2014年12月06日

品薄のスティックPCをPCデポで普通に買えた件

マウスコンピュータのスティックPC、ms-nh1が品薄になってますね。
わたしも12月5日15時の発売開始を待ちましたが、わずか数分で完売したようです。
アンダー2万円の品物ですが、6万でオークションに出品されてました。
Amazon、ヨドバシ、ビック、コジマ、ntt-xstore、全部入荷待ちですね。

こりゃあ無理ゲーかなぁと思っていたら、朝刊にPCデポのチラシが入ってて、ダメもとでウェブストアを見たところ、なんと在庫があるじゃないですか。
でも、リアルタイム在庫じゃないっぽいので、半信半疑のまま注文したところ、1時間後に在庫確保メールが送られてきました。

品物の受け取りと支払いは店舗で行うとのことなので、さっそくゲットしに行っちゃいました。
まじかっ!って感じですけど、5日にネット注文できた人より早く入手できました。

spc1.png


外箱はそれとなくiPhoneを意識した感じになってます。
質感はともかくとして、紙類が少ないのは好感を持てますね。

20141207追記
さっそくSTICK PCをセッティング&使用してみました。
普段使いのPCはマウスとキーボードをBluetooth接続しているので、USB接続のマウスを物置きから引っ張りだし、ユーザ名などの文字入力はソフトウェアキーボードで対応しました。
それにしても、Chrome cast的なサイズで、フルのWindows8が動作するのは感動的ですよ。

さっそく使用してみましたが、さすがにネット表示のスピードは「ゆっくり」といった印象です。
感覚的にですが、Corei5とiPhone6のスピード差と同じくらい、iPhone6よりも「ゆっくり」だと思います。
しかしながら、十分に実用の範囲内ですね。Youtubeもほぼ途切れずに再生できます。
Atom搭載機を使うのはVaio X以来ですが、Vaio Xのようなストレスはありません。

我が家ではリビングのテレビに接続して、リビングPCとして活用するつもりです。
最近のテレビにはネット機能が当然のように付いていますが、いかんせんスピードが遅いです。
STICK PCはスピード的にも実用的ですし、NASに接続したり、USBやBluetoothで拡張性も十分にあります。
昨今ではタブレットでも似たようなことが可能ですが、応用的な使い方をすればするほど、Windowsの汎用性が際立ってくると思います。

なお、リビングPCとして使用するにあたり、マウス兼キーボードとしてlenovoのN5902を購入してみました。
マウス・キーボード一体型の入力デバイスとしては、ミヨシMCO Bluetooth 光学式トラックボ-ル付きキ-ボ-ド TK-BT01も評価が高いですが、マウス重視ならN5902がよろしいかと。
わたしの場合、おそらくリビングPCでの使用頻度は、「マウス9割、キーボード1割」くらいかなと思うので、さっそくN5902を注文してみました。

posted by tkst at 16:39 | Comment(2) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます!

こちらの情報で、私も本日ゲットでしました!
帰宅して、いじくるのが、楽しみです。
Posted by MIG at 2014年12月07日 11:38
MIGさん
PCデポ、穴場でしたね!参考になって良かったです。
Posted by 管理人 at 2014年12月29日 05:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: