2012年03月20日

ゲーム日記(32)ファイアーエムブレム覚醒を予約した件

「新・光神話 パルテナの鏡」を予約したばかりだが、ついつい勢いでファイアーエムブレム 覚醒までも予約してしまった。4月19日発売なので、ちょうで1ヶ月先になるが、はたしてプレイ速度の遅い私がパルテナの鏡を1ヶ月でクリアできるのだろうか。非常に不安である。
3DS本体とのセット商品もあり、パッケージ的に非常にソソる(下記写真)。2つのソフトを同時並行でプレイできるよう、本体をもう1台買ってしまおうか、とも思ったりするが、さすがにやめておこうか。迷う。


スクリーンショット 2012-03-19 18.59.56.png

さて、本作は1990年に発売された「暗黒竜と光の剣」から数えてシリーズ14作目にあたる。
ニンテンドーDS用ソフトとして発売された過去2作(「新・暗黒竜と光の剣」「新・紋章の謎」)はリメイクだったが、今回の「覚醒」は完全オリジナルの新作である。
やはり初期作品のリメイクでは古臭さが否めないため、新しいストーリーをプレイできるのはとても楽しみだ。
もちろん、ハード性能を反映して、3Dマップや戦闘シーンなどグラフィックの刷新も行われている。
すでに完成の域に達したゲームなので、内容的には抜本的な進化は無さそうだが、シリーズをプレイしてきた私としては、どうしても外せないソフトの一本である。
posted by tkst at 03:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

ZS−R110CPを修理に出した件

英語学習用にソニー製CDラジオZS−R110CPを購入したのが昨年11月のこと。
それから僅か1ヶ月後、ソニーストアからリコールのお知らせが来た。
どうやら、予約機能で誤作動が生じるらしく、回収修理でプログラムを書き換えてもらう必要があるとのことだった。

ZS−R110CPがリコールとなる件
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/241745870.html

というわけで、さっそくコールセンターに電話したわけだが繋がらず、思い出すたびに電話したのだが繋がらず、結局ズルズルと時間が流れてしまった。
ようやく繋がったのは先週のことだった。
修理期限は3月末までなので、なんとか間に合った。
iPod nanoのリコールのように、Webで手続きができないものか?

さて、コールセンターに電話が通じないのには困ったが、修理の受け付けを済ませてからの対応は非常にスムーズだった。
電話で担当オペレーターに氏名・住所・電話番号を告げると、翌日には配送業者が梱包材を持って自宅まで訪問してきてくれた。
印字済みの配送伝票を持参してくれたので、届け先の宛名を書く手間すら無い。
回収作業の流れは、感動的に滑らかであった。

というわけで、修理後の製品が返送されるのは一週間後とのこと。
いきなりリコールで凹んだが、なんとか一件落着である。
posted by tkst at 18:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

2012年ヨドバシカメラ福袋を予想する

<<2013年福袋の予想をアップしました⇒こちら>>

今年も残すところ数日だが、新年の恒例行事、ヨドバシカメラ福袋について個人的に予想を行なってみたい。

なお、去年のヨドバシ福袋に関する総括は以下を参照のこと。
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/178216137.html

まずは最初に、2012年の福袋は以下の10種類である。
家電小物の箱/10,000
オーディオスペシャル箱/20,000
国内ブランドパソコンの箱/50,000
海外ブランドパソコンの箱/10,000
タブレットの箱/30,000
男の子おもちゃの箱/3,000
女の子おもちゃの箱/3,000
幼児おもちゃの箱/3,000
メンズ腕時計ファッションの箱/10,000
レディス腕時計ファッションの箱/10,000

ラインナップを見て驚いたが、カメラ関係が入っていない。
デジタル一眼、コンデジ、ビデオカメラは無し。
なお、上記のラインナップはヨドバシ・ドット・コムの販売分であり、もしかすると店頭販売分ではブルレコやカメラを用意するのかもしれないが、それは期待薄だろう。

それでは、早速、予想に入る。
なお、「欲しいもの」は人それぞれなので、金額以上の品物が詰まっている福袋を評価することとしたい。

まず、お得袋の筆頭は「海外ブランドパソコンの箱」だ。
中身はともかくとして、10,000円なら楽しめる。
去年の売価は40,000円で、中身はLenovo G550やHP PavilionだがOffice Personalが付いていた。
この内容では損得の判断は微妙だが、10,000円という価格ならば損は無いはず。
個人的には国内ブランドパソコンと同じく5万円設定として、ウルトラブックを入れて欲しいが。

正直なところ、今年はあまりソソる福袋は無いのだが、あえて次点を挙げるとすれば「オーディオスペシャルの箱」だろうか。
ヨドバシ・ドット・コムの説明によれば、「デジタルオーディオやコンポ」が入っているとのこと。
前回まで売価15,000円で、中身はKENWOOD製コンポと海外メーカー製のメモリーオーディオ。
なお、2012年は20,000円に5,000円アップとなっている。
中身はCLX-70-Bあたりになるだろうか。
http://www.yodobashi.com/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89-KENWOOD-CLX-70-B-iPhone-iPod%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/pd/100000001001311465/
とりあえずコンポが欲しいという人にはいいかもしれない。

あとは、ネタとして買うなら「家電小物の箱」も楽しい。
お馴染みのモッフルメーカーなど調理家電を中心に、細々としたものが色々入っている。
目玉商品があると言うより、品数で勝負している感じだ。
中身は毎年同じようなものが詰まっているので、買ったことのない人限定でおすすめ。
なお、家電小物とメンズファッション福袋は、2011年に自己購入しているので、中身については購入レポを参照いただきたい。
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/177928956.html


というわけで、私は海外パソコン又はデジタルオーディオ福袋を狙ってみることにしたい。
ちなみに売れ筋の福袋を入手するには6時前から行列必須。
少しでも寒さが和らぐことを祈ります。


以下、予想のまとめです。

◎誰もが得する神福袋
◯当たり袋は無いがバランスがとれており、古き良き福袋
▲高望みは危険な地雷袋

◯家電小物の箱/10,000
◯オーディオスペシャル箱/20,000
▲国内ブランドパソコンの箱/50,000
◎海外ブランドパソコンの箱/10,000
▲タブレットの箱/30,000
◯男の子おもちゃの箱/3,000
◯女の子おもちゃの箱/3,000
◯幼児おもちゃの箱/3,000
◯メンズ腕時計ファッションの箱/10,000
◯レディス腕時計ファッションの箱/10,000
posted by tkst at 21:48 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

なぜ米国は宇宙人と戦うのか

トランスフォーマーやら世界侵略やら、ハリウッド映画には宇宙人との戦いをテーマにする映画が多くある。

なぜ想像上の宇宙人を敵と見立てて戦争しなくてはならないのか。

そんなことを考えていたら、ふと思った。

アメリカ軍は地球最強だから、人類が相手では盛り上がらないんだろう。

その程度の理由なのかもしれないなぁ。
posted by tkst at 09:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

東海道ウォーク(その2)

0938 鶴見駅前を通過
駅前交差点に地下道があるのだが、ちょっと怖いので、遠回りして横断歩道を渡った。

IMG_0730.jpg

0947 鶴見橋を通過

IMG_0731.jpg

0957 川崎市に入る
スタートから○○時間、ようやく横浜市を抜けて川崎市に入った。ここはかつてのホームタウン。
見慣れた街並みはどう変化しているのか。しばし寄り道していくことにする。

IMG_0732.jpg

1003 線路下に描かれた小学生の絵
よくある児童による壁画なのだが、色使いに驚いて写してしまった。画面左に全身が赤いランナーがいるのだが、絵の中心人物以外を背景色で塗るという方法は、シャガールを連想させる。
意図的ではないと思うが、他にどのような絵を描いているのか気になった。

IMG_0733.jpg

1015 川崎市立川崎病院
川崎駅前をぶらりと散歩したのだが、川崎病院の大きさに驚いた。
何年も前に建て替えて、ドラマ「白い巨塔(主演:唐沢寿明)」のロケにも使われたことは知っていたが、間近で見るとすごい大きさである。

IMG_0742.jpg

1044 東田商店街の進行堂書店さん
昔ながらの本屋さんが今も残っていた。小学一年生の壁画などは指定文化財モノだな。
一方で、地域の子供達から絶大な指示を得ていたサントイスは廃業した様子。

IMG_0749.jpg

1134 スシローで軽食
六郷橋を渡る手前で、軽食を摂ることにした。歩き始めて3時間以上が経過していたので、少し小腹がすいてきた。
サラリーマンの昼時より少し早めだったが、店内は高齢者や職業不詳系を中心に7割近く埋まっていた。

IMG_0766.jpg

1143 東京都大田区に入る
いろいろ寄り道したため、ようやく六郷橋を渡って東京都に入った。当初の(荒唐無稽な)予定では、昼前には日本橋に着いているはずだったのだが、とりあえず気持ちを新たに再スタートである。

IMG_0768.jpg

1147 六郷橋の橋上より。土手には浮浪者の建てたテントやバラック小屋がいくつもあった。遠景には川崎駅前のビル群が見える。河川敷では平日昼間から旦那達がゴルフの打ちっぱなしに興じていた。橋の下では空き缶拾いの老人が柿の種を肴に酒を飲んでいる。
ここだけは昔と変わらない。三途の川とはよく言ったもので、河原ってのは人間の生き死にに近い場所なのかもしれないな・・・。

IMG_0770.jpg

1209 日本橋まで17キロの標識を通過
時速4キロで歩くと、単純計算で4時間以上ということになる。これでは日本橋到着が16時過ぎになってしまう。まさか一日がかりのイベントになるとは思わなかった。

IMG_0771.jpg

1212 雑色駅前商店街を通過
大田区は下町ということもあり、昔ながらの商店街がまだまだ残っていたね。近くに大型スーパーは無いのだろうか。
このあたりで、つま先の爪に痛みを感じてきた。立ち止まり、ソックスを脱いでみたが、出血は無かったので安心した。爪が死ぬと再生に1ヶ月ほどかかるので、生活に支障をきたしてしまうのだ。
ここからは怪我に気をつけながら進まなくてはいけない。

IMG_0772.jpg

1233 蒲田駅を通過
羽田空港への乗り換えで蒲田を通ることは多いのだが、こうして駅前を歩くのは何年ぶりだろうか。
しかし、まだまだ日本橋までの一里塚にすぎない。ここからは、とりあえず品川を目標に歩くことになる。
posted by tkst at 07:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。