2010年07月14日

iPhone4:すぐにBumperを買いなさい

さて、iPhone4ユーザーである私は、ご多分に漏れず、例の電波問題に悩まされている。
左下を持つと、電波が弱くなるっていうアレのことです。
しかも、私の愛機の場合、これは私の被害妄想でないことを切に祈るが、左下を持たなくても、iPhone3GS時代に比べて、激しく電波が弱い!!!
だってさあ、都内のターミナル駅の屋外でね、電波が2本とか3本とか、あ・り・え・な・い!!!

そういうわけで、いまのところ唯一の解決手段とされているBumperを、ようやくアップルストアで入手することができた。ちなみに、現時点では黒しか売ってない。

で、率直な感想。
電波問題に対しては、非常に効果が高いことが分かった。
これも、私の過剰反応でないことを切に祈るが、明らかに効果がある(気がする)。
もしかすると、本体左下だけでなく、本体のどこかに手が触れているだけで、受信感度に悪影響を及ぼしていたのかもしれない。

あと、これまで写真でしか見たことがなかったので、なんかプラスチック製の安っぽいアイテムかもねー、、、と思っていたが、けっこう手の込んだ出来だった。
ラバーとプラスチックを組み合わせた製品で、見た目よりけっこう伸びるので、着脱は非常に簡単だった。
また、音量ボタンも本体と同様に丸型の金属製で、さすたアップル純正!と思わせるような品質の高さを感じさせる。

というわけで、とりあえず、iPhone4ユーザーはBumperを購入しなさい。
オレは白が〜、とか、アタイはピンクが〜とか言ってないで、とりあえず黒Bumperを買えば、明日からフラストレーションから解放されるからさっ。

というわけで、なかなか、良い意味でショッキングな製品でした。
posted by tkst at 00:59 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

iPhone 3GSの売却価格

iPhone4の購入に伴い、3GSをオークションで売却した。
半年前に故障で交換したため、使用半年で、イヤホンは欠品。この条件で39,000円で落札していただきいた。

それにしても、発売から一年で型落ち機種が、定価の6割で売れるのだから、リセールバリューは相当なものだと言える。

なぜ高価で売れるのかを調べたところ、脱獄してドコモSIMで使いたい人がいるからだという。
なるほど、そういう理由ならと納得した。そういうユーザーにとって、中古以外の方法で入手は不可能なわけだから。
posted by tkst at 15:57 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

iphone4に液晶保護フィルムを装着した件

さて、発売日にiphone4を購入し、やっぱり液晶画面はキズ無く使いたいってワケで、フィルムも同時購入しておいた。
iphone3GS時代は評判の良かったパワーサポート製の液晶保護フィルムを使っていたが、iphone4用はまだ発売されていない様子だ。
そういうわけで、店頭に並んでいる製品の中から、しかも、発売直後で口コミ情報が無い状況で、どれにしようか決めなければならなかった。

で、結局、大手メーカーなら安心だろうってコトで、BUFFALOの液晶保護フィルムを買ってみた。言わずと知れたパソコン周辺機器メーカーの大手である。

さて、使用感であるが、とても指の滑りが良くなった。どう例えれば適切か分からないんだけど、エアホッケーの盤面みたいな滑りの良さ?だろうか。慣れないと、ツルっと落としそうになるので注意したいが、フリック入力するのには便利そうだ。

肝心の皮脂ベタベタ感はどうであろうか。
私の直感的な感想では、皮脂は付着する。なんというか、グレアタイプの製品らしく、全体がマットな感じになる。それはそれで悪くないな、っという感想を持った。仮に光沢タイプだと、もっとアブラギッシュな感じになるのではないだろうか。
もちろん、布で一拭きすればクリアな状態に戻るので、脂が気になればフキフキしてやればいいってコトで。

もっとも、iphone3GS以来、iphoneの画面は皮脂が付きにくくなったので、フィルタは要らないって言えば要らないんだけど、小キズから守るためには液晶保護フィルムしか無いんスよね。

というわけで、私のオプション品購入第一弾は、液晶保護フィルムでした。
posted by tkst at 12:01 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iphone4を1週間使ってみて

先月24日に発売されたiphone4を1週間使ってみて・・・。

1)旧機種からの移行
私はMacbookProを母艦にしてiphoneを使っているんだけど、旧機種からのデータ移行は驚くほど鮮やかだった。
普段の同期作業の時間がちょっと長くなったくらいの感覚で、特別な作業は一切ナシ!パソコンとUSB接続するだけでOKという簡単さは、さすがにAppleの製品だと唸らせる。
このお手軽さがAppleのお家芸と言っても過言ではないだろう。

2)新機能でよかったこと
正直なところ、テレビ電話もジャイロセンサーも使ってないんだけど、それ以外の新機能で良かったのは、画面とカメラ。
画面の「目」が細かくなったという点は、購入直後にも触れたが、文字がクッキリ見えるため、ネット閲覧時など、ズームしなくても見える範囲が広がったように思える。
また、普段使いの場面でデジカメの代用とするならば、カメラ機能はどんどん向上して欲しいところ。iphoneはレンズが暗いのでフラッシュ搭載はありがたいし、マクロも弱いのでデジタルズームが活躍する場面も多いかと。
しかし、iphone4の新機能はこんなもんで、わざわざ買い替えるメリットがあるかと聞かれれば、やっぱりデザイン的な部分が大きいでしょうね。
Appleはデザインを機能の一つとして重要視しているので、その理解を共有できれば、買い替える価値はあると思います。

3)電波のつながり具合
私の場合、なんか明らかに電波のつながり具合が弱くなった気がする。
駅のホーム(屋外)で電波が2本とか3本になるし、旧機種で圏外にならなかったようなところで圏外になるし、もしかして不良品なのではないかと疑いたくなるようなレベル。どうしたものか。。。
posted by tkst at 11:14 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

iphone4をクリスタルコートで保護する件

さて、発売日にさっそく手に入れたiphone4であるから、できれば綺麗に使い続けたいものである。
しかし、純正バンパー以外の、いかにもズングリムックリ系のケースには入れるのはちょっと・・・というのは私だけではないだろう。

DSC00257.jpg


ということで、ケースやフィルムではなく、コーティング材を使うという発想を思いつき、「クリスタルコート」という製品を使ってみることにした。
この液体、どんな仕組みかというと、ガラス繊維配合の液体が表面を保護し、耐久性やツヤが向上するということだ。
ちなみに、ガラス繊維といっても、ガラスの破片が入ってるわけではない。トゲトゲしてたり、刺さったりということは無い。外見は白濁した液体なのである。


↓ちなみに外見はこんな感じである。

PIC_0051.jpg


使い方は非常に簡単で、付属の布地にスプレーをひと吹きして、iphone4にぬりぬりしてやるだけ。仕上げに乾いた布で拭き取ってあげよう。
液体が乾燥するのを待つ必要は無いので、非常に楽チンだ。

私はさっそくiphone4の背面(愛らしいリンゴマークの側)に塗ってみたのだが、その効果は速攻で現れた。
まず、指紋というか皮脂が、ほとんど付かないっす。目をこらすと、かすかに跡が見えるんだが、ほとんど肉眼では判別できないレベル。
やっぱ、表面がトゥルントゥルンに美しい機種なんだから、皮脂汚れってのは有り得ない。傷も嫌だけど、皮脂汚れもノーである。

そして、意外に見落としがちなんだけど、液晶保護フィルムの上に塗るっていう使い方もアリ。
iphone3GS以降、iphoneのガラス表面は、非常に指紋がつきにくくなったのだが、液晶保護フィルムは指紋がつきやすいのだ!
この矛盾を解決する方法としてクリスタルコートは有用である。

ちなみに、この液体を、プラスチックカードなんかに塗ってみると、机の上を滑る滑る滑るぅぅー。よっぽどツルツルになってるんだろうな!ってのが実感できる。
勢い余って、フローリングの床に吹き付けてみたら、素足でも滑る!ワックスでもかかってんじゃないの!?ってくらい滑る。ってか楽しいな、コレ!
※通常の使い方ではありませんので、自己責任でお願いします。。。

DSC00258.jpg


その他の使い道としては、ノートPCのキーボードである。
私はノートPCを2台所有しているのだが、うち1台は専用のキーボードカバーが発売していなくて困っていた。
そのまま剥き出しで使ってしまえば、キーボードは脂ギッシュでテカテカになり、表面の刻印も剥がれ落ちるところだろう。
というわけで、キーボードの表面もクリスタルコートで保護してやったりしてみた。

Micro Solutions 高密度ガラス繊維ケイ素系ポリマーコート・クリスタルコート GFGC01 CRYSTAL COAT #01
posted by tkst at 12:23 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。