2013年12月30日

2014年の手帳 ガントチャートダイアリー

今年も残すところ3日となりましたが、ようやく2014年度の手帳を購入しました。

Ganttchart Diary 2014です。

おそらく初耳の方が多いのではないでしょうか。
わたしも今日の今日まで、その存在すら知りませんでした。
手帳の種類に関してはそれなりに博識を自認していたのですが、まだまだレアな代物があるものですね。。。
ちなみに、この手帳をネットで検索してみても、メーカーサイト以外はほとんどヒットしませんでした。
残念ながら、よほど使用者が少ないということでしょう。

ガントチャートダイアリー(メーカーサイト)
http://www.apj-i.co.jp/special/2014diary/2014diary_gantt_chart.html

それでは、わたしがこの手帳を選んだ背景などに触れつつ、ガントチャートダイアリーの特徴を紹介して参ります。駄文ですがお付き合いください。

gntt01

上の画像でも分かるとおり、マンスリーの手帳です。
特徴的なのは、2種類のマンスリー、すなわち、月間ブロックとガントチャートにより構成されているという点ですね。
月間ブロックのみのマンスリー手帳はたくさん売られていますが、ガントチャートは珍しい。生産性手帳のジャバラ式のものが、ガントチャート式に使えたように記憶していますが。

今回、そもそもガントチャートを探していたわけではありませんでした。
ここ3年ほど見開き2週間タイプの手帳を使用していたのですが、2014年はマンスリーにしようと思い、あれこれ物色していたわけです。
この手帳に出会うまでは、キャンパスダイアリーやマークスのノートブックカレンダーなどを候補にあげていましたね。(ただ、愛用のカバーノートがA5なので、マークスは微妙に小さいのが難点でした)

これら大手メーカーによる定番製品ではなく、ガントチャートダイアリーを購入した理由は、紙の質感がしっくりきた、という点が大きいですね。
手触りからして、違いがはっきりと分かります。キャンパスノートダイアリーが「つるつる」なのに対して、ガントチャートダイアリーは風合いのある手触りですね。

また、月間ブロックに罫線が入っているのもいいですね。わたしは午前中の予定は上半分に、午後の予定は下半分に記入するので、罫線があると助かります。
画像では見づらいですが、罫線上に等間隔でドットがプリントされています。このあたりの芸の細かさも、作り手のこだわりを感じさせますよね。いまのところ、ドットの使い途は考えていませんけれどもね。

さらに外観ですが、ガントチャートダイアリーはハードカバー仕立てでモレスキン風の高級感がありますね。
価格は819円(定価)と手頃なので、これはお値打ちだと思います。

製品名は「ガントチャートダイアリー」ですが、月間ブロックだけでも価値ありです。

もともと月間ブロックの手帳を探していたのでガントチャートは不要でしたが、使わないのはもったいないですよね。あるからには使いたい。
ここにきて、どのように月間ブロックとガントチャートを使い分けるか、という新たな悩みが出てくるわけです。

そこで、月間ブロックとガントチャートの特性を以下のように分析してみました。

[月間ブロック]
・日付や時間を指定された予定の管理に適している
・自分自身の予定を管理するのに適している

[ガントチャート]
・期間だけが指定された予定の管理に適している
・組織の予定を管理するのに適している
・分類可能な予定の管理に適している(プロジェクトやメンバーなど)
・予定だけでなく、記録を残すという使い方も可能(売上、勉強時間など)
・残念ながら、すべての予定をガントチャートで管理するのは困難

ガントチャートの特徴の中で、重要なのは「分類」ですね。
プロジェクト別、メンバー別、店舗別など、分類することが前提となります。
その一方で、分類不可能な予定を書き込むのには不向きです。
たとえば、健康診断とか、定例会議とか、飲み会とか、いろいろありますよね。
それらを「雑件」や「会議」として分類化するのも一手ですが、そもそも分類とは体系的に行われるべきものですし、無節操に分類を増やしても分かりづらくなるだけです。

あまり複雑なプロジェクト管理には向かない。
ガントチャートは「プロジェクトの工程管理に適する」と言われていますが、あまり複雑なことを手書きの手帳で管理するのは不可能でしょうね。
高度なプロジェクトであるほど、工程ラインが多く、依存関係も複雑です。計画変更も日常茶飯事となります。
また、個人の手帳では組織で共有することができません。
本格的なプロジェクト管理には、専用ソフトやExcel、Visio等を使うべきです。

この記事を書いたおかげで、だいぶ頭の中が整理されてきました。
これまで(2013年)まで手帳に書いてきたような事柄は、月間ブロックに記入します。
そのうえで、ガントチャートは部下のマネジメントに使います。
部下のマネジメントといっても、なんでもかんでも書くわけではありません。
せいぜい、有給休暇などの労務管理や、上司として進捗を把握しておきたい業務に限定するつもりです。

・・・とつらつら書きつつ、おしまいです。

最後に。あまり売れないと絶版になってしまうので、みんな使って!

posted by tkst at 06:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

2014年ヨドバシカメラ福袋の中身を予想する

早いもので今回で4年目となる、ヨドバシカメラの福袋予想。
2014年最初の運試し、吉と出るか凶と出るか?


y2014

さて、2014年福袋は12月19日AM9:00にネット予約が解禁されたものの、わずか数分で完売してしまった。
筆者を含め、ネット予約で撃沈した方は、新年早朝から店頭で行列を作りましょう。

なお、ヨドバシ福袋に関する過去記事は以下のとおり。

2013年福袋の予想
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/309227756.html
2012年福袋の予想
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/242579698.html
2011年福袋の総括
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/178216137.html
2011年開封速報
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/177928956.html

さて、前置きが長くなったが、2014年の福袋は以下の22種類である。

ミラーレス一眼の夢/20,000円
一眼レフデジカメの夢/30,000円
アクションカメラの夢/30,000円
デジカメの夢/5,000円
デジカメの夢プレミアム/20,000円
バラエティ家電の夢/10,000円
ビューティー家電の夢/10,000円
クッキング家電の夢/5,000円
ブルーレイレコーダーの夢/35,000円
ブルーレイレコーダーの夢プレミアム/50,000円
デジタルオーディオの夢タッチ/25,000円
デジタルオーディオの夢ワイヤレス/15,000円
お風呂テレビの夢/10,000円
国内ブランドノートパソコンの夢/50,000円
海外ブランドノートパソコンの夢/9,800円
タブレットパソコンの夢Windows/20,000円
タブレットパソコンの夢iOS/20,000円
アンドロイドタブレットの夢/9,800円
腕時計の夢メンズ/10,000円
腕時計の夢レディース/10,000円
アイカツの夢/7,000円
トミカ・プラレールの夢/5,000円

22種類というのは、私の知る限り過去最多のバリエーションとなる。
2012年が10種類、2013年が19種類と年々増加の傾向にあり、ヨドバシカメラの意気込みがうかがえる。
2014年のラインナップの特徴として、デジカメ箱の細分化、バラエティ家電とクッキング家電の二本立て、男の子・女の子オモチャ箱の個性化が挙げられよう。
このような傾向を踏まえつつ、さっそく「中身」の予想に入りたい。

お得袋の筆頭は今年も「タブレットパソコンの夢iOS」
昨年度、お得袋の筆頭に挙げたのが「タブレット端末の箱」。結果は予想どおり、iPad Retina 16GBを中心に、バッファロー製iPadケースと液晶保護フィルムが詰められていた。ポイント還元も無いiPad(定価42,800円)が実質27,000円(価格30,000円−10%還元)で手に入るのだから、しかも、かなり高確率で中身を予測できたわけだから、購入できた人は大勝利と言って良いだろう。

さて、アップル箱の2014年の予想だが、今回は商品名称が「タブレットパソコンの夢iOS」に変更となり、中身がApple製品であることが明記された。
そして、価格も30,000円から20,000円に変更になっている。現行販売機種で最も安価なのが旧iPad mini(31,800円)なのだから、そもそも損のしようがない。

具体的な中身の予想は、今年もiPad Retina 16GBを本命に、次点として旧iPad miniを推すことにする。
根拠として、最新機種のiPad Airが51,800円と高価であること、iPad mini Retinaが品薄であること、2世代前のiPad2はさすがに無いだろう、ということである。
そうなると、「去年と中身は同じ(iPad Retina)だけど、1万円安くしときます」というのは理屈に筋が通る。次点に押した旧iPad miniは、販売価格とのバランスが良い。
どちらにせよ、実質18,000円で手に入るんだから、お得でしょ!

一方で、アンドロイドタブレットの夢は昨年と同じく9,800円の価格設定。
昨年はAcer Iconia Tab A200(価格コム最安値約18,000円)、Asus Eee Pad TF101-WiMAX(同22,000円)であった。
今年も福袋価格の2倍程度のアンドロイドタブレットが入っているものと予測し、ASUS MeMO Pad HD7やAce ICONIA A1-810あたりだろうか。

タブレットパソコンの夢iOS ⇒本命:iPad Retina 16GB、次点:旧iPad mini
アンドロイドタブレットの夢 ⇒ASUS MeMO Pad HD7、Ace ICONIA A1-810

安定感抜群のブルレコ箱
毎年のように安定感抜群のブルレコ箱。2013年は35,000円の価格設定に対し、Sony BDZ-AT950WとパナソニックDMR-BZT720という内容だった。どちらも2013年1月時点の価格コム最安値より実質1.5万円程度安く買えたことになる。

一方、2014年度のブルレコ箱は、昨年と同様の35,000円設定に加え、上位ラインとして「ブルーレイレコーダーの夢プレミアム/50,000円」が販売される。
予想としては、プレミアム箱にSony BDZ-ET2000、パナソニックDMR-BZT730、35,000円箱にSony BDZ-EW2000、パナソニックDMR-BWT530を推す。
どちらも型落ち製品かと思われるが、ここ数年、新機能が頭打ちのジャンルだけに、さしたるデメリットは感じないだろう。(BDZ-ET2000については、最新機種のET2100が、一世代前のET2000よりスペックダウンではないかという批判もあるほど)

ブルーレイレコーダーの夢 ⇒Sony BDZ-ET2000、パナソニックDMR-BZT730、
ブルーレイレコーダーの夢プレミアム ⇒Sony BDZ-EW2000、パナソニックDMR-BWT530

お得かは知りませんが、その他の箱について
上記のとおり、2014年福袋で絶対的にお得なのはiOSタブレット、お得感は控えめだが手堅いのはブルーレイレコーダーである。
それ以外の福袋については、そもそもお得感が目的ではない箱(家電箱など)や、お得かもしれないがリスクが高すぎる爆弾箱(パソコン系)である。
以下、個人的な予想とともに、参考まで2013年度の開封速報サイトをご紹介する。

デジタルオーディオの夢タッチ/ワイヤレス
2011年以来3年ぶりの復活となるデジタルオーディオ箱である。ラインナップは25,000円のタッチと、15,000円のワイヤレス。
デジタルオーディオは有名無名をあわせると星の数ほど製品があるので予想は難しいが、「タッチ」と「ワイヤレス」という言葉から、ソニーの現行製品だと確信。

y2014-2

これにアクセサリー類が付いて、ヨドバシで普通に買うより5,000円〜7,000円程度安く買えるような計算だろうか。
これらの製品は2013年秋にモデルチェンジしたばかりで、次回のモデルチェンジは約1年後である。値下がりのペースも緩やかなので、まあまあ「アリ」なのかもしれない。
ただし、ソニー製品である保証も無く、色も選べないリスクを含めると、お得とは言いがたい。

デジタルオーディオの夢タッチ ⇒NW-F886
デジタルオーディオの夢ワイヤレス ⇒NW-M505

アクションカメラの夢
2014年に初めて登場する福袋である。アクションカメラは2013年にややブレイクしており、ヨドバシカメラの店頭でも目立つ位置で展示していますね。
製品種類は少ないので、中身の予想は比較的容易かと思います。

アクションカメラと言えばGo Pro(ゴープロ)が定番です。ハウジングケース付きのCHDNH-302-JPあたりが可能性として高いのではないでしょうか。

 

y2014-3

ただ一つ気になるのは、ヨドバシのビデオカメラ福袋はビクターが大好きだということ。損失確実の屑袋として度々批判を浴びてきました。
そうなると、可能性としては、ビクター GC-XA2も覚悟しておかなければなりません。

y2014-4

アクションカメラの夢 ⇒Go Pro CHDNH-302-JPなら普通に満足。ビクター GC-XA2なら泣こう。

一眼レフデジカメの夢
ヨドバシでは定番の福袋ですね。ここ数年、ニコン製エントリー機のレンズセットが定番となっており、安心感と共にお得感もあります。
2013年はD3100 18-55VRレンズキットであったことを踏まえ、2014年度はD3200 18-55VRレンズキットと予測します。2011年もD3000だったので、ここは手堅いのでは。

一眼レフデジカメの夢 ⇒D3200 18-55VRレンズキット

お風呂テレビの夢
2014年初登場の福袋ですね。お風呂テレビと言えば、これはもうパナソニックしか思い浮かびません。価格的にもSV-ME580あたりではないでしょうか。予想的中なら、今回発売される福袋の中でもトップクラスのお買い得だと思います。

y2014-5

お風呂テレビの夢 ⇒SV-ME580

タブレットパソコンの夢Windows
こちらも2014年初登場。今年はマイクロソフトのSurfaceを皮切りに、Windows搭載のタブレット機がブレイクしましたね。
この12月にはAtom搭載の8インチタブが次々と発売されますが、これが入っているならば喉から手が出るほど欲しい神袋です。
しかし、現実問題、それは困難でしょう。いまパソコン業界で最も動きが激しく、裏返せば陳腐化も早いジャンルですから、わざわざ型落ち製品をつかまないように用心すべきでしょう。

タブレットパソコンの夢 ⇒地雷袋として予想

バラエティ家電の夢・クッキング家電の夢
名称が毎年変更されるのが家電箱です。2011年はバラエティ家電の夢、2012年は家電小物の夢、2013年はキッチン家電の夢(店頭ではバラエティ家電?)という名称で販売されました。
家電箱の傾向として、名称は変わるけれども、中身は似たようなものが詰まっていたということ。モッフルメーカー、クリンスイ、ティファールの電子ケトルなどは定番でした。

そして2014年度はなんと、バラエティ家電とクッキング家電の二本立てです。
これまで家電系福袋はクッキング家電を中軸とした構成だっただけに、バラエティ家電がどのようなものになるのか楽しみです。

こまごまとした中身が多いので予想はできませんが、代わりに昨年までの中身について参考サイトをご紹介します。

2013年バラエティ家電の夢/ロケットニュース
http://rocketnews24.com/2013/01/01/281912/

出雲式福袋の中身掲示板
http://fukubukuro2013iz.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=4101766

NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2135702388362861301?&page=1

最後に、予想のまとめです。
◎誰もが得する神袋
◯大当たりではないがバランスがとれており、古き良き福袋
◇そもそも損得など期待しない、童心に帰るための純情袋
▲あえて買う理由が見つからない無情袋
★神袋なのか紙袋なのか、神、いや、ヨドバシのみぞ知る(2014年度は該当無し)
/高望みは危険な地雷袋

▲ミラーレス一眼の夢/20,000円
◯一眼レフデジカメの夢/30,000円
▲アクションカメラの夢/30,000円
◯デジカメの夢/5,000円
▲デジカメの夢プレミアム/20,000円
◇バラエティ家電の夢/10,000円
◇ビューティー家電の夢/10,000円
◇クッキング家電の夢/5,000円
◎ブルーレイレコーダーの夢/35,000円
◎ブルーレイレコーダーの夢プレミアム/50,000円
▲デジタルオーディオの夢タッチ/25,000円
▲デジタルオーディオの夢ワイヤレス/15,000円
◯お風呂テレビの夢/10,000円
▲国内ブランドノートパソコンの夢/50,000円
▲海外ブランドノートパソコンの夢/9,800円
/タブレットパソコンの夢Windows/20,000円
◎タブレットパソコンの夢iOS/20,000円
▲アンドロイドタブレットの夢/9,800円
◇腕時計の夢メンズ/10,000円
◇腕時計の夢レディース/10,000円
◇アイカツの夢/7,000円
◇トミカ・プラレールの夢/5,000円

posted by tkst at 12:26 | Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

5年保証付いとるやんか!

信じられん失態だ!

先日、我が家のBDZ-AT700が故障し、BDZ-ET1100を購入したことについて記事にしたばかりだけど、ショッキングな事実が発覚。

BDZ-AT700に5年保証付けとったーーー!

warant1212

AT700をヨドバシで購入したとき、5年保証に加入してた。
保証期間かつ自然故障なので、おそらく費用負担無しで修理できる。
これを覚えとったらET1100は買わんかったろうね。

仕方ないので、BDZ-AT700は修理完了後にヤフオクで処分するか。。。

posted by tkst at 13:38 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

HDDレコが壊れたのでBDZ-ET1100を緊急購入

3年ほど使ってきたソニーのHDDレコーダー(BDZ-AT700)が急逝されたため、最新機種に買い換えることにしました。

call1202

毎日使うものなので再上位機種を買いたいところですが、ソニーのHDDレコの最上位機種はぶったまげるほど高価なので、2番手ラインのBDZ-ET1100を購入することにしました。

それにしても、3年前に購入したBDZ-AT700に比べ、外部機器との連携がかなり進んでいますね。当時、ソニー製HDDレコは、外付けHDDにすら対応していなかったんですから。iPhoneへのおでかけ転送なんて便利になったものですね(Xperiaならフルセグ対応)。
あと、普及価格帯のHDD容量が増えましたね。3年前のBDZ-AT700は500GBでしたが、BDZ-ET1100では1TBに増加しています。
もっとも、当時としてもHDDの価格は相当下落してましたから、上位機種と下位機種を500GB刻みで作り分けるのってセコくね?とは思っていました(ソニーはつまらないところでユーザーを失望させる会社です。)

ハードそのものの性能向上に限界がありますから、他社の動向を様子見ながら、すこしずつソフト面での肉付けを繰り返しているんですね。(ホントは外付けHDDへの対応なんてやりたくないはず。大容量モデルが売れなくなるから。殿様ソニーはそういう会社です。)

iPad mini retinaを購入したばかりで、しかも12月にはwindowsの8インチタブレットも買おうと考えているので、予定外の出費に滝汗ですが、テレビ録画の機会が多くなる時期なので仕方ないかなと腹をくくりました。(どうせ買い換えるなら、メーカーが勝負をかけてくるであろう、ワールドカップ直前の春夏モデルを買いたいものですが、半年もHDDレコ無しでは生活できませんw)

posted by tkst at 03:00 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする