2011年05月22日

クレヨンのような蛍光ペン:Textsurfer gel

新しい文具には目のない私ですが、先日、セブンイレブン某店の店頭で発見したのが、有名文具メーカーSTEADTLERのTextsurfer gelです。
レジ前の目立つ一角に特設ワゴンが設置され、試し書きもOKだったのでスラスラっと書いてみると・・・うぉー、こりゃ新しいな!久々に文具でビックリしましたよ。



外観はちょっと外国製品風のマーカーペンなんですがね、ペン先が普通のマーカーペンのそれとは全く違う感じ。
当然ながら書き味も違う。マーカーペンで書いているというよりはクレヨンみたいな感じだろうか。口紅でお絵描きしたらこんな感じかも〜というような書き心地ですわ。

というわけで、やや熟考の末、後日、LOFTで買ってきましたよ。100円台なので熟考とか要らんかも、と思ったりもするが、使わない文具って机の肥やしになっちゃうからね。

いかにもマーカーペン風な外観
IMG_0590.jpg

が。ペン先はひと味違うぜ
IMG_0591.jpg


というわけで、数日使ってみて簡単に感想をば。

良い点
○書き心地が面白い、線を引くのが楽しい
今までにない書き心地なので、線を引くのが楽しくなるに違いない。マーカーペンのキュッキュッという摩擦音が苦手な人にもいいかも。
・キャップをあけたまま放置しても乾かない
液体インクではないので、キャップをあけてても乾くことはありません。無頓着に使えるっていうのは良いよね。
・一般的なマーカーペンより寿命が長そう
普通のマーカーペンだと、たぶん50mくらいでインクがかすれてきそうだが、Textsurfer gelは最後の最後まで同じ濃度で書くことが可能。寿命直前のストレスを軽減できるだろう。

イマイチな点
×キャップにインクのカスが付くので、たまに手が汚れる
たまに手が汚れるのはどんなペンでも同じだと思うが、Textsurfer gelはクレヨンみたいなカスがキャップ周辺にこびりつくので、たまにティッシュで掃除した方がいいかも。2日使ったところ、4回くらい指先が汚れてしまったorz
×線の太さを一定にしづらい
クレヨンのように芯先の太さが一定ではないので、線の太さが安定しない。几帳面な人や、デザイン的な用途には向かないかも。

というわけで、一長一短ある製品であり、特にデメリット面は几帳面な性格の日本人にはちょっと合わないかも・・・と思ったりもするんだけど、個人的にはおおいにアリ!
紙の上を滑るような書き心地は、一度試してみる価値有りかと思います。
posted by tkst at 06:39 | Comment(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: