2011年11月19日

CDラジオZS-R110CPを購入した件

NHK第2放送で英語を勉強しようと思い立ち、ソニーのCDラジオ「ZS-R110CP」を購入した。
本製品は従来のラジカセからカセットデッキを省き、記録メディアにフラッシュメモリ(USBとSDカード)を採用した、新しいタイプの録再機である。

実は、ZS-R110CPを購入するにあたっては、個人的かつ内面的にかなりの葛藤があり、イマドキのネット環境を活用すれば、ラジオ専用機など買う必要無いんじゃね?などと思ったりもした。
そう思ったりもしたのだが、結果的にラジオを単体で購入した方が圧倒的に使い勝手が良いだろうという判断に至った。
その経緯を含めて記してみることとしたい。

radiko.jpと「らじるらじる」
すでにご存知の方も多いかと思うが、イマドキのネット環境を活用すれば、電波受信より遥かに高音質でラジオ放送を楽しむことができる。
それが民放系のradiko.jpとNHKによる「らじるらじる」である。

radiko.jp
http://radiko.jp/#

らじるらじる
http://www3.nhk.or.jp/netradio/

会員登録など面倒なことは一切ナシ。すぐに視聴できるので、未体験の方がいれば可及的速やかに試してみてもらいたいのだが、本当にベリーナイスである。
これまでラジオを聴く習慣など無かった私が、いまではネットサーフィンしながら、また、こうした文章を書きながら、ラジオ番組を楽しんでいる。
いまから十数年前に「見えるラジオ」という製品が登場し、これは放送中の番組情報をラジオ端末に表示する機能を搭載したものであったが、私の知らぬ間に遙かなる高みへと到達していたようである。

しかし、完璧に思えたネットラジオであったが、唯一の欠点は「録音ができない」という致命的な欠点であった。
ラジオで語学学習をするにあたっては、タイマー予約は必須の機能だからである。
というわけで、「らじるらじる」をタイマー予約できるソフトが無いかと探したところ、あっさりと見つけてしまった。海外製であるが操作は簡単、Audio Hack Proである。

Audio Hack Pro
http://www.rogueamoeba.com/audiohijackpro/

このソフトでタイマー設定しておけば、ブラウザを閉じた状態からでも録音することができる。
ネットでググればマニュアルも見つかるので、操作面でさほど苦労は無いだろう。
シェアウェアなので使用には32ドルかかるが、10分までの録音ならフリー版で試すことができる(10分以上録音しようとするとノイズが入る仕組みだ)。

実際にAudio Hack Proを使って、無事に「らじるらじる」で語学番組をタイマー録音することができた。
ただし、欠点として、録音終了後もラジオが流れっぱなしなのであった。
この欠点については別のソフトを活用することで解消できるとの情報もあったが、この時点で私のアタマは思考停止してしまった。ギブアップである。

このような紆余曲折を経て、結果的に私はZS-R110CPを購入した。
専用端末ならタイマー録音など造作も無いことであるし、語学学習に不可欠な「数秒バック」機能もある。
語学学習という大義を実現するためには、1万円チョイの出費を躊躇ってはいけないのだ。

でもまあ、今回の経験を通じてradiko.jpと「らじるらじる」の便利さを知ることができたのは、私にとって大きな収穫であったのだった。

以下、写真でプチレビュー

IMG_0054.jpg

ソニースタイルで購入。13+5%クーポンを使い、アンダー1.5万円で購入!


IMG_0055.jpg

外箱はシックなデザイン。中学時代に買ってもらったパナソニック製のサイバーなデザインとは違いますなあ。


IMG_0056.jpg

開梱するとこんな感じ。
横幅は30cmちょっとで、かなりコンパクト。
試しにB'zのCDをかけてみると、うーん、素人の耳でもイマイチ感は明らか。
中位以上に音量を上げると音が割れる。
私の場合は語学学習がメイン用途なので無問題ですがね。
あと、SDカードの挿入スロットがあるので、ジュークボックスとしても使える点は便利かも。
posted by tkst at 23:38 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

iPod nano (1st) 交換プログラム

Appleのサポートページにて、iPod nano(第1世代)の交換プログラムが告示されています。

http://www.apple.com/jp/support/ipodnano_replacement/

どうやらバッテリーが発熱するようで、ニュースによれば欧米各国に遅れる形で日本でも交換対応になったということです。

それにしても、本気で回収する気があるならば、もっと目立つ形で告示できないものでしょうか。サポートページの末尾に小さい字で掲載されており、普通の人は気づかずに見過ごしてしまうと思います。

とりあえず、私も2005年購入の第1世代を持っているので、さっそく交換プログラムに応募してみました。


IMG_0053.jpg


※以下、アップルのサポートページより全文掲載です
----------------------------------------------------------
Apple では、ごく稀に iPod nano (1st generation) のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となる iPod nano は 2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売されたものです。

この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。

iPod nano(1st generation)をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で無料交換手続きをされることをおすすめいたします。

注意:これは iPod nano (1st generation) に限られた問題であり、他の iPod には影響がありません。
交換手続き

交換手続きはウェブ上でできます。手続きはこちらから開始してください。

お使いの iPod nano がこのプログラムの対象になるかどうかを調べるためにシリアル番号の確認をさせていただきます。現在お客様がお持ちの iPod nano が Apple に届いてから、お客様のお手元に交換品が届くまでに約 6 週間かかります。

パーソナライズされている iPod nano をお持ちの場合は、パーソナライズされていない交換品が届きます。現在お持ちの iPod nano を交換に出す前に、iTunes を使ってすべてのデータを必ずバックアップしておいてください。
その他

iPod nano (1st generation) の見分け方

iPod nano (1st generation) は、前面が白黒のプラスチック、背面が銀色の金属でできています (これより後の世代の iPod nano は前面/背面共に金属製です)。このページの画像を参照してください。

交換手続きに関してサポートが必要な場合は、Apple Store (直営店)、または Apple 正規サービスプロバイダ (AASP) までお越しください。お越しになる際にはシリアル番号が確認できるよう iPod nano をご持参ください。

お届けする iPod nano には、交換サービスの実施日から 90 日間の保証が適用されます。
posted by tkst at 04:19 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

ゲーム日記(27)ファイナルファンタジー零式

FF零式を買ってきたので、簡単に序盤をプレイした感想をば。

1)私とFF
FF歴は3からです。ジョブチェンジとか懐かしい。
あの頃のFFが一番楽しかったかもなあ。
最近のFFは操作からして複雑で、年老いた身にはキツいorz
アクションテイストを取り入れたRPGは正直言って苦手。
結局のところボタン連打だし、ちょっと時間をあけてしまうと操作方法を忘れてしまって、復帰するのがかなりシンドイ。
というわけで、FF零式を買うのは迷った。

2)開封後の衝撃
UMD2枚組って凄いね。その発想は無かったわあ。
そもそも購入予定ではなかったので、開封するまで2枚組とは知らんかった。
で、オープニングムービーも激アツ。いやまあ、ようやるなと。よう作ったなと。
私はムービー不要派なんだけど、そんな不要派を興奮させる出来栄え。

3)ちょっとプレイしてみて
戦闘はわりと上出来。ボタン連打になりがちなのは目をつぶるとして、魔法を使う際の敵キャラとの距離感とか、キマったときの爽快感とか、なかなか。やはりRPGは戦闘をルーチン的に繰り返すから、戦闘がつまらないとキツいよね。そこらへんは安心してよいと思う。
ワールドマップ上の戦闘は、戦闘終了後にステータスが全回復するので、防御無視の最大火力で思う存分に戦うことができる。また、市街地戦ではメタルギアソリッドっぽく、物陰に隠れて弾を避けたり、ワールドマップとは違った雰囲気を味わえる。
このあたりは戦闘が単調だったディシディアの反省かと思われる。

ストーリー展開は、指揮官から与えられるクエストをこなすことで進むので、次に何をやるのか迷うことは無い。クエスト形式のゲームはモンハンを筆頭に多いけど、FFにはストーリーがあるので、そこが大きな違い。

まだゲームシステムをよく理解していない部分もあるんだけど、能力の育成もわりとシンプルな感じがする。ただ、操作キャラが多すぎるので、均等に育成できるかは不安。全員に装備を買い与えたら、いくら金がかかるんだろうか。

とまあ、つらつら書いたけど、アクションが苦手な私でもわりと楽しめるソフトです。12月中旬にはVitaが発売されてしまうので、それまでには何とかしたいなあ。
posted by tkst at 10:15 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする