2013年11月29日

iPad mini retina に液晶保護フィルムを貼った・・・完結編

前回の記事にて、iPad mini retinaモデルにパワーサポートのノングレアフィルムを貼ったところ、画面の滲みに耐えられなかった件についてお伝えした。

というわけで、液晶保護フィルムを光沢タイプに変更することにしたのだが、

iPad mini関連商品は、軒並み、品切れ中だった!

しかし!

その中でも、わりと評判の良さそうな品物を見つけ、早速ポチッとした!

それが!

ミヤビックスのOverLay Brilliant 高光沢タイプだ!

IMG_1054

商品の外観としては、パワーサポートのセレブ感には敵わん。

あと、パワーサポートと違って、ダストリムーバー(粘着シート)やクリーニングクロスのような付属品も無いっすね。

しかしまあ、大切なのは中身でしょう。人と一緒。フィルムも一緒w

では、さっそく貼り付けましょう。

フィルム本体のモノは素晴らしいミヤビックスだけど、貼り付けに関する工夫は無いです。

そこで!

擬似パワーサポート的に、自前で中央にスリットを作ることにしました。

IMG_1055

ちょっと見えづらいかもしれませんが、フィルムの中央に2つの切り込みをいれました。

この切り込みから、フィルムの台紙をピーーーッと割いてやると、

中央にスリットが入るのではないだろうか、という計算でした。。。

しかし、文章では伝わりづらいのですが、うまくいきませんでした。

アイデアは素晴らしいと思いましたが!残念!

この時点でかなり焦りましたね〜。失敗するとは思っていませんでしたから。

自作スリット方式を思いついたときは、自分が天才かと思いましたよ。

失敗するとは思っていませんでしたから。。。

そこで!

セロハンテープで上部を固定する方法を試してみました。

IMG_1056

見るからに、雑な感じですね〜。

とっさの思いつきでトライすると、ロクなことはありません。

言うまでもなく、やらない方がよかったです。

最終的には、打ちひしがれた、満身創痍の心境で、もっとも原始的な方法で貼りました。

いったん、台紙を全て取り外し、ホームボタン部分と、上側右隅とで位置合わせをし、一気に貼り付けるという方法ですね。

この位置合わせの方法はオススメですよ。

ちなみに、製品付属の説明書によれば、上端から少しずつ台紙を剥がしながら貼り付ける方法が記載されていましたが、これは位置合わせが困難なのでオススメしません。

あと、気泡抜きは、指厳禁!面倒でもクレジットカードを準備して!

とにかく液晶保護フィルムの貼り付けは、いかに手数を減らすかが肝心です。

手数が増えるほど、ダスト混入のリスクは高まるし、フィルムも痛みます。

というわけで、いろいろありましたが、奇跡的に気泡無しでフィルムを貼れました。

めでたし、めでたし。。。

posted by tkst at 09:01 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

iPad mini retinaにパワーサポートのノングレアフィルムを貼った、が・・・

配送予定日より1日遅れましたが、ついに・・・

iPad mini retinaが届きました。

いやはや、我が家のiPad2もかれこれ2年選手ですから、

ようやく後任が来てくれました。

さて、iPad miniの到着を待ちわびていたのは私だけではありません。

それが彼ら。

ずん。

IMG_1053

パワーサポートのノングレアフィルムと、エレコム社のシリコンケース君ですね。

パワサポさんはiPhoneでもお世話になってますが、信頼できる液晶保護フィルムです。

フィルムの品質はもちろん、貼りやすさにも工夫があり、しかもパッケージの高級感が

パネエ

そんな感じなんですよね。大好きです。

エレコム君は・・・どうですかね。ほんとは純正のsmart caseが欲しいんですが、

今回のiPad miniは子供のオモチャとして買った側面もあるので、

落下に備えてシリコン製が無難かなと。

そこで、新型iPad miniに対応していた数少ないシリコンケースがエレコム君でした。

さて、エレコム君の紹介に行数を浪費するのは止めましょう・・・。

今回はパワサポ製ノングレアフィルムの使用感に関するレポがお題でしたので。

ここから本題!

パワーサポートのノングレアフィルムですが、貼り付けは完璧でした。

フィルム中央にあるスリットのおかげですね。位置合わせが容易なんです。

通常、位置合わせに手間取ると、何度も貼っては剥がすうち、

フィルム表面にダストが吸着してしまう。これが気泡の原因になる。

つまり、フィルム貼り付け成功の秘訣は、位置合わせを一発でキメること。

あと、フィルムにある程度のコシがある方が貼りやすいですね。

電子機器やフィルムの表面は静電気の温床ですから、

フィルムがフニャフニャだと、意図せぬ位置で吸着してしまうワケです。

さて、無事にノングレアフィルムを貼ったわけですが、

残念ながら早くも別のフィルムに貼り替えることを決意しました。

はじめから理解してはいたことですが、ノングレアの特性として

画面が滲む(にじむ)んですよね。

iPad miniは顔に近い位置で画面を見ますから、滲みが余計に

気になるわけです。

結局、使用後数分で耐えられなくなり、光沢フィルムに貼り替える

ことに決めたのです。

ただ問題は・・・iPad mini関連製品が品薄なんですよね。

amazonで検索したところ、パワーサポートの光沢フィルムは

1〜3週間待ち、とのこと。

さてさて、どうしたものか。

ええい、このままハダカ、裸族でiPad miniを使ってみようか?

もう少し悩むことにします。。。

posted by tkst at 08:13 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

iPad mini 64G(ブラック)を注文した件

いきなり来ましたね。

神出鬼没というか、いつもながらのアップルサプライズです。

11月12日の夕方、ヤフーニュースで予約開始の報を知るや、
待ってました、とばかり、公式ストアで注文しました。

16GBのみ1-3日で出荷、それ以外は5-10日で出荷とのこと。

さすがに、ネットしか見ません、Webアプリやクラウドで完結します、
という割り切りが可能な人でなければ、16GBではツラいですよね。

発売当日の13日、いちおう予約はしたものの、当日在庫が無いかと
ヨドバシカメラを突撃しました。
やはり、16GB以外は在庫切れでしたね。
店員氏に聞いたところ、昼過ぎには売り切れたとのことでした。

現在11月15日、依然としてアップルストアから出荷の連絡は無し。
ヨドバシカメラの店舗では17日受取り分の予約を行っている模様。
明日、再度ヨドバシを訪問するべきか・・・迷う。

さて、本体すら手に入れてない状況ではあるんだけど、
ケースはどうしよう(^^;

大枚をはたいてアップルのスマートカバーを買うか。
見た目はスマートカバーがベストなんだけど、
風呂蓋は要らないんだよなぁ・・・
いちいち蓋をめくるのも面倒だし。
背面カバーだけ単品で売ってくれないものだろうか。

うう、iPad miniのことを悩んでいたら、
Vaio Tap11が気になってきた。
でも、11インチは大きすぎ。
Tap7.1とかなら、迷わず買いだけど。

いかんいかん、物欲が飛び火しとる。
とりあえず明日ヨドバシに行って冷静になろうw

posted by tkst at 02:34 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

ロッテクールミントガム味の歯磨き粉

これまで特にお気に入りの歯磨き粉があるわけではなく、使い切ってはドラッグストアで買い足してきた。
今回はライオンの「クリニカAdvantage シトラスミント」を購入。
たぶん初めて使うやつなんだけど・・・

hamigaki01.jpg


愛用のソニッケアーのブラシにちょいと付けて、口に入れて驚愕!
このフレーバーは・・・ん?まてよ、まさか!
クールミントガム(ロッテ)の味だ!

cmint_01_l.png


いやー、反則、反則w
これは衛生用品ではない。美味!
これは次回も同じのを買わずにはいられない。
さっそく3個購入してしまった。
amazonだと憎っくき「合わせ買い対象商品」のため、ヨドバシ・ドット・コムで買いました。ヨドバシ・ドット・コムは単価に関わらず送料無料だから有り難いね。

1個11円のダブルクリップだって送料無料っすよ。
clip01.jpg

低単価の商品は「お取り寄せ」であることが多いのは難点だけど、amazonはそもそも低単価商品は取り扱っていないから、ヨドバシ・ドット・コムならではのアドバンテージだよね。
posted by tkst at 01:01 | Comment(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

iPhone5Sを「クリスタルコート」と「バリアパネル」で完全武装

iPhone5Sを購入してから1ヶ月が経過しました。

外観的には前機種から変化が無く、性能面でもマイナーチェンジにとどまりましたが、
地味にTouch ID(指紋認証)が便利すぎますw
指紋認証の精度も素晴らしく、十分に実用的です。
あと、わたしはau使いのため、プラチナバンド対応の恩恵も受けまくりです。
これまで3Gすら届かなかった室内でも、LTEがバリバリ入ります。

さて、最新機種を手に入れたところで、さっそく傷防止グッズを使って、
iPhone5Sを完全武装してみました。(ホントはGILD designのソリッドバンパーも欲しいんだけど、高いので見送り)

まずは恒例の「クリスタルコート」ですね。
ガラス繊維系素材を含んだ液体を塗付することにより、表面素材を問わず、光沢・鏡面処理と帯電防止性が得られるというスグレモノです。
わたしはスマホだけでなく、MacBook Airなどにも、クリスタルコートを使っています。
悪戯でクレジットカードにクリスタルコートを塗ったところ、フローリングの床の上をエアホッケーみたいに滑りまくりましたよ。それくらいスベスベになります。

crystal01

お次は、今回初めて試すんですが、スマホ関連グッズで定評のある、
ラスタバナナさんの「バリアパネルG
ですね。

こちらは液晶保護シールなんですが、これが普通のシールではなくって、
なんと・・・強化ガラス製www
「強化ガラス」という言葉の響きに惚れてしまったのは内緒です。

静圧強度300N、表面硬度9H、光線透過率93%という
正直意味の分からないスペックですが、
とにかく凄そう!ってことで、今回はこちらの製品をセレクトしました。


barrierg01.png

品物を手に取ってみると、たしかに普通のシールよりはコシがありますね。
フニャフニャしてないので、普通の保護シールよりも貼り付けやすいように感じました。

というわけで、たぶん来年秋にはiPhone6が発売されると思うんですが、
それまで大切にiPhone5Sを使っていきたいと思います。

posted by tkst at 11:20 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする