2014年09月21日

SIMフリーiPhoneでキャリアアグリゲーション使えたよ!

先日の記事でも書いたとおり、9月20日の午前中にiPhone6が配達された。
iPhoneを購入するのはこれで7回目(7台目)だが、iPhoneを手に入れる瞬間はいつだってプレミアムだ。
さっそく配達用の包装を開梱すると、中から真っ白い箱が。。。

IMG_2179.JPG

一瞬、箱の裏と表が逆じゃないかと思ったが・・・
間違いなく、こちらの側がオモテ。
よく見ると、箱の表面にiPhoneの型どったエンボス加工がなされている。

まずは、一にも二にも、液晶保護フィルムの貼り付けが先決である。
愛用のパワーサポート製フィルムはまだ発売されていないので、緊急避難的にラスタバナナの高光沢フィルムを事前に購入していた。
さして期待はしていなかったが、このフィルムがなかなか当たりだった。
安い割に、フィルムの台紙を上下で切り離すことができ、位置合わせする際に助かる。
また、フィルムを貼り付けるときに入った気泡をクレジットカードなどで押し出すのだが、画面の淵まで気泡を押し出す前に、フィルムが自然吸着してくれた!
商品の包装に「無気泡フィルム」と書かれていたが、これがその効果なのだろうか。
何はともあれ、値段は安いのに、めっちゃいいフィルムでした。



続いて、iPhone5dからSIMカードを入れ替える。
今回は初めてSIMロックフリー版のiPhoneを購入したので、SIMカードの入れ替えも自分で行う必要がある。
いちおう静電気でパチっとならないように気をつけたけど、まあ楽勝な作業ですな。

さらに、itunes経由でデータを復元。だいたい15分ほど。
初期設定は使用言語とtouchIDの指紋登録くらいで、その他の設定は一部を除いてiPhone5sから引き継がれる(登録単語が引き継がれなかったけど、何か間違ったのかな?)。

さて、SIMロックフリー版のiPhone6で最も気になっていたのが、auのキャリアアグリゲーションへの対応だ。
さっそくスピードテストを実行してみたところ、木造2階建ての自宅内で36Mbpsを叩き出した。
何度かスピードテストを実行してみたところ、だいたい25Mbps以上で安定している。
iPhone5sでは10Mbps前後だったので、通信速度は軽く2倍超えといったところ。
CA対応は気がかりだったけど、Engadgetが報道していたとおり、しっかり対応されているということでよさそうだ。

IMG_2182.PNG

あと、4.7インチへの大型化の影響について。
マスコミによる発売前の報道では「4.7インチモデルはiPhone5sとほとんど変わらない」とのことだったが、そんなことはないね!
iPhone5sに比べ、片手でのホールド感は明らかに落ちている。
Web閲覧時にはあまり気にならないが、文字入力時は親指を動かすため、片手グリップではかなり不安定になる。
また、4.7インチは横幅よりも縦方向に長くなっていることに注意が必要だ。
iPhone5sでは対角のスミ(左手操作なら画面右上)まで親指が届いたが、iPhone6では無理と言っていいだろう。
少なからず両手操作しなければならない場面が増えそうだ。
posted by tkst at 07:00 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: