2012年04月27日

ゲーム日記(32)Gravity Daze

ひさびさに凄いアクションゲームをプレイした。
PS Vita用ソフトの切り札として発売されたGravity Dazeである。
テレビCMを含め、どれだけ宣伝広告費を使ったんだ!?と心配になるほど、Gravity DazeにかけられたSCEの期待は大きかっただろう。
キャッチコピーは「重力的目眩」である。
ひととおりクリアしたので所感をレビューすることとしたい。

スクリーンショット 2012-04-26 21.16.36.png


ゲーム内容 ☆☆☆☆☆(満点☆5、以下同じ)
本作は、重力を自在に操れる少女キトゥンを主人公とした、無重力アクションゲームである。
真下はもちろん、横方向や上空へ、「落下する」ような感覚で移動することができる。
上空への落下。これはまさに新感覚だ。
大袈裟に言っているわけではなく、Gravity Dazeをプレイした直後、しばらくの間は、自分の体がフワフワ浮いているかのような錯覚に陥るほどである。

本作のストーリーでは、見知らぬ街で目を覚ました“重力姫”キトゥンが、様々なミッションをこなしつつ、能力を上げながら、“ネヴィ”と呼ばれる敵と戦っていく。
ミッションには、ストーリーを進めるためのものと、ミニゲーム形式のものの2種類があり、後者は3段階の達成レベルが設定されているため、なかなか歯ごたえがある。ついついハマってしまうだろう。

また、ストーリーの随所で挿入されている動画や漫画的な静止画が、非常にカッコイイ仕上がりとなっており、作品の世界観に奥行きを与え、キトゥンをより魅力的なキャラクターとしている。


難易度 ☆☆☆☆☆
ゲームをクリアするだけならば、難易度はそれほど高くないだろう。
仮にボスキャラに負けたとしても、直前からリスタートできるため、投げ出してしまうようなことにはならない。
一方で、上述のとおり、ミニゲームに3段階の達成度が設けられているため、アクション上級者のニーズにも答えられているのではないだろうか。
いわゆるEASYモードなどの難易度設定が無いにも関わらず、絶妙なバランス感は秀逸。


操作性 ☆☆☆☆☆
PS Vitaの新機能をフルに活かした操作性は素晴らしい。
例えば、モーションセンサーを視点操作に使用することで、直感的な操作が可能になっている。
視点操作はPS3のメタルギアソリッドなどと同様に右スティックでも可能だが、モーションセンサーで操作した方が、より操作性が良い。
また、キトゥンには「重力スライド」という能力があり、地面をスキーのように滑ることができるのだが、PS Vitaを車のハンドルのような感覚で操作することになる。
前面タッチパネルを左右の親指で押すとアクセルになり、一方の指を離すとドリフトになり、本体を右に傾けると右カーブといった具合だ。
重力スライドに関しては、十字キーとボタンを使った方が操作性が良いのだろうが、それでは面白さが半減だ。モーションセンサーを使わせることによって、慣れないうちはもどかしさを感じるだろうが、うまく操作できたときの達成感が最高なのだ。その絶妙なバランス感が非常に良い。


総合点 ☆☆☆☆☆
あらゆる意味で「新しい」ゲームであり、また、単に目新しさだけでなく、内容的にも非常にクオリティが高い。
もしもPS Vitaのローンチタイトルとして間に合っていれば、本体の販売台数にかなり影響を与えたことは間違い無いだろう。
PS Vitaへの失望の声も多いが、処分する前にぜひプレーしてほしい作品。
posted by tkst at 01:49 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

ロジテックのLDE-WHDI202TRに大注目

iOSの進化に牽引されてワイヤレス化が急速に進んでいるが、個人的にかなりアツイ新製品が登場した。
ロジテックが発表した「LDE-WHDI202TR」である。
http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLDE-WHDI202TR/

HDMI.jpg

この製品の特徴を簡単に説明すると・・・
・HDMI対応製品間で映像をワイヤレスに飛ばすことができる
・例えば、DVDプレイヤーとテレビを無線接続するなどの使い方が可能
・テレビの設置位置がアンテナ線の位置から開放される

一般的に、画面に映像を出力するためには、機器間をケーブルで接続する必要があるのだが、ここをワイヤレス化してくれるのが「LDE-WHDI202TR」の特徴である。
昨今、携帯電話や無線LANなど、音声・データ通信の世界ではワイヤレス化が急速に進んだが、映像出力端子から映像を“そのまま”ワイヤレスで飛ばすような機器は、これまでほとんど発売されてこなかった(全く無いわけではなかったが)。

上記で“そのまま”と強調したのは、圧縮せずに、という意味である。
USTREAMなどインターネット経由で映像・音声を送受信する手段はあるが、LANの伝送速度では、ハイビジョン画質の映像をリアルタイムで送受信することは不可能だ。
「LDE-WHDI202TR」では「1920×1080p」まで送受信可能とされている。

一方、AVの世界では、映像・音声のクオリティが重視されるため、HDMIケーブル等による有線接続が当然の常識であるため、本製品でのワイヤレス化により、どの程度の劣化が生じるのかは気になる。今後、レビューや口コミが蓄積されてくるだろうから、楽しみに待つこととする。

冒頭でも特徴として記述しているが、室内のアンテナ線の位置を気にせず、テレビを設置するような使い方も可能だ。アンテナ線のそばにブルーレイ録再機を設置し、ブルレコとテレビを本製品で無線接続すればよい。
工夫次第で幅広い使い方が可能なので、このような製品があることを記憶に留めておきたい。
posted by tkst at 09:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

nasneでできること(まとめ)

昨日、SCE(ソニーコンピューターエンターテイメント)から、衝撃的新製品、『nasne (ナスネ)』が発表された。
これまでも有名・無名のメーカーから類似品がいくつか発売されてきたが、総合AVメーカーのソニーが手掛ける製品となると、段違いの利便性を発揮する。

というわけで、『nasne』で何ができるのか、何が物凄いのかに関して、NASやらDNLAという言葉を(なるべく)使わずに、まとめてみたいと思います。

スクリーンショット 2012-04-18 22.11.08.png


nasneとtorneの違いは何ですか?
nasneはtorneの機能を完全に包含します。nasneを購入すればtorneは不要になるということです。

まず、torneについて説明しましょう。
torneとは、PS3専用の外付けTVチューナーと、PS3からTVチューナーを操作するためのアプリケーションの総称です。
ややこしいので、ここ以降は、それぞれ『torneチューナー』『torneアプリ』と書き分けることにします。
この区別が、torneとnasneを理解するうえで大変重要です。

一方で、nasneの主な特徴は以下のとおりです。
1)torneとの共通点
・torneチューナーと同じく、外部機器から操作可能なTVチューナーです。
・torneアプリを使って、録画予約したり、録画映像を視聴します。
・nasneはtorneチューナーの機能をすべて包含します。
2)torneとの相違点
・PS3専用ではありません。PS VitaやVaioからも操作できます。
・それらの外部機器とnasneは無線LANで接続できます。
 ※ただし、PS3とnasneの接続は有線LANが原則とされています
・nasne自体にハードディスクが搭載されていて、nasneに外付けハードディスクを増設することもできます。

なお、従来からのtorneユーザーは、「torneとPS3はセットで使う」という意識が強いと思いますが、nasneはPS3を持っていなくても使えます。nasneはPS3の専用周辺機器ではないからです。

ちなみに、nasneは録画映像以外にも、音楽や写真など一般的な電子ファイルも保存できるため、単機能のAVサーバーではなく、汎用的なデータサーバーとして使用できます。詳細は割愛しますが、NASと呼ばれるPC周辺機器の一種です。


Vaioからnasneを操作できると、何かメリットありますか?
もはやテレパソは不要になります。パソコンにTVチューナーを増設する時代は終わりです。

一世を風靡したテレビパソコンですが、大きな問題点が2つあります。
1つ目は、テレビアンテナのある部屋にしかパソコンを設置できないこと。
2つ目は、PCとTVチューナーが一体であるため、買い替えに伴うコストが大きい。

Vaioとnasneを無線接続すれば、上記の問題点は一気に解消します。
Vaioの画面上で録画予約を行い、nasne内に録画した映像をVaioで視聴できます。
つまり、Vaio本体にはTVチューナーが不要になります。
もちろん有線ケーブルは一切不要。

ソニーのPC直販サイト(Vaio owne made)で、1.5万円かけてTVチューナーを増設するのなら、nasneを購入した方が100%お買い得だと思います。
つまり、従来のテレパソは時代遅れになるということです。
もちろん、nasneに対応するパソコンはVaioのみなので、他のPCメーカーにとっては厳しいでしょうね。


ソニータブレットやPS Vitaと組み合わせるとどうなる?
ソニータブレットをワイヤレステレビとして使えます。
PS Vitaには録画映像をワイヤレスで転送し、屋外に持ち出せます。

ソニータブレットとnasneの組み合わせで、ソニータブレットをワイヤレステレビとして使用できます。
テレビアンテナの無い部屋でもテレビを視聴でき、もちろん、nasne内の録画映像も楽しめます。
大手AVメーカーでワイヤレステレビを発売しているのはシャープの『フリースタイルAQUOS』だけですが、ソニータブレットとnasneの組み合わせで、より安価かつハイレベルなテレビ環境を構築できます。
また、これまでソニー製ブルーレイ録再機とPSPへの映像転送にはUSBケーブルが必要でしたが、nasneからPS Vitaへはワイヤレスで転送可能です。
正直なところ、どこまで便利なのか想像もできません。

nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
ソニー・コンピュータ・エンターテイメント(SCE)
7月19日発売予定 16980円


結局、買いなんですかね?
私はさっき予約しました。7月19日が楽しみです。

とりあえず買って損はないと思います。
冒頭で少し書いたとおり、これまでもnasneに類似のPC周辺機器が同じような価格で販売され、そこそこニーズがあったわけです。
nasneはそのような類似品より、圧倒的に多機能です。
多機能すぎて、魅力を伝えるのが難しいほどです。
posted by tkst at 21:28 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

ニューバランスを2割引で購入する方法

東京靴流通センターなど全国1100店舗を運営する「チヨダ」。
靴の量販店ではABCマートの知名度が高いが、日本最大のチェーン店がチヨダである。

そのチヨダで会員登録すると、常時5%オフ、誕生月には20%オフで購入できる。
ニューバランスの576や996など通常は値引販売しない商品も対象になるため、使い方によっては非常にお得なのだ。
私もさっそく茶革の576を購入した。
通常価格23100円のところ、18K台で入手できてしまった。
ちなみに、会員割引は実店舗のみ利用可で、オンラインショップでは使えないらしい。

会員登録は以下のスマホアプリをインストールするか、店頭でQRコードを読み込むかのいずれかの方法による。なお、QRコード読み込みの場合、アプリのインストールは不要である。

http://www.chiyodagrp.co.jp/app/coupons.html

ちなみに、会員登録時には氏名すら入力不要なのも嬉しいところ。

new balance M576 CD コードバン
posted by tkst at 19:18 | Comment(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。