2016年09月27日

iPhone7用ケース&保護フィルムの選び方と使用レビュー(6s用フィルムは流用可!)

さて、今年も新型iPhoneが発売されました。すでに発売済みなので詳細は省きますが、やはりFeliCa対応は激アツですね。10月予定のサービスインが待ち遠しいところです。

わたしは今回もアップルのオンラインストアでSIMフリー機(ブラック)を購入しました。やはりFeliCa対応で買い替え需要が高まったのか、6Sのときよりサイトが混み合っていた印象です。また、発売日出荷分には間に合わず、1週間遅れでの入手となりました。ちなみに、人気色のジェットブラックは2〜3週間待ちと表示されておりましたね。

IMG_4581.JPG


さて、ようやく本題に移りますが、iPhoneの新機種を購入して最初に悩むことはフィルムとケースですよね。とりわけフィルムはアップル純正品が無いので、当たり外れ覚悟で買わなくてはなりません。ケースは純正品が2種類ありますが、劣化の激しいレザー製と糸屑だらけになるシリコン製で、どちらもイマイチかつお値段も高価です。

そこで今回はAmazonでいろいろ思案した結果、以下の2製品を試してみることとしました。




まずフィルムについては、レビューでも圧倒的に評価の高いパワーサポート製のクリスタルフィルムを選びました。
現在販売されているのはiPhone6S用で、iPhone7用というのは未発売です。
iPhone7の縦横のサイズは6Sと変わらないので使えるハズだと思って購入しましたが、問題なく使用することができました。
パワサポ製のフィルムは台紙シートに2箇所の切り込みが入っているため、いったん中央部分で位置合わせをしてから貼り付けることができます。これまでパワサポ製フィルムで貼り付けに失敗したことはありません。
また、フィルムは2枚入りなので、家族で購入する場合や、万一の貼り付けミスにも安心です。
近頃ではガラスフィルムの方が主流のようなので、いわゆる普通のフィルムは選択肢が少ないです。パワサポ製はその中でも最も信頼のできるメーカーだと言ってもよいかと思います。

1つだけ言わせていただくと、フィルムのカットが若干小さめなので、注意深く位置合わせしても、液晶表示部分が少しだけはみ出す可能性があります。
わたしの場合ですと、目視で1ミリほど右上部がズレました。その部分だけを見るとズレていることが明らかに分かります。
ただし、日常の使用場面では、画面の中央部を見ていることが多いようで、ほとんど気にならないですね。張り替えようというほどのレベルではないです。
カットの大きいフィルムですと、ケースと干渉してフィルムが浮いてしまう場合もあるので、この点については一長一短かもしれません。

IMG_4580.JPG


お次はiPhoneを万一の落下から保護してくれるケースです。フィルム以上に日常の使用感に関わるため、どれを選ぶかいつも迷います。
定評のあるパワーサポート製のケースを以前に購入したのですが、あまりにサイズがピッタリすぎて着脱が困難だったという失敗談もあります(ちなみにそのケースのレビューは非常に良いです)。
その一方で、非常に安価な無名メーカー製のケースが使いやすかったりもするので、フィルムと同様に当たり外れ覚悟で購入する必要がありそうです。

さて、今回選んだのはJEDirectという聞いたことのないメーカーのケース。背面にキックスタンドが付いています。
キックスタンドがあると、動画を見るときや、Bluetoothキーボードで文字入力をする場合などに便利です。わたしの場合、それほどキックスタンドの使用頻度が高いわけではありませんが、あると便利なのは確かです。
そして、購入時のAmazon価格は999円と格安でした。わたしはヨドバシのネット通販も頻繁に使っているのですが、Amazonの良いところは、無名メーカーによる格安製品が豊富に用意されているところです。

いざケースをiPhone7に装着してみると、素材が柔らかいので、スルッとはめることができました。サイズもバッチリで、iPhone7で仕様変更となった左側のスピーカーホールや背面カメラとの干渉もありません。
非常に薄型軽量のケースなので、iPhone7のフォルムを損なわないのもよいですね。側面はiPhone4時代にアップル純正で販売されていた「バンパー」にそっくりです。背面はグラファイト繊維のような模様で装飾されており、値段以上の高級感があります。
キックスタンドはペラペラのプラスチック板で、角度は1段階のみ(多段階の角度調整はできない)となっています。テーブルの上などで使う分には問題ありません。
総評として、JEDirectのケースは、価格のわりにヒジョーに満足度が高いです。

また、JEDirectの2倍以上の価格とはなりますが、Spigen製のウルトラ・ハイブリッドSは定評のあるメーカー製で、こちらもキックスタンド付き、さらに、エアクッションにより保護性も高いようです。早くも良レビューが複数付いているので、少しケースにお金をかけていいならば、Spigen製を選ぶとよいと思います。




ちなみに、iPhone7は外形寸法はiPhone6Sから変更ありませんが、ケースの使い回しはできないようです。
一番の問題点は、本体左下がイヤホンからスピーカーに変更となっている点、また、背面カメラの大きさと位置も違います。実際、iPhone6Sで使用していたケースをiPhone7に装着しようと試みたところ、ケースが背面カメラの隆起部分に干渉してしまいました(装着不可)。

posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: