2010年06月13日

車を下取りに

さて、珍しく連日の投稿である。

急転直下の勢いでVaio Yを購入した私であるが、またまた衝動的に車を手放すことにした。いや、たかだかVaio Yの購入資金に事欠いたとか、そういうワケではないのだが、せっかくの低燃費車を月に1度しか乗らないまま残存価値を目減りさせていくのが、どうにも勿体ないし、保険料や駐車場といった維持費をジリジリ削り取られていくのも残念なことだからである。ちなみに、保険料と駐車場代の2ヶ月分で今回のVaio Yの購入資金5万円と同額なのである。

というわけで、さっそくCarviewというサイトにて、一括見積もりの依頼を出してみた。ちなみに、買取会社はカーチス・ユーポス・ガリバーの3社となっていた。

で、驚くことに、査定申込から2分後にはユーポス、10分後にはガリバー、15分後にはカーチスから電話がかかってきて、さっそく実車査定の段取りとなってしまった。
驚くのは、この短時間に電話がかかってきたことである。中古市場はなかなか元気なんだなあ・・・と、ちょっと意外だったりもした。不況下だから新車より中古の方が売れるのは無理なからんことかと。

まあ、私の車が3代目プリウスの走行3000キロ未満という、けっこう新車に近い条件だからかもしれない。ちなみに、プリウスは需要が大きい割に、走行距離が短いものは非常に少ないらしいのだ(走行8万キロなんかザラである)。

というわけで、どんな値段がつくのか楽しみであり、不安だったりもするわけである。。。
posted by tkst at 12:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。