2010年01月31日

ipadは未来を感じる「家電」である

さて、ipadについて「コンセプトが分からん」という意見がネット上でちらほら見受けられる。ワタシも実はそう思ったりもした。
そりゃ、いくらitunesで音楽同様に電子書籍を購入できるとしたって、朝の通勤電車、山手線や最強、いや、埼京線などで、B5サイズのipadで新聞なんか読めるか!っていう気持ちも分かる。(ただ、同じく山手線で新聞紙を広げるよりは現実的だとも思うけどね)

しかし、当のアップルはこのような使い方を提案していない。
アップル社のサイトで広告ビデオを見てもらうと、ビジネスや屋外で使用しているシーンは出てこないのだ。ベッドに寝そべったり、ソファに腰掛けて使用している場面ばかりではないか。
そう、アップルは、「ipadは家で使います」というメッセージを込めているのだと私は考えている。

私が想像するに、アップルはipad1台で、ソニーがロケフリ・PSP・電子ビュワーでやりたいことの全てを実現しようとしているのだ。
例えば、ロケフリ+PSPを使えばPSPでテレビを見ることができる。ただし、PSPの画面は小さいので、とても快適とは言えない。
その点、ipadは個人用テレビとしてかなり十分な画面サイズを持っている。モバイルには大きすぎるが、家で使うならアリという、まさに「ちょうどいい」大きさなのである。

想像してみてほしい。時代が変わっていく。
大画面液晶テレビを家族で楽しむ時代から、ipadを使って自分のスタイルでテレビを楽しむ時代へ。
毎朝、玄関まで新聞を取りに行く・・・という習慣も、ipadで新聞が配信されれば全く変わってくる。膨大な紙資源を節約できる。新聞紙を束ねて廃品回収に出す手間もなくなる。エコの勢いが強烈に後押しするに違いない。
寝そべってネットするならネットブックよりipadである。邪魔なキーボードは使うときだけ表示されればいい。キーボードの存在自体がスタイリッシュとは言えないのだ。そもそも、アップルはキーボードが嫌いなんだし。

というわけで、これだけの可能性を秘めたマシンが4万円ちょっとで買えて、しかも、スタイリッシュでブランド力があるんだから、蜘蛛の子を散らすようにipadを中心としたサービスが広がってもおかしくない。
posted by tkst at 14:56 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。