2014年09月21日

SIMフリーiPhoneでキャリアアグリゲーション使えたよ!

先日の記事でも書いたとおり、9月20日の午前中にiPhone6が配達された。
iPhoneを購入するのはこれで7回目(7台目)だが、iPhoneを手に入れる瞬間はいつだってプレミアムだ。
さっそく配達用の包装を開梱すると、中から真っ白い箱が。。。

IMG_2179.JPG

一瞬、箱の裏と表が逆じゃないかと思ったが・・・
間違いなく、こちらの側がオモテ。
よく見ると、箱の表面にiPhoneの型どったエンボス加工がなされている。

まずは、一にも二にも、液晶保護フィルムの貼り付けが先決である。
愛用のパワーサポート製フィルムはまだ発売されていないので、緊急避難的にラスタバナナの高光沢フィルムを事前に購入していた。
さして期待はしていなかったが、このフィルムがなかなか当たりだった。
安い割に、フィルムの台紙を上下で切り離すことができ、位置合わせする際に助かる。
また、フィルムを貼り付けるときに入った気泡をクレジットカードなどで押し出すのだが、画面の淵まで気泡を押し出す前に、フィルムが自然吸着してくれた!
商品の包装に「無気泡フィルム」と書かれていたが、これがその効果なのだろうか。
何はともあれ、値段は安いのに、めっちゃいいフィルムでした。



続いて、iPhone5dからSIMカードを入れ替える。
今回は初めてSIMロックフリー版のiPhoneを購入したので、SIMカードの入れ替えも自分で行う必要がある。
いちおう静電気でパチっとならないように気をつけたけど、まあ楽勝な作業ですな。

さらに、itunes経由でデータを復元。だいたい15分ほど。
初期設定は使用言語とtouchIDの指紋登録くらいで、その他の設定は一部を除いてiPhone5sから引き継がれる(登録単語が引き継がれなかったけど、何か間違ったのかな?)。

さて、SIMロックフリー版のiPhone6で最も気になっていたのが、auのキャリアアグリゲーションへの対応だ。
さっそくスピードテストを実行してみたところ、木造2階建ての自宅内で36Mbpsを叩き出した。
何度かスピードテストを実行してみたところ、だいたい25Mbps以上で安定している。
iPhone5sでは10Mbps前後だったので、通信速度は軽く2倍超えといったところ。
CA対応は気がかりだったけど、Engadgetが報道していたとおり、しっかり対応されているということでよさそうだ。

IMG_2182.PNG

あと、4.7インチへの大型化の影響について。
マスコミによる発売前の報道では「4.7インチモデルはiPhone5sとほとんど変わらない」とのことだったが、そんなことはないね!
iPhone5sに比べ、片手でのホールド感は明らかに落ちている。
Web閲覧時にはあまり気にならないが、文字入力時は親指を動かすため、片手グリップではかなり不安定になる。
また、4.7インチは横幅よりも縦方向に長くなっていることに注意が必要だ。
iPhone5sでは対角のスミ(左手操作なら画面右上)まで親指が届いたが、iPhone6では無理と言っていいだろう。
少なからず両手操作しなければならない場面が増えそうだ。
posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

iOS8をダウンロードしたけど、やっぱADSLじゃキツい件

9月18日深夜2時過ぎ、最新のiOS8がダウンロード可能となった!
というわけで、さっそくiPhoneをパソコンと接続し、itunes経由でiOS8をインストールしてみた。

ちなみに、iOSのインストール方法は、以下のいずれかの方法となる。
@iPhoneをPCに接続し、itunes経由でiOSをダウンロード&インストール
AiPhoneをwifiに接続し、iOSをダウンロード&インストール

iOS8のダウンロードファイルは約1GB(ネットで調べたところ、より正確には1.1GB)だが、我が家のインターネット環境にはややキツいファイルサイズだった。ややキツいと言うより、ムリゲーなレベル。
ダウンロードを開始するやいなや、itunesの画面上に「残り100時間」と表示された。
さすがにヘコんだ。どう考えても非現実的な時間じゃまいか。
丸4日もエラーを起こさずにダウンロードし続けられるとは考えづらい。
我が家はいまだに利用料金の安いADSLをいまだに使っており、さらに自宅内では無線LANで接続している。
BNRスピードテストで通信速度を調べたところ、結果は2.559Mbpsだった。

bnr.png

あえなく自宅でのiOS更新は断念した。。。
翌日の昼間に公衆無線LAN経由で30分かけて更新ファイルをダウンロードし、iOS8のインストールそのもの無事に終了した。
今回のことで思い知ったんだけど、やっぱ1GBを超えるようなファイルをADSL経由でダウンロードするのは無理だ!
日常的なネット利用では全く困らないし、月額料金もフレッツの半額くらいだけど、すでに時代はADSLじゃないんだと痛感した。
というわけで、近日中にに申し込みます。。。
posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

[iPhone6]発売日に向けて準備は整った!!!

さて、iPhone6をアップルストアで購入したことは以前の記事に書いたとおりですが、いまのところiPhone6の納期は9月26日〜10月1日となっています。
納期が少しでも早まることを祈りつつ、iPhone6の受け入れ準備を整えていきます!

まずはiPhone6の発売にあわせて最新OS「iOS8」がリリースされますね。
ダウンロード開始は日本時間9月18日午前2時となっています。
iOS8では、iPhoneユーザーにとって宿願とも言える、サードパーティによるIMEが解禁となります。
ジャストシステムもiOS版ATOKの開発を宣言していますし、いまから発売が楽しみです。

ちなみに、iOS版ATOKの開発がアナウンスされたのが9月5日ですが・・・
ジャストシステムの株価が73円も上がりました。。。
東証一部上場企業の企業価値を一瞬で一割も上げてしまうiOSの影響力って凄いっすね。
(あとiPhoneとは無関係だけど、ベネッセ顧客データ漏洩事件への関与が明らかになった7月10日には、1日で株価が145円下落した模様です)

just.png


閑話休題、すこし脇道にそれましたが、もとの話に戻ります。
ケースはApple純正のレザーケースを、iPhone6本体と同時にアップルストアで注文しました。
こちらですね、本体よりも一足早くご到着です。

IMG_2174.JPG


写真では分かりづらいですが、ケースの色はミッドナイトブルーですね。
iPhone5sのときはPRODUCT REDを購入したんですが、やはり1年も使っていると手垢が付きまくりになるんで、今回は汚れが目立ちにくい色を選んでみました。
また、画像は省きますが、先日の記事でご紹介した、ラスタバナナ製の液晶保護フィルムも到着しています。
パッケージには「2014年秋発売モデル」用との文字があり、アップルのガードの堅さを感じさせます。

あと、ネットで気になる記事を発見。
9月12日付けのEngadgetの記事によれば、KDDIによる記者説明会での質疑応答を踏まえ、「auのiPhone 5 / 5sを使っている人がそのnano SIMをApple Storeなどで販売するSIMロックフリーの端末で使う場合でも、auで契約・機種変更したiPhone 6 / 6Plusと同等にフルスペックの回線が利用できます。」とのことでした。
ところが、直近のニュース検索によると、大手キャリア各社はSIMロックフリーモデルにおける最新技術の使用可否について正式コメントを避けている、という趣旨のことが書かれているじゃないですか!!!
これがマジネタだと、SIMロックフリーモデルを買う前提条件が崩れるんですけど。。。
posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

iPhone6をアップルストアで予約した件

今年もiPhone祭りの時期ですが、衝動を抑えきれずiPhone6を予約しました。
5.5インチのplusではなく、4.7インチの方ですね。念のため。

iphone6.png

実はここ一年ほど、そろそろiPhoneを毎年買い換えるのをやめようかなと思ってた。結局買っちゃうんだけど。
初代iPhoneは存在自体が驚きだったし、2代目の3GSは処理速度の向上によりiPhoneに実用性を与え、3代目のiPhone4により質感がグッと高まったが、そこでiPhoneの進化が止まったように思う。
フリントセンターでの発表会イベントでも、歓声を浴びたのはiPhone6ではなくWatchだった。
iPhoneが人々に驚きを与える時代は終わったんだよね。。。
今回発売されるiPhone6は久々のメジャーバージョンアップにも関わらず、2サイズのラインナップや、5.5インチモデルのみの光学式手ぶれ補正機能など、「小技」を寄せ集めたような印象が強い。
また、個人的に2サイズ化は非常に残念。
iPhoneはワンプライス・ワンモデルでなければならない!
4.7インチか5.5インチかでユーザーを迷わせてはいけないんだよね。
わたしも最後の最後までネット情報を見ながら迷った。
迷うということは、どちらにも一長一短があるということで、つまり、どちらもベストな製品ではないということだ。
一長一短を承知で買うなんて、非常にApple的ではない、強くそう思う。

さて、ひととおり文句を言ったけど、それでも欲しいiPhone。
わたしがチョイスしたのはアップルストアのSIMフリーモデルで、4.7インチ、128GB、色はスペースグレイです。
iPhone5sは発売後しばらくして日本でもSIMフリーモデルが販売されたけど、iPhone6では最初からSIMフリーモデルがリリースされる。
auによる2年縛りが継続中のため、SIMフリーモデルの販売はとてもありがたい。
報道によれば、auのSIMカードをさしても、キャリアアグリゲーションなどの機能をフルに使用できるとのこと。
そういうわけで、今回はアップルストアでSIMフリーモデルを購入することに決めた。(もし来年の9月にiPhone6sか7が発売されるなら、分割値引きをお目当てに、大手通信キャリアのショップで買い替えるかもしれない)

サイズについては相当悩んだんだけど、やはり片手で操作できないスマホはノーという結論に至った。
ビジネスバッグや買い物袋を片手に持った状態では、とても使いづらくなるからだ。
また、両手でスマホを操作する場合、片手で操作するよりも、顔とスマホの距離が近くなると思われる。
顔とスマホの距離が近くなると、周囲への視界が狭まるので、ジワジワと使いづらさを感じるのではなかろうか。(たぶん、危なくて歩きスマホとか無理だと思う)
それでも、5.5インチモデルには光学式手ぶれ補正という独自機能があるので、最後の最後まで悩んだことは言うまでもない。

色についてはスペースグレーを選択したが、アップルストアの納期の変化を追ってみたところ、スペースグレーが一番人気だったようだ。
iPhone5で新色を選んだ人がスペースグレーに戻ってきたこともあるだろうし、iPhone5sではゴールドモデルに不具合が出たことも一因ではないかと思っている。(わたしも、納期の早いゴールドを選ぼうと思ったが、最後の最後で不具合のことが頭をよぎった)

ちなみに今回、大手キャリアもアップルストアもオンライン予約を実施していたが、予約開始直後の時間帯でも非常にレスポンスが良かった。
よほど太い回線を用意していたか、「どうせネット予約なんて回線がつながらないんでしょ」と思っていたファンが多かったのか、理由は定かではないが、とにかくサクサク予約できてしまった。
また、大手キャリアと異なり、アップルストアのオンライン予約は納期が表示される。
わたしが4時半頃にアクセスした時点では、5.5インチモデルの一部が納期7〜10日となっていたが、4.7インチモデルは発売日即納の状態だった。(わたしは色を悩んでいる間に7〜10日になってしまった)
一緒に純正ケースも注文したが、こちらだけは発売日に到着するらしい。。。無念。

ちなみに、液晶保護フィルムも注文したが、残念ながら評判の高いパワーサポート製のフィルムは、本記事を執筆している時点では発表されていない。仕方ないので、500円台で買えるラスタバナナ iPhone6 (4.7インチ)用 高光沢フィルムを買うことにした。



posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

iPad mini retina に液晶保護フィルムを貼った・・・完結編

前回の記事にて、iPad mini retinaモデルにパワーサポートのノングレアフィルムを貼ったところ、画面の滲みに耐えられなかった件についてお伝えした。

というわけで、液晶保護フィルムを光沢タイプに変更することにしたのだが、

iPad mini関連商品は、軒並み、品切れ中だった!

しかし!

その中でも、わりと評判の良さそうな品物を見つけ、早速ポチッとした!

それが!

ミヤビックスのOverLay Brilliant 高光沢タイプだ!

IMG_1054

商品の外観としては、パワーサポートのセレブ感には敵わん。

あと、パワーサポートと違って、ダストリムーバー(粘着シート)やクリーニングクロスのような付属品も無いっすね。

しかしまあ、大切なのは中身でしょう。人と一緒。フィルムも一緒w

では、さっそく貼り付けましょう。

フィルム本体のモノは素晴らしいミヤビックスだけど、貼り付けに関する工夫は無いです。

そこで!

擬似パワーサポート的に、自前で中央にスリットを作ることにしました。

IMG_1055

ちょっと見えづらいかもしれませんが、フィルムの中央に2つの切り込みをいれました。

この切り込みから、フィルムの台紙をピーーーッと割いてやると、

中央にスリットが入るのではないだろうか、という計算でした。。。

しかし、文章では伝わりづらいのですが、うまくいきませんでした。

アイデアは素晴らしいと思いましたが!残念!

この時点でかなり焦りましたね〜。失敗するとは思っていませんでしたから。

自作スリット方式を思いついたときは、自分が天才かと思いましたよ。

失敗するとは思っていませんでしたから。。。

そこで!

セロハンテープで上部を固定する方法を試してみました。

IMG_1056

見るからに、雑な感じですね〜。

とっさの思いつきでトライすると、ロクなことはありません。

言うまでもなく、やらない方がよかったです。

最終的には、打ちひしがれた、満身創痍の心境で、もっとも原始的な方法で貼りました。

いったん、台紙を全て取り外し、ホームボタン部分と、上側右隅とで位置合わせをし、一気に貼り付けるという方法ですね。

この位置合わせの方法はオススメですよ。

ちなみに、製品付属の説明書によれば、上端から少しずつ台紙を剥がしながら貼り付ける方法が記載されていましたが、これは位置合わせが困難なのでオススメしません。

あと、気泡抜きは、指厳禁!面倒でもクレジットカードを準備して!

とにかく液晶保護フィルムの貼り付けは、いかに手数を減らすかが肝心です。

手数が増えるほど、ダスト混入のリスクは高まるし、フィルムも痛みます。

というわけで、いろいろありましたが、奇跡的に気泡無しでフィルムを貼れました。

めでたし、めでたし。。。

posted by tkst at 09:01 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。