2010年06月26日

iphone4を買った件

昨今のお祭り騒ぎといえばワールドカップであるが、先週木曜もちょっとしたフィーバーであった。新型iphoneが発売されたのでね。
私は6月15日は仕事を休んでiphoneを予約した私は、発売日当日、18時過ぎにヨドバシカメラのソフトバンクデスクに向かったわけである。
客足はまばらで、混乱している様子は特になし。待ち時間すら無かった。

続きを読んでいただく前に、とても重要なこと。
そう、アップルプロテクトプラン(アップルケア)についてである。
私は知人からアップルケアへの加入を勧められ、その気になっていたのだが、補償内容を確認してビックリした。
なんと、修理に関する補償は、自然故障のみ!落下や水没は不可!
単にメーカー補償が1年延長されるだけなのだ。
このことを勘違いしているユーザーは非常に多いと思うので、くれぐれも注意されたし!
特に、iphoneを毎年買い替えるようなユーザーにとっては、無用の長物になること間違い無しなので、くれぐれも注意されたし!

さて、続きである。
iphone4について、私はかなり満足している。その満足点を書こう。
まず、製品の質感が非常に高まっている。
iphone4を見てしまうと、研ぎ澄まされたソリッドな質感に魅了され、iphone3GSがプラスチッキーなものにしか感じられなくなる。
重さも対して変わらないのだが、iphone4の方がズッシリと重く感じられるのだから不思議だ。この重みは手に馴染む。

2点目はディスプレイの美しさだ。高精細と言っても良い。
見えりゃいいじゃん!って考え方もアリだと思うし、大抵の場合において、その考え方は経済的かつ合理的である。特に、液晶ディスプレイなど、2万のモニタも8万のモニタも、ネット閲覧してる分には何も変わらない。
しかし、iphone4のディスプレイは、先代機に比べ、非常に高精細であり、これは使い勝手にも影響が大きい。
なぜかというと、画面を拡大しなくても、文字が見えるケースが増えたような気がするのだ。
すでにiphone3GSを解約してしまったので、比較できないのは残念であるが、ポータルサイトのトップページなど、3GSでは潰れていた文字が、iphone4では文字を判別できるようになっている。これは非常に便利なことだ。
また、3GSと比べると、文字が非常にクッキリしている。
メニュー画面のアイコン下の文字を見比べれば、誰の目にもハッキリと違いが分かる。この違いが分からない人は、きっとコンタクトを付け忘れているのだろう。そのくらい違いが明確である。

3つ目、非常に地味だが、bluetoothがキーボードに対応した。
私はここ1年ほど、iphone対応のキーボードを心待ちにしてきたが、ついにその夢が叶った。iOS4が対応するという形で、つまり、もっとも安心感のある形で夢が叶ったのは嬉しい。さすがに脱獄とか恐くてできんけんね。

その他、iOS4で提供された機能もあるので、一概にiphone4の魅力とは言えない部分もあるんだけど、これは間違いなくイイ買い物であった。
いやあ、いい時代になったもんだなあ。。。
posted by tkst at 10:43 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: