2011年10月08日

iPhone4Sを予約した件

だ、誰だ?iPhone4Sを失望だの酷評だの言っていたのは?

10月4日(日本時間5日未明)に発表されたiPhoneの新機種「4S」の予約が一斉に開始された。
現在、iPhone4を使用している私としては、機種交換すべきかどうか迷ったが、仕事を終えたその足でお祭り騒ぎに参加してしまった!(ほんとは仕事を休みたかったのだが・・・)

とりあえず私の生活圏内でデジタル屋と言えば横浜ヨドバシなのだが、行ってビックリ。
B1フロアにあるSoftbank窓口から非常階段沿いに行列が伸び、最後尾を探して階段を登るものの、延々と行列が続いている。4階付近まで登った時点で諦めてしまったが、おそらく6階くらいまで続いていたのではなかろうか。
店員の女性から20時で締め切ると言われたので、おそらく半分より後の人々は並び損だったものと思われる(もしかすると、翌日以降の整理券などを配っているかもしれないが)。

というわけで、ヨドバシの行列に加わるのは断念し、近所にあるSoftbankショップに向かった。
ファッションビルの7階にあるという立地から考えて、たぶん穴場じゃないかなぁ、なんて期待もしていたのだが、ここも40人待ち。
iPhoneの予約は単に整理券をもらうだけでなく、とても時間がかかる。
このため、40人と言えども、何時間待ちになるか分からないのだが、諦めて並ぶことにした。
この時点で5時10分くらいであったと記憶している。

そして・・・

待ちに待って、ようやく午後8時に自分の順番が回ってきた。
店員氏に「お疲れ様でしたぁ」と力無く言われ、自分は好きで並んでいるので仕方ないが、ショップの店員さんの方こそ大変だろうなと思った。
さっきもキレた客が、行列を作らせるような予約はおかしい!と文句を言っていたが、完全シークレットの発表日から僅か2日後に予約が開始され、入荷数も不明なまま予約を受け付けるのだから、他に方法は無いだろう。
せめて入荷数だけでも分かっていれば、整理券を配って終了にできたはずだ。
アップルの秘密主義の犠牲者がここにもいたわけだ。

今回はマイナーチェンジということで、それほどの注目は無いと踏んでいたのだが、Softbankのサーバーがダウンするほど予約客が殺到したらしい。
店員氏が「ソフトバンクがまたやっちゃってぇ、サーバーが落ちちゃってるんで、ダサいんですけど紙で受け付けさせていただきます」とのこと。
私としては客の前で自社批判する店員の方が問題だと思うのだが、まあ疲れていたので、それ以上は考えないことにした。

というわけで、無事に32GB(白)を予約できた。
ただ、入荷数は不明なので、発売日に入手できるかは不明である。
しかしまあ、iPhoneにまつわるお祭り騒ぎは、いつものように大変なのである。
posted by tkst at 02:44 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

iPad2:Belkinのケースを購入した件

外ではiPhone、ベッドルームではiPad2ってな感じで、もはや生活の一部と化してしまっているiPad2なんですが、唯一の悩みは本体を保護するためのケース。
iPad2と同時期にネットで手に入れたダサダサ↓↓なケースを使っていたんですけどね、これがどうにもイケてない。
シリコン素材の分厚いケースで、確かに50cm程度の落下には耐えてくれそうなんだけど、外観がまったくスタイリッシュじゃないんですよ。しかも、カバーの表面がヌメヌメしてて、ヒジョーに気持ち良くない!

というわけで、ヨドバシカメラで1時間ほど熟考のうえ、Belkin F8N631QEC01を購入してきました。
Belkinを選んだ理由は、やっぱり薄かったからですな。他のシリコン製やTPU素材やポリカーボネートなども実際に触って比較してみたんですが、薄さが際立っていましたね。
手触り、薄さ、あと、Smartcoverも同時装着可能であること、などの条件を課した結果、Belkinが残ったわけです。
もちろん、大手メーカー製品とも比較しましたよ。エレコムやバッファローなど信頼と実績のあるメーカー製品も試しました。
それでも、Belkin圧勝です。比較になりません。

パッケージはこんな感じ。やっぱり箱の外からでは品物の素材感までは分かりませんね。

IMG_0632.jpg


裏側を見ると韓流というか、中国語まで書かれている。日本向けだけでなく、アジアンエディションといった感じなんでしょうね。

IMG_0633.jpg


では、実際にiPad2に装着してみて、良かった点や気になった点などをまとめてみます。

○良かった点
・装着は楽勝。力を入れたらバキっていう心配は無し。
・外観は95点。半透明のクリアホワイトなら、リンゴマークもしっかり見えます。Belkinのロゴが無ければ100点(ただし、あまり目立たない)。
・しっかりしたホールド感あり。シリコン特有のベタつき感は少ないように感じられた。
・ケースの中では比較的安価な部類(ヨドバシでは2480円+ポイント)。
・もし何らかの理由で買い替えが必要になったら、たぶん同じ物を買います!

×気になった点
・特に無いっス!!!

さて、最高のケースを得て、次は画面をカバーするフィルムですね。こちらもiPad2を購入した直後に安いやつを買ったんですが、これがもう指紋や皮脂がベタつきまくりの粗悪品でして。
あと、やっぱりSmartcoverは買ってみたいなあ・・・という気持ちも。ヤフオクで探してみようかな。
posted by tkst at 05:45 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

iPad2を購入した件(1)

さて、日本でもようやく発売となったiPad2であるが、小生も入手することができたので、簡単ながら雑感を記させていただきたい。

まず、小生は初代iPadを所有していなかったため、iPadシリーズを購入するのは今回が初めてである。ちなみに、初代機の購入を見送ったのは、そろそろiPhone4が発売されそうだというタイミングの中で余計な出費を避けたかったのと、iPhoneとの差別化や優位性につき自分自身の中で明確になっていなかったからだ。
初代機が発売された直後は、通勤電車の中などでも、かなりユーザーを見かけたものの、それを羨望のまなざしで見たことはなかった。ネットをiPhoneより大きな画面で見るために、余計な通信費を支払い、700gの鉄塊を持ち歩くなど、とても真似できないし、したくもなかった。要するに、自身の判断は正しかったと確信していたわけである。

それから約1年が経過し、結果としてiPadは大成功であったことが分かった。iPad以前には全く無かった(スレートPCは除く)製品ジャンルにも関わらず、わずか数ヶ月間に、いったい何台の類似品、すなわち、◯◯PADが発売されただろうか?
負け惜しみを言うわけでもなく、初代iPadを使いこなした日本人がどれだけいたかは知らないが、とにかく、全世界的には大ヒットしていたわけである。

そういった背景もあり、そして、iPad用アプリもだいぶ出回ってきたこともあり、いよいよ小生もiPad2を購入するに至ったのだ。

以上、前置き。

さて、iPad2の外箱を開封すると、中身は非常に、シンプルである。
iPad2本体と、接続ケーブルが1本入っているのみ。
デジタル製品につきもののディスク類など一切無い。この点については、iPadはiTunesが無ければ使えない(ホーム画面すら見れない)ので、わざわざインストールデータをディスクで提供する必要など無いのだ。
何が言いたいかというと、iPadを使用するにあたり、説明書の類を一切読む必要が無い、その潔さが素晴らしいではないか、ということである。
iTunesを使えるユーザーなら、iPadくらい感覚的に使えるでしょ?というワケだ。

外見であるが、初代に比べればだいぶ薄いし、スマートである。背面のリンゴマークが所有感を満たしてくれる。しかし、この薄さ、このサイズの割に、けっこうズッシリとくる。
たとえば、総プラスチックのKindleなどと比べると、明らかに重みがある。
軽くなったとは言え、通勤電車で立ちながらiBookで読書、というような使い方は厳しいかもしれない。
なお、本体背面は金属製のため、やはり傷つきやすいだろう。
リセールバリューを維持したい場合は、話題のSmart Coverではなく、シリコン製のカバーを選択した方が無難だ。

さっそくiPad2をMacと接続し、iTunesと同期開始である。
音楽データやら写真やらアプリやら、iPhone4と同じデータをどんどん詰め込んでいくわけだ。
やはり、データが重いだけに、それなりの時間はかかる。iPad3では、ぜひ、USB3.0に対応していただきたいものだ。

ここで、ひとつ。非常に大きな誤算。

データが入りきらないのだ。16GB版のiPad2を購入したため、32GBのiPhone4と同じデータを入れることができない。初歩的な、非常に馬鹿馬鹿しいミスだ。たった8000円の違いをケチったばかりに、データを取捨選択しなければならないという苦役を負うことになった。
ですので、この文章を読まれた諸兄におかれては、最低32GB以上のものを購入されるよう、強く推奨しておきたい。
posted by tkst at 10:19 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

キングジム ショットノート(まとめ)

文具関係で久々に、キタ━(゚∀゚)━!っていう感じです。
キングジムのショットノート(ShotNote)です。

キングジム ショットノ-ト
http://www.kingjim.co.jp/sp/shotnote/

最大のポイントはiPhoneとの連携で、だいたい以下のような特徴を持っている点。
1)メモ書きした内容をiPhoneに読み込み
2)読み込み画像は自動補正される
3)読み込み画像をEvernoteやカメラロールに出力


↓四隅のマークを目印に、カメラで撮影するのだ

スクリーンショット(2011-02-09 23.40.26).png


iPhoneやEvernoteといったインフラを利用して、ほとんどコストをかけずにアナログとクラウドを融合させている点がすごいところ。
自社でサーバーを管理したら、サポセンの設置など、大変なコストがかかるだろう。

当然ながら、このアイテムに対する社会の関心は強い。
ネットで「ショットノート」と検索すれば、注目度の高さは一目瞭然だ。

ケータイWatch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/stapa/20110207_425459.html

ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/586/586349/


そして、今日現在、Amazonなんかでも超品切れ状態。

Amazon.jp
Amazon.jpでの検索結果

スクリーンショット(2011-02-09 23.51.33).png

納期1〜2ヶ月待ちって・・・・・・・・
新型iPadじゃありませんよ。ただのメモ帳です。

私もケータイWatchでその存在を知った直後にAmazonに駆け込みましたが、購入することができず・・・。現時点でも入手のメドが立っていません。

というわけで、作っちゃいました!
自作deショットノート!

IMG_0368.jpg

手前からL・M・Sサイズを忠実に再現。
制作に使ったツールはマイクロソフトのパワーポイント。
通称パワポってやつです。たぶんワードでも可。一太郎でも可。

クローズアップすると↓こんな感じ。

IMG_0375.jpg


そして、肝心なのが、専用iPhoneアプリでの認識率ですよね。
いくら自作でショットノートを作っても、アプリが認識してくれなきゃ意味ねっす。

ドキドキしながら実験してみたところ・・・
認識率100%(10回中10回成功)!!!!

IMG_0392.jpg


思わずガッツポーズです。
実は、自作ショットノートの制作に2日ほど費やしており、最初は何度撮影してもエラーにしかならなかったんですよ。
忠実にマークを配置することで、なんとか成功にこぎつけました。

これさえあれば、ショットノートを買わなくても、A3用紙にたくさん印刷して裁断すれば済んでしまうんじゃないかと。。。
ショットノートって実はメモ帳にしては高価だったりするのでね。
posted by tkst at 23:51 | Comment(1) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

iPhoneのアプリに驚いた件

最近試したiPhoneアプリの中で気に入ったのを紹介してみる。

MusicID
音楽を自動認識して、曲名を教えてくれるソフトである。
認識精度の高さにビックリしてしまった。
試しに、Aikoやチャゲアスの音楽を認識させてみたが、どちらも一発で正解を言い当ててしまった。
さらに驚くべきことに、近所のカフェのBGMで流れていたジャズ音楽ですら一発でヒットしてしまったのだ。
実際に役に立つかは分からないが、この驚きの体験を多くの人に楽しんでもらいたいので、ただそれだけの理由で、猛プッシュしたい。

WallpaperHD
iPhone用壁紙の素材集である。
素材集ならわざわざアプリにしないで、ネットで公開してくれた方が便利では・・・という気もしたが、サムネイルした時の見栄えの良さや読み込みスピードを考えると、アプリでもいいかなって思ったりもする。
で、何が素晴らしいかというと、壁紙の数がはんぱねえ。
数千種類くらいあるんじゃないのかな。
とても全部は見れてませんが、非常にクオリティの高い壁紙ばかりで、眺めているだけでも楽しいです。
しかも、無料というのが凄い。。。
posted by tkst at 02:21 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする