので、そうした場合には低音の強調が裏目に出る。
また、What A Wonderful Worldのような懐メロ系では、他製品と大きな違いが感じられない。

装着感 ☆☆☆☆☆
フラッグシップモデルではないが中〜高価格帯の製品として、装着感のクオリティは高い。
特にイヤーパッドのホールド感やフィット感が秀逸で、耳に装着した瞬間、音楽に没頭するための環境が整う。

外観・質感 ☆☆☆
外箱へのこだわりもソニーならではで、高級感が感じられる。開梱レポートはネット上にいくらでも溢れているので、本レビューでは割愛する。
一方で、製品のデザインと質感に関しては、目指すところが不明確で残念。曲面加工を多用したモニター系の造形はいいのだが、着色のしやすさを重視してか樹脂が多様され、ワンポイントのメタリックレッドも調和を欠いている(写真映えはするが、実際に手に取ったときの印象がかなり違う)。


BOSE AE2w
高音質なBluetoothヘッドホンということで2013年に購入。当時のレビューはこちら

719bose.png

音質 ☆☆☆
Boseと言えば低音重視かと思いきや、低音は驚くほどアッサリ。バラードを聴くと演奏は控えめで、ボーカルが前面にくる。軽やかに鳴らす傾向があり、聞き心地はまずまず好印象。
楽器の生々しさが若干弱い。ピアノの速弾きやバックコーラスなどでは、やや音が潰れた印象。
マライヤを聴くと、良く言えばホールで聴くような響きを感じるが、悪く言えば過剰なエコーでもある。
無線のため、再生直後に「プツッ」というノイズが入ることもある。ただし、それ以外のノイズ混入はほぼ皆無なので、リスニングの妨げになるほどの影響ではない。むしろ無線の品質に関しては秀逸だと感じた。
MDR-1Aとの比較なので音質については厳し目の評価とならざるを得ないが、一般的なリスニング用途として全く不都合の無いレベル。以前のレビューにも書いたとおり、「無線にしては・・・」という言い訳を必要としない程度にクオリティが高い。


Sony MDR-EX500SL
ちょっと音質にこだわりたくて2010年に購入。当時のレビューはこちら

719sony.png

音質 ☆☆☆☆
やや低音が強めなのはMDR-1Aと同様。
音量を上げたときの余裕はヘッドホンに劣るが、音の粒立ちが良く、音楽を楽しめる品質。
価格的にはBose AE2wよりだいぶ安価だが、イヤホンの守備範囲内での使い方であれば、音質的には本製品の方が上かと思われる。


サイバーガジェット 巻き取りイヤホン2
主にゲーム用に使用している1000円前後のイヤホン。見るからに安っぽいが、使用頻度は一番高いかも。

719makitori.png

音質 ☆
ふだん3DSやVita用に使っているゲーム用のイヤホン。そもそも音楽を聴くためのイヤホンではないが、全体的に明瞭さに欠ける印象。
音が霞の向こう、あるいは、カーテン越しに音を聴いているような感覚で、他の3製品との差は明らか。
コードが巻取り式のため、無造作にカバンに放り込めるのが魅力。安っぽいと言えば安っぽいが、中級以上の機種でもこの構造を採用してくれれば、俺は買うぜ!


posted by tkst at 02:57 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

ふるさと納税でパソコンがもらえる件

100台限定で申込開始後、即日終了してしまったようだけど、ふるさと納税でパソコンがもらえたようです。
ニュースサイトで情報が流れましたので、皆さん早い早い(汗

ふるさとチョイス>山形県米沢市

対象製品は以下のとおり。
上記サイトでスペックを見たところ、おそらく現行商品あるいは同等スペックではないかと。
応募できた方、おめでとうございます。

《寄付額35万円以上》
・Lenovo ThinkPad X1 Carbon
・NEC LaVie Direct HZ
《寄付額20万円以上》
・Lenovo ThinkPad X250
《寄付額15万円以上》
・NEC LaVie Direct NS(e) 

Lavie HZとか良いですね。私は先日Macbook Airをバッテリー交換したばかりですが、1キロ未満のモバイルPCのには憧れます。
もっとも、自己負担2000円で35万円寄付するというのは、年収1000万未満の中流層には縁の無い話でございます。
公務員水準の収入があれば、寄付額15万円のNEC LaVie Direct NS(e) あたりなら手が届きそう。

米沢市以外でも、長野県飯山市がPC関係のプレゼント(特産品と言いますけど)を用意していますね。
飯山市と言えばiiyamaですよね。マウスコンピュータ傘下の。

ふるさとチョイス>長野県飯山市

こちら、価格.comでもランキング上位のPCディスプレイ「iiyama XU2390HS-B1」が寄付額3万円以上のプレゼントとして用意されています。(当記事執筆時点では欠品中)


posted by tkst at 04:30 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

Sycom(サイコム)で3年ぶりにパソコンを新調した件

BTOパソコンショップのSycom(サイコム)さんでパソコンを新調したので、購入に至るまでの経緯や製品に関するレビューなどをお伝えしようと思います。

さて、今回パソコンを買い替えるという判断に至った理由ですが、メインPCとして使っていたVaioの調子が悪くなってきたからです。いきなりマウスを認識しなくなったり、不調と復旧を繰り返しつつ、騙し騙し使ってきました。
ちなみに、私が使ってたVaio TypeLは、下の写真のタッチ非搭載版ですな。

typel.png

本来であれば、家中SonyなVaioファンとして当然Vaioに買い替えたいところですが、皆さんご存知のとおりVaioはSonyから飛び出してしまいましたね。
ここでVaio社製Vaioの悪口を言うつもりはないんですが、革新性のカケラも無いVaio Zや、もう何がやりたいんだか分からないVaio Phoneとか、私のVaio熱もだだ下がりしたわけです。Vaio Pが最新Atomで復活してくれれば15万とかでも買うんですがね!

そういうわけで、ほかの大手メーカー製に興味があるわけでもなく、Win8は絶対に使いたくないので、なんとなくPCショップのBTOパソコンでも買ってみよう的な気分になったわけです。
ちなみに私がショップPCを購入するのは約20年ぶりくらい。うっすらとフロンティア神代で買ったような気がするんだけど、性能云々はともかくとして、ファン音がクソうるさいPCだったのは明確に覚えてる。
フロンティア神代でPC騒音に懲りた私は、以後、ノート用CPUを搭載した排熱の少ないパソコンを使ってきました。たぶん20年で7台くらい使ってきたハズ。すぐ手放したものも含めればそれ以上。ちなみにスマホは8年で8台も買っ。。。

ちなみに、FRONTIERブランドは現在も継続中。

そんなわけで、今回はかなーり久しぶりにショップブランドのBTOパソコンを購入することにしたわけですが、今回のテーマは明確に静音にこだわりました。
マザボのスペック表の読み方とかド忘れ(とゆうか浦島太郎)状態だったので、検討開始から購入まで1ヶ月近くかかりましたがね。
そのあたりの苦労話も含めて駄文を続けますんで、ご興味があれば。


俺的!PC選びの3条件(2015年版)

いちおう、BTOパソコンを購入するにあたり、前提にしていた条件は以下のとおり。
まず、絶対的に静音至上主義。上述のとおり、五月蝿いPCはフロンティア神代で懲りた。
2点目はデュアルディスプレイでの使用、将来的に4Kディスプレイの追加も視野に。32型4Kディスプレイはまだまだ高価だけど、EIZOが10万強まで落ちてきたら導入してみたい。となると、グラボもミドルクラスが必要だよね。お金かかる、ハァハァ。
3点目は3年は使える程度の余裕のあるスペック。core i5、メモリ16GB、SSD500GB+HDD2TBくらいのスペックは必須かと思った。

以上の3条件を満たしつつ、できるだけ安く。以上!



オリオスペックが良さそうニャ!

語尾のニャ!は私の趣味ではありませんのでご容赦ください。静音PCであれこれ検索したところ、スタパ齋藤氏のレビュー記事に出会いました(下記)。
いろいろなガジェットを自腹で買ってレビューしてる、元祖レビュアーというか、私は割とスタパ氏が好きです。

スタパ齋藤の週刊スタパトロニクスmobile 「約2年半ぶりにデスクトップPCをリプレイス」

スタパ氏の記事を通じて、静音PCに関する導入的な知識を得られたので非常に感謝。
実際にオリオスペックのHPを見たところ、静音専門のPCショップらしく、かなり技術を持ってそうなショップだった。
オリオスペックで決まりかなーという気になりつつ、HPで公開されている騒音値の検証データが古いことが気になりました。
現在販売中のPCが、どのようなスペックで騒音値(デシベル)を計測したのか不明。
あと、製品ラインナップは豊富なんですが、それぞれの違いがイマイチよく分からない。BTOだから中身はカスタマイズできるわけで、結局はケースだけの違い?みたいな。
そういうわけで、オリオスペック以外にもう少し情報収集してみることにしたのだった。

あと、静音PCとは直接的に関係無いんだけど、BTOパソコンの購入にあたり、以下のサイトが勉強になりました。
PCパーツその他、BTOに関する最新の動向をチェックするには有益かと。

BTOパソコン.jp

エルミタージュ秋葉原


検討候補にあがったPCショップ(あと、それぞれの感想)

Sycom(サイコム)
とにかく悪い評判が無い。「ケース内の配線処理が職人技」など高評価ばかり。
静音専門ではないが、静音PCに関するデータが詳しく公開されており、メディアによるレビューも豊富。
グラボを独自に水冷化するなど、詰めて売るだけの組み立て代行屋とは技術力が違う。
価格は他の組立代行系BTOショップに比べてむしろ安いくらい。

Regin(レイン)
静音専門のわりに静音性に関する情報が少なく残念
「おすすめ構成」のページが1年以上更新されていないようで残念
納期は1.5〜3週間と遅め

Storm(ストーム)
BTOでは割と名の知れたショップ。
製品ラインナップがいろいろあるも、それぞれの違いがイマイチよく分からないのが残念
製品の特徴に関する情報量がほぼ無いのが残念。ある意味、純粋に組み立て代行ですな。
カスタマイズ画面が使いづらく、構成を変えるたびに再読み込みする。この時点で注文する気が萎えます
サイコムに対するアドバンテージは、価格面も含めて無いと判断しました。

これら大手BTOショップも静音PCをラインナップしてるけど、使われてるパーツのメーカーすら不明な場合も多く、検討対象から外した。
主力商品の標準構成だと劇的に安いけど、カスタマイズすると値段的な旨味はほぼナシ


サイコムで購入したPCのスペックなど

CPU intel core i5 4460
M/B asus z97シリーズ
メモリ ddr3 pc12800 16gb(メジャーチップ)
SSD cfd 512gb
HDD westerndigital 2tb
グラボ asus strix960

上記のスペックでほぼ19万(OS込み)。
キャンペーンで送料やasusのパーツ代が5000円くらい割引あり。
サイコムは納期7日を謳ってますが、私の場合、注文から自宅到着まで4日でした。生産時のトラブルを想定しての公称納期7日とのこと。そういう企業ポリシー的なところも好感持てますな。カスタマイズしても納期2日をデカデカと謳うドスパラとは対照的だと思う。

CPUは用途を踏まえてi7-4790(HTあり)にしようかと迷ったけど、いちおう予算は20万円までと考えていたので諦めました。
予算を度外視すれば、マザボは最新のX99にしたかったし、メモリも32gbにしておきたかった。
ただし、それでプラス5万払うくらいなら、次の買い替えタイミングを1年早めた方が幸せになれる、そう自分を納得させました。
ちなみに、コスト云々の話をしたくせにキーボードは東プレREALFORCE(108UBK)をポチってしまいました。まだ使い始めたばかりだけど、スコンという打鍵感が最高です。そういえば、デスクPC用にわざわざキーボードを買うのって初めてかも。仕事でも使おうかなあ、なんて悪魔の誘惑。

Sycom(サイコム)


購入後レビュー、サイコムの静音性はどうなの?

まず、単刀直入にですね、音がしないのか?という問いに対してはNoです。
OSインストール直後のアイドル状態(余計な常駐ソフト無し)でも、CPUファンが回ってますからね。回転数は350くらい。
ただし、その音量は極めて微弱。日中なら生活音に完全にかき消される程度かと思う。
深夜の書斎とかだとファン音(ツーーーーーっていう感じ)が聞こえるけど、エアコンをつけると全く気にならなくなる。
冒頭で書いた20年前のフロンティア神代とは比較になりません。これは明らか。

ブラウザなどを起動して、ネットサーフィンして動画を見る程度では、ケースファンは回りません。グラボのファンも回ってないと思う。
これまで使ってたVaio TypeL(ノート用CPUを搭載)はネット中にファンの回転数が上がったりしたので、サイコムPCの静音性の高さは期待どおり。もっともTypeLのような省スペースPCは排熱では不利なので単純比較はできないけど。

上記のとおり、私はサイコムPCの静音性に満足したけど、微弱なCPUファン音すら許せないとなると、ファンレスPCを購入するしかないですな。前述のオリオスペックならファンレスでもcore-i7搭載可能だし、Broadwellではグラフィック性能がさらに高まるので、重量級ゲームをしないなら専用グラボも必要無いと思う。将来的にはファンレスPCが当たり前になるでしょうね。

【追記】
長期使用レビューを掲載しました。下記URLをご覧ください。
posted by tkst at 05:07 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

スティックPC(MS-NH1)が爆速化、有線LANアダプターを導入した件

前回の記事にて、マウスコンピュータのスティックPC(MS-NH1)を購入&セットアップした件について紹介しました。
[参考]品薄のスティックPCをPCデポで普通に買えた件

1週間ほどスティックPCを弄り回してみましたが、無線LANの通信速度がボトルネックになっていることが分かりました。
セットアップを行った2階書斎は壁越しに無線LAN親機があるため、2Mbps程度のスピードを確保できていましたが、1階リビングでは何度計測してみても1Mbpsに届きません。
ちなみに、2階書斎のメインPCは無線でも50Mbps程度のスピードが出ているため、スティックPCに内蔵されている無線LANチップは弱い?のではないかと推測します。
さすがに2Mbpsと1Mbpsの違いは大きく、1MbpsではYahooトップページの広告画像を読み込むにも時間がかかります。
これではリビングPCとしても、ちょっと実用的とは言いづらいですね。

そこで、ロジテックの有線LANアダプター(LAN-GTJU3H3)を導入してみることにしました。
LAN-GTJU3H3を選んだ理由は、1000M対応かつUSBハブ内蔵という点ですね。
USB3.0にも対応していますが、スティックPCはUSB2.0なので最大速度は480Mが天井となります。将来的な使い回しを考えると、USB3.0対応品を選んでおいた方が無難かと思います。



さて、有線LANアダプターの効果は、当然ながら絶大でしたね。
スピードテストの結果は、1Mbpsから一気に25Mbpsに跳ね上がりました。

ただし、書斎PC(有線LAN接続)は安定的に100Mbps程度のスピードが出ているので、25Mbpsというのは中途半端な数字に思えます。
どこにボトルネックがあるのかは不明ですが、おそらくCPUかUSB2.0のいずれかでしょう。
こればかりは手軽な方法で改善することができませんし、リビングPCとしては25Mbpsもあれば十分なので、これで満足することにしたいと思います。
posted by tkst at 05:41 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

品薄のスティックPCをPCデポで普通に買えた件

マウスコンピュータのスティックPC、ms-nh1が品薄になってますね。
わたしも12月5日15時の発売開始を待ちましたが、わずか数分で完売したようです。
アンダー2万円の品物ですが、6万でオークションに出品されてました。
Amazon、ヨドバシ、ビック、コジマ、ntt-xstore、全部入荷待ちですね。

こりゃあ無理ゲーかなぁと思っていたら、朝刊にPCデポのチラシが入ってて、ダメもとでウェブストアを見たところ、なんと在庫があるじゃないですか。
でも、リアルタイム在庫じゃないっぽいので、半信半疑のまま注文したところ、1時間後に在庫確保メールが送られてきました。

品物の受け取りと支払いは店舗で行うとのことなので、さっそくゲットしに行っちゃいました。
まじかっ!って感じですけど、5日にネット注文できた人より早く入手できました。

spc1.png


外箱はそれとなくiPhoneを意識した感じになってます。
質感はともかくとして、紙類が少ないのは好感を持てますね。

20141207追記
さっそくSTICK PCをセッティング&使用してみました。
普段使いのPCはマウスとキーボードをBluetooth接続しているので、USB接続のマウスを物置きから引っ張りだし、ユーザ名などの文字入力はソフトウェアキーボードで対応しました。
それにしても、Chrome cast的なサイズで、フルのWindows8が動作するのは感動的ですよ。

さっそく使用してみましたが、さすがにネット表示のスピードは「ゆっくり」といった印象です。
感覚的にですが、Corei5とiPhone6のスピード差と同じくらい、iPhone6よりも「ゆっくり」だと思います。
しかしながら、十分に実用の範囲内ですね。Youtubeもほぼ途切れずに再生できます。
Atom搭載機を使うのはVaio X以来ですが、Vaio Xのようなストレスはありません。

我が家ではリビングのテレビに接続して、リビングPCとして活用するつもりです。
最近のテレビにはネット機能が当然のように付いていますが、いかんせんスピードが遅いです。
STICK PCはスピード的にも実用的ですし、NASに接続したり、USBやBluetoothで拡張性も十分にあります。
昨今ではタブレットでも似たようなことが可能ですが、応用的な使い方をすればするほど、Windowsの汎用性が際立ってくると思います。

なお、リビングPCとして使用するにあたり、マウス兼キーボードとしてlenovoのN5902を購入してみました。
マウス・キーボード一体型の入力デバイスとしては、ミヨシMCO Bluetooth 光学式トラックボ-ル付きキ-ボ-ド TK-BT01も評価が高いですが、マウス重視ならN5902がよろしいかと。
わたしの場合、おそらくリビングPCでの使用頻度は、「マウス9割、キーボード1割」くらいかなと思うので、さっそくN5902を注文してみました。

posted by tkst at 16:39 | Comment(2) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする