2010年07月19日

Adobe Creative Suite 5を購入した件

さて、こないだMac miniを買ったばかりの私。
間髪入れず、AdobeのCS5も買ってしまいました(照

来月下旬までなかなかソフトをいじれる時間を取れないんだけど、ヨドバシで20%ポイントバックのキャンペーンをやっていたもので、あわてて買ってしまいました。
ちなみに、私が買ったのはDesign Premiumです。
マスターコレクションを買ってもよかったんだけど、どう考えてもAEを使って楽しんでる自分が想像できなかったので、自制しときました。浮いたお金でタブレットでも買おうかと思います。

さて、心配だったMac miniでの挙動なんだけど、ぜんぜん問題無いですね。
私はしばらくWin環境で初代CSを使ってたことがあって、その時代のものと比べると、起動も非常にスムーズ。
ときどき時計マークが出る(ちなみに、Adobeソフトを操作するとき以外、ほとんど時計マークなど見たことがない)くらいで、あせらず操作すれば強制終了なんてことはなさそう。

いやー、Dreamweaverも懐かしい。
10年ほど前、まだMacromediaが開発してた頃に使ってたけど、そのとき以来かもしれない。


ちなみに外箱はこんな感じ。店頭の空き箱とはサイズが違う。

IMG_0397.jpg


箱を開けると、また箱が。

IMG_0399.jpg


その中にさらに箱が・・・マトリョーシカ状態。。。

IMG_0400.jpg


ようやく出てきたDVDだけど、なんか安っぽい包装!

IMG_0401.jpg


さーて、来月の試験が終わったら、思いっきり楽しむぞー。
posted by tkst at 23:01 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

PorterのPCバッグだ!

今日は仕事が休みだったのでAppleストアに足を運んだ。
ちょっとパソコンの調子が悪かったのだ。

そして、周辺機器のコーナーを物色していると、Porterのタンカーっぽい手提げバッグが売られているんだが、なにか違うぞ!!!

IMG_0378.jpg


ちょっと距離を置いて見るとタンカーそのものなんですが・・・

IMG_0379.jpg


こちらは色違い。なんとPCバッグなのでした〜。

IMG_0379.jpg


大きさ的にはバッグインバッグとして使ってくれって感じだろうか。
さすがに、この中にPCを入れると、財布やケータイを入れるスペースは無くなってしまうわけで、このバッグだけで出かけるのはしんどいかも。

でも、洒落てるし、欲しい人は買っちゃうよね。確か1万2千円くらい。
posted by tkst at 00:49 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

Mac miniの設定あれこれの件

さて、昨日からシコシコとMac miniの設定に取り組んでいる。
Apple OSの優れた点は、なんといっても、パソコン買い替え時の移行のし易さだ。
基本的には、ユーティリティの「移行アシスタント」を使えば、ほんの数タッチで環境を丸ごと移すことが可能である。

が、しかし。
今回は、とある理由で、「移行アシスタント」で丸々コピーをできなかった。
というのも、今回の買い替えを機に、ユーザ名を変更したかったのである。
ユーザ名というのは、使用開始時に設定する管理者の名前であり、一度設定してしまうと、なにがあっても変えることができないのだ。

で、なんで、そこまでしてユーザ名を変えたいかというと、個人情報の関係で、匿名性の高いユーザ名にしたかったからである。
たとえば、Office2008で新規Word文書を作成するとしよう。
そのファイルの情報(ウィンドウズではプロパティ)を見てみると、ファイルの作成者欄にMacのユーザ名が表示されるのだ。
もちろん、これは設定により解除できるわけだが、知らぬ間に個人情報が電子ファイルに記録されるのは、非常に気持ち悪いというか、単純に怖くてたまらないということだ。

そういうわけで、ユーザ名を変更したいわけだが、「移行アシスタント」で丸々コピーしてしまうと、ユーザ名まで引き継いでしまうのだ。

そこで、今回、以下のような手順で、Mac miniへのデータ移行を行った。

1)「移行アシスタント」でユーザ以外の情報(アプリケーションとか)を移動
これで、インストール済みのアプリケーションを丸々コピーできる。
いちいちソフトの箱を引っ張りだして、インストールする必要は無い。
ただし、なぜかATOKだけは移行できなかった。不思議だが。

2)膨大な音楽と写真は、ユーザフォルダの「ピクチャ」と「ミュージック」を外付けHDD経由でMac miniの同じ場所にコピー
ちなみに、同じLAN内のMacは自動的に互いを認識する(Finderに表示される)ので、設定>共有でこれらのフォルダを共有すれば、ドラッグ&ドロップでコピーすることも可能だ。
ただし、私の場合だと、音楽と写真が50GBもあるため、とてもじゃないが無線LANでコピーするのは厳しいわけである(10時間くらいかかるよ、まぢで)。

3)アプリケーションの環境をコピー
こっからは、非常に手作業である。
とはいえ、Webブラウザなど使用頻度の高いソフトだけでも環境をコピーすれば、かなり使い勝手は良いと思われるので、あまり完璧を求めないことである。
ユーザフォルダの「ライブラリ」の中に、アプリケーションごとにフォルダが作られているので、これを丸ごとコピーしてやればいい。
例えば、「Firefox」フォルダを新しいパソコンにコピーしてやれば、お気に入りや開いているタブまでも、そのまま復元してくれる。
ただ、この方法だけでは、プラグインは移行できなかった。
私はマウスジェスチャーなど3種類ほどしかプラグインを使っていないので、さほど困らないが、ヘビーユーザーはやや面倒かもしれない。

というわけで、以上で終了である。とりあえず。
細かいところは、使いながら設定していこうと思う。


なお、ここまで設定が終わって、不可解なことがある。
ウィンドウ(ブラウザでも何でもいい)をドラッグすると、文字やウィンドウの枠などに、醜いシャギーが現れるのだ。
ドラッグしていないときは何の問題も無いのだが、ウィンドウをドラッグすると、まるで解像度の低いスキャナで読み込んだように、文字などが荒れるのだ。
Appleのサポートに電話しても解決しなかったので、もしかすると、他社製ディスプレイが問題なのかもしれない。

しかたないので、Appleストアに持ち込んでみることにする。
まあ、実用上、何の問題もないので、それが仕様であるなら構わない。
ただし、移行アシスタントやらライブラリのコピーやら、いろいろ弄った後だけに、大事なファイルが壊れてたりするんじゃないかと、ちょっとそのあたりが不安なのだ。
posted by tkst at 00:53 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

mac miniを購入した件

そろそろ手持ちのmacbook proを購入してから3年が経ってしまうので、mac miniに買い替えることにした。
ちなみに、性能的にはグラボ以外はほぼ変化無し。3年も経ってスペック的に変わらない製品が売られているということは、いかにmacbook proが成熟したスペックであったかということがわかる。
ちなみに、macbookは25万円ほどで購入し、いま売却すると5万円程度が相場ということらしい。3年乗った車の下取り価格が新車時の1/5まで落ちることは珍しいから、いかにパソコンの償却期間が早いかということがわかる。。。やっぱり、パソコンは10万円以下でギリギリスペックのものを使い続けていくのがいいようですね。。。
そんな反省もあって、今回はmac miniをセレクトした。

ここ10年ほどノートPCを使ってきたため、据え置き型は久々である。
私がノートPCを選んできた理由は、当初、大きさ、静音性、リセール的なメリットであったが、近年は据置型の選択肢が少なくなっているということもあるだろう。

ただ、macbook proを使用して感じていたことは、意外にノートPCの設置面積は大きいということだ。
もちろん容積では据置型の数分の一であるが、設置面積はほとんど変わらない。しかも、ノートPCは常に机上のスペースを奪い続け、かといって足下に置くわけにもいかないのだ。
そんな不満を解決してくれるのがmac miniというわけだ。もちろん、持ち運びはできないが、私はmacbookを室外で使ったことは一度も無かったw

もっとも、スペック的には大した変化は無いので、納品が楽しみというわけでもない。その点はちょっと物足りないかもしれないなあ。
posted by tkst at 08:24 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

ドライブの共有

マックOS-XとWin7でドライブの共有をしたときの備忘録。
Win7側でマックのDVDドライブを利用する場合の設定。

まず、残念ながらWin7からマック側のドライブを認識することはできなかった(方法分からず)。

というわけで、マック側でBootcamp(Win-XP)を起動した。
エクスプローラを開き、ドライブの共有をオンする。
コンパネ>システムで、Win-XPのコンピュータ名を確認する。

そして、Win7側の「ファイル名を指定して実行」で以下を入力して実行する。

「\\コンピュータ名」

すると、Win-XP側のドライブを認識できるはず。

なお、Win7では標準で「ファイル名を指定して実行」が非表示になっているので、スタートを右クリックして「プロパティ」を選択。ポップアップされる画面で、画面右肩の「カスタマイズ」をクリックし、「ファイル名を指定して実行」のチェックボックスをオンにすれば表示される。
posted by tkst at 23:55 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。