2016年08月17日

のり巻きキーボード!Rolly Keyboardに関するレビュー

2016.8.17追記

Rolly Keyboardに後継機種が登場しました。


先代モデルとは大幅なモデルチェンジとなり、ファンクションキーを加えた5段配列に変更。
また、タブレットスタンドの幅が狭くなったことで、スマホを設置しやすくなっているようです。
これらの点は良いのですが、日本語の句読点入力が初期出荷時には未対応とのことで、また、キーが増えたことによりキーピッチが狭くなっているようです。これらを踏まえると先代機の方がよかったのかな・・・とも思います。


------------------------------------------------------------------

先日、マイクロソフトのUniversal foldable keyboardを購入したばかりですが、LG電子のRolly Keyboard KBB-700を購入しましたので、写真なども交えてレビューを執筆してみたいと思います。

なお、Universal foldable keyboardに関するレビューは下記URLに掲載しております。

Rolly Keyboardは2015年秋に海外で発表され、アッと驚く「のり巻き」構造で耳目を集めました。国内販売を待ち望んでいた入力デバイスファンも多いのではないでしょうか。
輸入物が2.5万円ほどでネット販売されていましたが、いつの間にか国内正規品がAmazonで販売されていたため、思わずポチッと買ってしまいました。ちなみに、発売されたばかりにも関わらず、Amazonのセール対象になっていたため、通常価格より1600円オフで購入できたのは幸運でした。納期が1〜4週間ということで気長に待つつもりでしたが、実際には1週間以内に手元に届きました。

さっそくですが、製品のパッケージおよび撮って出しの姿は以下のとおりです。噂どおりの「のり巻き」形状であり、キーボードとは思えない外観です。

PC260051.JPG


事前にネットで情報を得ていましたが、質感はかなり高いですね。1万円オーバーのキーボードですから当然と言えば当然かもしれませんが、Rolly Keyboardにはガジェットマニアの所有欲を満たしてくれる艶っぽさがあります。
特殊な形状なので壊れやすいのでは?と心配しておりましたが、剛性に関しては問題無さそうです。表面は樹脂ですが、かなり硬度があります。中央部を踏みつけでもしなければ、そうそう破損することは無いかと思います。

PC260052.JPG


Rolly Keyboardのスタンド部分の拡大です。のり巻きの「芯」の部分から起こしてやります。初回は少し硬かったので折れやしないかと心配でしたが、繰り返すうちにスムーズになってきます。

PC260055.JPG


スタンドにiPhoneをセットしてみました。正面と横からの写真を1枚ずつアップします。
このキーボードの構造上、キーボードの裏側には滑り止めが付いていないため、キーボードを単体で使用すると机の上でツルツル滑って使いづらいことが分かりました。
スタンドにスマホやタブレットを置いた状態の方が、安定感が増して断然使いやすいです。

PC260053.JPG



スマホやタブレットを立てるための「切り込み」はかなり余裕があるため、一般的なケースであれば装着したままでスタンドにセットできるでしょう。

PC260054.JPG



さて、肝心の使用感についてですが、導入時のセッティングに関してはマイクロソフトのUniversal foldable keyboardのような混乱はありませんでした。キーボード上の刻印をたよりに、ペアリングくらいはマニュアル無しでいけるのではないでしょうか。


一方で、のり巻きの構造上、キーボードが4列しかない(通常より1列少ない)ため、数字や長音(ー)がfnキーとの組み合わせになります。さらに、@(アットマーク)や丸括弧はfnキーとshiftキーとの同時押しが必要となり、こうした記号や数字を多用する文章の入力においては、ブラインドタッチが困難となる場面も多いでしょう。また、方向キーや鍵括弧のキー配列も独特です。これらの点は確実にストレスとなります。

また、同じく構造上の問題として、縦のキーピッチが通常のキーボードよりも広いため、使い始めは違和感がありますし、それによるタイプミスも起こりうると思われます。


上記のような欠点はあるものの、なんといってもRolly Keyboardの利点はスタンドが一体化しているところです。カバンにこれ一台を放り込んでおくことで、外出先でのちょっとした空き時間に書き物ができるという点は、他に代え難いメリットと言えるでしょう。

もしもスタンドは別途でも構わないのであれば、ロジクールのウルトラポータブルキーボードを購入した方が間違いありません。こちらは店頭で実機を試しましたが、打鍵感もまずまずですし、キー配列も標準的です。


最終的な理想としては、ポメラがDropboxと完全にシンクロしてくれれば完璧なのですが、それができない現状、モバイルキーボード探しの放浪は続くでしょう。以上、お粗末ながらレビューでした。
posted by tkst at 18:00 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニッケアー使用歴15年目のレビューと選び方(まとめ)

私の日常生活に欠かせない電動デバイスとは?
そう問われれば、間違いなく「ソニッケアー」を挙げるだろう。
わざわざ紹介するほどマイナーではないと思うが、Philips社製の電動歯ブラシである。





さて、なぜ私がソニッケアーにそこまで心酔しているかというと、ザックリと以下の3点を挙げることができるだろう。
1.歯磨きするのに手が疲れない
2.手で磨くより遥かにパワフルである
3.ソニッケアーを使用している間、虫歯にならなかった!

ちなみに、諸事情あって1年ほどソニッケアーを使えなかった時期があったのだが、見事に奥歯が虫歯になってしまった。

そんな超愛用アイテムであるソニッケアーが、突然、なんの前触れもなしに寿命を迎えてしまったのだ。
いつものビィーーーーーンという強力な振動音もせず、歯に当ててみても動いてくれない。
さすがに6年も使い倒せば仕方ないか・・・ということで、迷うこと無く買い替えることを決めた私だった。

しかしながら、ネットで調べたところ、ソニッケアーにはいくつもシリーズがあって、どうにも違いがよく分からない。
機能も価格もそれぞれ微妙に違うので、その微妙な違いを調べるのに苦労した。

というわけで、簡単にシリーズの違いをまとめてみた。

まず、ソニッケアーには大まかに以下の3種類がある。
フレックスケアー(Flexcare)
ヘルシーホワイト(Healthywhite)
イージークリーン(Easyclean)

最後のイージークリーンについては、名前からも連想されるとおり、最も廉価な製品である。
上位モデルと違ってバッテリーも弱いし、振動や音も激しいため、わずか3千円ほどの価格差であることを考えると、選択肢として避けておいた方が無難かと思われる。
付属品を除く上位モデルとの違いは、外観、歯磨きモード、残量インジケーターの3点である(コールセンターに確認済み)。(2013年12月2日追記)
ただし、もっとも重要な点、つまり、ちゃんと歯磨きできるのか、という点については、この製品でも必要十分かと思われる。
ポイント:チープな外観が気にならなければイージークリーンを推奨

問題なのがフレックスケアーとヘルシーホワイトの違いであり、この両者は価格差も微妙であり、販売店によっては価格が逆転しているところもある。なお、両製品の差異は微妙なのだが、いちおうフレックスケアーが最上位機種らしい。(2011年10月追記:最上位機種としてダイヤモンドクリーンが発売されました。詳細は末尾にて)
そういうわけで、フレックスケアーとヘルシーホワイトについて、以下に総括してみたい。
結論から言うと、フレックスケアーとヘルシーホワイトの違いは、「歯磨きモード」の種類である。

フレックスケアーとヘルシーホワイトの歯磨きモードは同じく3種類であるが、前者は「クリーン・センシティブ・マッサージ」、後者は「クリーン・センシティブ・クリーン&ホワイト」の3種類である。
ちなみに、フレックスケアーには「フレックスケアープラス」という上位モデルがあり、上記の3種類に加え、「ガムケアー」及び「リフレッシュ」という2つの歯磨きモードが搭載されている。
また、ヘルシーホワイトには廉価版もあり、こちらは「センシティブ」が省かれている。(このヘルシーホワイトの廉価版が私のイチオシ)

ここまでお読みいただければおわかりかと思われるが、フレックスケアーとヘルシーホワイトについては、せいぜい歯磨きモードの数くらいしか違いが無いのである。
そして、私自身の経験からも、歯磨きモードはクリーンの一択であり、最もパワフルに磨いてくれるクリーン以外の歯磨きモードは使用しない。
なぜなら、クリーンよりもパワーを抑えたセンシティブを使うくらいなら、替えブラシも安価でパワーも控えめな国産電動歯ブラシを使ったほうが良いからである。
ソニッケアーの最大の魅力はそのパワーであり、ソニッケアーを使う上では、最もパワフルなクリーンモードさえ使えれば必要十分なのである!

また、フレックスケアーには除菌BOXを付属したモデルもあり、歯ブラシ部分を除菌してくれる設計だ。ちなみに、一般的にこのモデルの価格が最も高いようである。



以上のことから、私が購入したのは、最下位モデルのイージークリーンは避けつつ、最もリーズナブルなヘルシーホワイトの廉価版(Helthy White HX6711/05)である。

歯磨きモードは2つしかないものの、私は常時フルパワーで磨ければOKな人間なので問題は無い。繰り返すが、値段が3〜4千円高く売られている上位モデルとの違いは、歯磨きモードの数が1〜2種類少ないことと、トラベルケースやら替えブラシやらの付属品が無かったりする程度だ。
3千円あれば替えブラシが4本買えるので、このモデルが最も経済的かつ最大効率かと思われる。




そして、数千円の違いしかないなら、とりあえず一番高いのにしとく!という大人買い思考の方ならば、除菌BOXも付いたFlex Care+ HX6972/10を選択することになるだろう。

参考)ソニッケアー モデル別比較
http://www.sonicare.jp/products/comparison/

+++++++++++++++++++++++++++

2011年10月9日追記

Sonicare Diamondclean登場!

過去記事にてSonicareの最上位製品はFlexcare Plusだと紹介したが、最近になってDiamondclean(ダイヤモンドクリーン)なる新商品が登場した。



ダイヤモンドクリーンの特長は以下の2点である。
1)歯磨きモード
クリーン・ガムケアー・センシティブ・ホワイト・ポリッシュの5種類。
なお、従来の最上位機種であるフレックスケアープラスは、クリーン・ガムケアー・センシティブ・マッサージ・リフレッシュの5種類であった。
種類数は同じだが、ホワイトとポリッシュが新登場ということになる。

2)付属品の充実
・お洒落なグラス型充電器
・USB充電可能なトラベルケース(家庭用コンセントもOK)

グラス型充電器については見栄えだけのメリットかと思うが、トラベルケースについては、「ケースにソニッケアーを収納したまま」充電することができるようだ。ちなみに、これまでのソニッケアーでは、充電スタンドに立てなければ充電できなかった。
このトラベルケースによって、職場のデスクでも目立たずに充電することができる。つまり、職場常備用として使える初のソニッケアー製品なのだ。

とはいえ、基本性能的には(歯磨きモード以外は)フレックスケアーと変わらないので、シリーズの中で私のイチオシは、価格と性能のバランスに優れたHelthy White HX6711/05で変更無し。

また、Diamondcleanの登場にあわせて、歯ブラシにも新シリーズが登場した。
発売元のPhilipsの説明によれば、「毛先をひし型にカットすることで、毛量が従来製品より44%増加した」ということである。
価格的には従来品(プロリザルツ替えブラシ)の1.5倍というところで、4本セットで4,500円程度で販売されている。
なお、従来品も並行して販売されているので、出費を抑えたい方はそちらをどうぞ。




+++++++++++++++++++++++++++

2012年2月26日追記

Sonicare エアーフロス登場!

従来、Sonicareと言えば電動歯ブラシを意味するものであったが、その亜種とでも言うべきか、歯間ブラシ(フロス)の電動版がPHILLIPSから発売された。
ノズルの先端を歯間あてて、時速70キロの高速水流でシュッと汚れを除去する仕組みだ。
手磨きに比べ2倍の歯垢除去効果があり、Sonicare歯ブラシとの併用で66%の効果向上が見込めるとのこと。

ソニッケアー エアーフロス 電動デンタルフロス HX8111/12

head_features.png

複数の製品がラインナップされているSonicare歯ブラシと違い、フロス専用は本製品だけなので、どれを買おうか迷うことはないだろう。
ただし、他メーカーからも同種の製品が発売されているので、参考までに紹介したい。
ウォーターピック社のウルトラウォータージェット WP100J-50である。
ちなみに、ウォーターピック社はアメリカに本部を置く口腔洗浄器メーカーで、本製品では世界的に高いシェアを持っており、一般家庭用としても複数の製品群をラインナップしている。
そういう意味では、Sonicareのウォーターフロスの方が、むしろ新参者と言えよう。

ウォーターピックの製品には、以下の写真のように、据え置き型とコードレスタイプがある。
両製品の違いは米国公式サイト(http://www.waterpik.com/)を見ても分からなかったが、常識的に考えれば、電源と水タンクの大きさが一番の違いだろう。
据え置き型は電源がコンセントから直接供給されるので、バッテリー駆動よりも強力である。
また、水タンクが大きければ、延々と水流を噴射させることができる。コードレスタイプは水タンクが小さいので、Sonicareエアーフロスと同様に、瞬間的にプシュッと水を噴射するのだろう。
また、日本では珍しいが、50Hz製品と60Hz製品が併売されている(50Hz/60Hz共用ではない)ので、住所によって購入時には注意しなければならない。





さて、私自身、電動フロスは使ったことがないので良し悪しを評価することはできないが、Amazonのレビューによれば、ウォーターピックの評価は非常に高い。
いまはマイナーな製品であるが、今後は徐々に市民権を得ていくのだろうか。


+++++++++++++++++++++++++++

2013年6月11日追記

ソニッケアーコール(0120-418-608)に表題の件を質問してみたのでシェアします。
質問内容は以下の3点です。

質問:付属品と搭載モード以外で、ヘルシーホワイトとイージークリーンの性能の違いについて教えてください?

搭載モードを除けば、バッテリーの容量など本体部分の性能に違いはありません。外観が異なるくらいです。

質問:ヘルシーホワイトの新製品であるHX6701について、既存製品であるHX6732、HX6711とどの点が異なるのでしょうか?

HX6711と同様の製品です。販売経路が増えたことから、新たな品番を設けました。

質問:イージークリーンの新製品であるHX6531について、既存製品であるHX6520、HX6511とどの点が異なるのでしょうか?

大きな違いは、紫外線除菌機能付き充電器が付属する点です。なお、HX6520とHX6511は販売経路の都合から品番が異なりますが、同様の製品です。
posted by tkst at 12:00 | Comment(3) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。