2013年06月21日

Bose AE2wを購入した件

Bose製Bluetooth対応ヘッドホン「AE2w」を購入しましたので、半月ほど使用してみてのレビューを残したいと思います。

総評(★★★★★、満点★5つ)
結論から先に述べますと、これは「買い」です。
ベストバイ、否。
マストバイと言っても過言ではなかろうかと思います。
無線接続とは思えない高音質、そして、心地良い装着感。
よくありがちな「Bluetooth対応にしては・・・」という前置きは不要です。
とにかく満足度の高い製品だと思います。

音質(★★★★★)
濃厚な重低音に定評のあるBoseですが、AE2wはその対極にあるヘッドホンかと思います。
重低音がわりと控えめ。中高音をクリアに鳴らします。
ドンシャリでもなく、厚みが無いわけでもない。
ひと言で表現するならば、「素直で、クリア」という感じでしょうか。
おそらく、ジャンルで言えばポップスやロック、イージーリスニングに最適かと思います。
ソニー製の「MDR-1RBT」と比較すると、「MDR-1RBT」の方が明らかに低音寄りですね。
私は意図的な低音調整を好まないため、AE2wの方が断然タイプです。
また、無線接続による音切れ等の有無ですが、iPhone5との組み合わせで使う限り、非常に良好ですね。音切れや頭切れは皆無です。さすが「iPad対応」を謳うだけあります。
以前にソニー製「MDR-1RBT」をiPhone5 との組み合わせで視聴した際、頭切れや音飛びだけでなく、全く音が聞こえない場面もありました。「MDR-1RBT」はiOS6に対応していないので仕方ないですね。

装着感(★★★★★)
非常に素晴らしいフィット感です。
耳を優しく包み込むイヤーパッドと、ストレスフリーな本体重量が素晴らしい。
Bluetoothユニットを除けば、装着感に定評のある「AE2」と同等品のため、当然と言えば当然ですね。
装着感に関しては、他の追随を許さないでしょう。

操作性(★★★★)
Bluetoothユニットには、電源、音量、マルチファンクションのスイッチが付いています。
電源スイッチはスライド式なので、オン・オフを物理的に切り替えられるのが良いです。
マルチファンクションボタンは、1回押すと再生・停止、2回押すと曲送り、3回押すと頭出しとなります。(次のトラックへの曲送りと、頭出しのみ可能です。ちょっとだけ巻き戻すといった操作はできません)
なにげにマルチファンクションボタンの3回押しが、けっこう難しいと思います。
3回押ししたつもりが、「2回押し+1回押し」と認識されることが多いです。
語学学習などで、頻繁に頭出しをする方は、ちょっと注意してください。



ともあれ、これでようやく、コード巻き取り式イヤホンから開放されます。これはこれで携帯ゲーム用には便利なので、引き続き使い続けようと思います。


posted by tkst at 08:05 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: