2013年11月27日

iPad mini retinaにパワーサポートのノングレアフィルムを貼った、が・・・

配送予定日より1日遅れましたが、ついに・・・

iPad mini retinaが届きました。

いやはや、我が家のiPad2もかれこれ2年選手ですから、

ようやく後任が来てくれました。

さて、iPad miniの到着を待ちわびていたのは私だけではありません。

それが彼ら。

ずん。

IMG_1053

パワーサポートのノングレアフィルムと、エレコム社のシリコンケース君ですね。

パワサポさんはiPhoneでもお世話になってますが、信頼できる液晶保護フィルムです。

フィルムの品質はもちろん、貼りやすさにも工夫があり、しかもパッケージの高級感が

パネエ

そんな感じなんですよね。大好きです。

エレコム君は・・・どうですかね。ほんとは純正のsmart caseが欲しいんですが、

今回のiPad miniは子供のオモチャとして買った側面もあるので、

落下に備えてシリコン製が無難かなと。

そこで、新型iPad miniに対応していた数少ないシリコンケースがエレコム君でした。

さて、エレコム君の紹介に行数を浪費するのは止めましょう・・・。

今回はパワサポ製ノングレアフィルムの使用感に関するレポがお題でしたので。

ここから本題!

パワーサポートのノングレアフィルムですが、貼り付けは完璧でした。

フィルム中央にあるスリットのおかげですね。位置合わせが容易なんです。

通常、位置合わせに手間取ると、何度も貼っては剥がすうち、

フィルム表面にダストが吸着してしまう。これが気泡の原因になる。

つまり、フィルム貼り付け成功の秘訣は、位置合わせを一発でキメること。

あと、フィルムにある程度のコシがある方が貼りやすいですね。

電子機器やフィルムの表面は静電気の温床ですから、

フィルムがフニャフニャだと、意図せぬ位置で吸着してしまうワケです。

さて、無事にノングレアフィルムを貼ったわけですが、

残念ながら早くも別のフィルムに貼り替えることを決意しました。

はじめから理解してはいたことですが、ノングレアの特性として

画面が滲む(にじむ)んですよね。

iPad miniは顔に近い位置で画面を見ますから、滲みが余計に

気になるわけです。

結局、使用後数分で耐えられなくなり、光沢フィルムに貼り替える

ことに決めたのです。

ただ問題は・・・iPad mini関連製品が品薄なんですよね。

amazonで検索したところ、パワーサポートの光沢フィルムは

1〜3週間待ち、とのこと。

さてさて、どうしたものか。

ええい、このままハダカ、裸族でiPad miniを使ってみようか?

もう少し悩むことにします。。。

posted by tkst at 08:13 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

iPad mini 64G(ブラック)を注文した件

いきなり来ましたね。

神出鬼没というか、いつもながらのアップルサプライズです。

11月12日の夕方、ヤフーニュースで予約開始の報を知るや、
待ってました、とばかり、公式ストアで注文しました。

16GBのみ1-3日で出荷、それ以外は5-10日で出荷とのこと。

さすがに、ネットしか見ません、Webアプリやクラウドで完結します、
という割り切りが可能な人でなければ、16GBではツラいですよね。

発売当日の13日、いちおう予約はしたものの、当日在庫が無いかと
ヨドバシカメラを突撃しました。
やはり、16GB以外は在庫切れでしたね。
店員氏に聞いたところ、昼過ぎには売り切れたとのことでした。

現在11月15日、依然としてアップルストアから出荷の連絡は無し。
ヨドバシカメラの店舗では17日受取り分の予約を行っている模様。
明日、再度ヨドバシを訪問するべきか・・・迷う。

さて、本体すら手に入れてない状況ではあるんだけど、
ケースはどうしよう(^^;

大枚をはたいてアップルのスマートカバーを買うか。
見た目はスマートカバーがベストなんだけど、
風呂蓋は要らないんだよなぁ・・・
いちいち蓋をめくるのも面倒だし。
背面カバーだけ単品で売ってくれないものだろうか。

うう、iPad miniのことを悩んでいたら、
Vaio Tap11が気になってきた。
でも、11インチは大きすぎ。
Tap7.1とかなら、迷わず買いだけど。

いかんいかん、物欲が飛び火しとる。
とりあえず明日ヨドバシに行って冷静になろうw

posted by tkst at 02:34 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

iPhone5Sを購入・下取りするならヨドバシカメラがいいと思う

iPhone5Sをヨドバシカメラで購入しました。
3G、3GS、4、4S、5に続いて6台目のiPhoneとなります。
初めて使い物になった3GS発売時の衝撃に比べると、
やや感動が薄れつつありますがね。

さて、発売前から品薄になるだろうとの予測がありましたが、
スペースグレイ(ブラック)はかなり在庫しているようですね。
下の画像はヨドバシカメラの店舗別在庫表です。
見えづらいと思いますが、青の部分が在庫あり

iphone0924-1

シルバーとゴールドがかなりエグいことになっていて、
先日の入手難易度予想大外れなんですけど、
ブラックでよければ即入手可能なのは嬉しいことです。
iPhone5のときは発売翌々日に予約して、手に入るまでに
1ヶ月ほどかかりましたからね。

あと、機種変更時に有料オプションへの加入を強要されました
断固として拒否しました

店員氏明日解約して構わないので、オプションに加入していただくことになっています」

わたし「そのオプションに加入しなくてはいけないんですか?」

店員氏「基本的に加入していただくことになっています」

わたし「オプションに加入しないと、ここでは購入できないんですね?」

店員氏「基本的に加入していただく必要があります」

わたし「それを拒否するならお引取りください、ということですね?」

不毛な交渉の末、オプション加入は不要ということになりました。
こうした消費者を無視した業界の慣行はやめてほしいですね。
翌日に解約できるから問題無いなんて、身勝手な話ですよ。
そのような面倒な作業を強いられること自体、消費者にとって不利益なハズです。
翌日解約を前提として加入させるなんて、異常な商慣行と言わざるをえない。
2年縛りの自動更新などの問題も含め、通信事業者への不信が募ります。

ところで、旧機種を売却される方も多いと思うんですが、
ヨドバシカメラの下取り価格がかなりアツイですね。

わたしの場合、iPhone5(32GB・ブラック)を、
24,700円で買い取ってもらえました。

ほぼ1年間使っていたので、それなりに使用感のある状態です。
にも関わらず、ほぼ買取上限額に近い査定結果でした。
なお、ヨドバシカメラの下取りは、本体だけが査定対象で、箱や付属品は不要のようです。
査定結果に納得すれば、現金で買取金額を払ってもらえます。

さて、iPhone5Sに引き続き、来月はiPad miniの発売が噂されていますね。
こちらについても興味津々。たぶん買ってしまうでしょうw

posted by tkst at 23:27 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

iPhone5Sを予約してきた件

今年も新作iPhoneが発売になりました。
わたしは最新機種が出るたびに機種変更してきましたので、
今回も当然のように購入する予定でいます。

iphone0921

アップルストア銀座では10日前から行列ができていたそうですね。
途中で台風が直撃してましたけど。。。
ここまで人間を駆り立てるiPhoneの魅力って、凄いとしか言えません。

わたしは近所のauショップで予約してきました。
9月20日夕方5時過ぎの予約なので、入手するまで時間がかかるかもしれません。
ちなみに、iPhoneの予約は、一人一個までとなります。
複数のショップで予約すると、古い方の予約が取り消されます。

ちなみに、超個人的な予想ですが。。。
短期間で入手可能な順位を予想してみます。

まず、容量から。。。

64GB > 16GB >32GB

とにかく早く入手したいなら64GBでしょうね。
さすがに、ライトユーザーは64GBを敬遠すると思います。
価格も高価ですし、そこまで容量が要るのかってハナシです。

つぎに、お色ですが。。。

ホワイト >> ブラック ≧ ゴールド

前提として、ホワイトよりもブラックの需要が高いと思われます。
早く入手したいならホワイトを選ぶべきです。
また、新色のゴールドは、もちろん人気が高いでしょうね。
iPhone5Sは旧機種と外観上の違いが無いため、
せめて本体カラーくらい変えてみようかって人は多いと思いますよ。

というわけで。。。
とにかく早く入手したいなら、64GBのホワイトです。自分は64GBゴールドを予約しました。

posted by tkst at 04:16 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

iPhone4の買取価格(Smarketの場合)

先日、ゲオ系列の携帯電話買取業者であるSmarketにiPhone4(32GB)の買い取りを依頼したが、その査定結果についてメールで連絡を受けた。

2012.3.17 iPhone4を売却する件
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/258115503.html


スクリーンショット 2012-03-24 9.03.07.png

査定結果は12,000円とのこと。ヤフオクなどの落札相場を比較すると、低すぎる買取価格にやや驚いた。
Smarketのホームページでは、買取価格の値幅が12,000円から27,000円であると掲載されていたので、つまりは最低金額での買い取りということになる。
状態については、完動品、付属品完備、目立つ傷ナシであったから、いまいち腑に落ちない査定結果である。

通常、このようなコンディションであれば、買取上限金額に近い金額での買い取りとなるハズなのだが、Smarketの場合はそれよりシビアな査定基準を設けているらしい。
おそらく27,000円という金額は、未使用品に近い状態での買い取りに適用される金額なのだろう。
状態の良い中古品を27,000円で買い取ってもらえるわけではないのだ。
なんとも言葉にしづらいが、Smarketに対して不誠実さのようなものを感じてしまう。
せめて、最低金額での買い取りとなった理由を教えてほしいところだ。

もちろん、買取金額に納得できなければ、この時点で買い取りをキャンセルすることもできる。
ただ、送料はこちらの負担になることと、これからヤフオクに出品するのも面倒なので、提示金額の12,000円で売却することに合意した。

なんとも腑に落ちない結果であったが、やはりiPhoneの処分はヤフオクがベストだと改めて思った(なお、現時点ではiPhone4,32GBは3万円前後で売買されているようである)。
posted by tkst at 09:01 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする