2010年08月24日

ゲーム日記(8)ケイオスリング

先日、iPhoneアプリのケイオスリングを購入したことはご紹介したが、昨日から2日ほどプレイしてみた感想を記すことにしたい。

まず、iPhoneアプリにしては、という枕詞はどうしても必要であるが、すくなくともクリアするまでは飽きずに楽しめそうな印象を持った。
内容としては本当に古典的なRPGである。敵を倒し、レベルを上げ、お金を稼ぎ、新しい武器を買う。この単調な作業を飽きさせずに続けさせるのが、名作RPGというものではなかろうか。
そういう意味で、2時間ほどプレイしたが、今のところ飽きていない、むしろ、早く続きをプレイしたい・・・と思っているくらいだから、出来の良いRPGであると言っていいだろう。

操作性はなかなか良好である。キャラクターの移動に関しては、iPhoneの画面を指でタッチするわけだが、最初にタッチした位置を起点として、起点から上方向に指を動かせば上に移動、というような感じである。
つまり、画面のどこをタッチしてもキャラを移動できるから、片腕だけでもプレイできてしまうワケである。この操作性は秀逸と言っていいだろう。

ただし、戦闘画面では、このタッチ操作が億劫に感じる。
たとえば、「キャラ選択>戦う>攻撃対象の選択」という基本的な動作を行うには、3回はタッチしなければならない。
小さなボタンを何度もタッチするのは、意外に押し間違えがあったりして、けっこう邪魔臭く感じてしまうのは私だけではないはずだ。

とはいえ、そういうデメリットは別として、楽しむことに重点を置いたシンプルさが、ケイオスリングの素晴らしいところだと思われる。
画面タッチでしか操作ができないという制約がある中で、うまくバランスをとったゲームではないだろうか。

というわけで、とりあえずクリアするまで続けることにする。

ちなみに、私が最もハードユースしているゲームは、「四人麻雀」というソフトであり、ちゃんと更新もしてくれているので、ぜひ試してみてもらいたい。
posted by tkst at 19:23 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: