2011年09月30日

東海道ウォーク(その1)

今日は夏期休暇の消化という名目で仕事を休んだのだが、夏の終わりに何か思い出に残ることはできまいか・・・ということで、自宅のある横浜から東京日本橋まで徒歩で縦断してみることにした。
どうせ20キロ程度だし、朝早く出れば昼前には着くんじゃないか、などと甘い考えで、事前に地図を確認したりもせず、リュック一つで出発したのである。

横浜から日本橋までの軌跡を書き記す前に、全体の総括から始めよう。


移動距離 約30キロ
所要時間 9時間(食事、休憩等を含む)
移動経路 国道15号線沿い(横浜→川崎→蒲田→大森→品川→田町→新橋→日本橋)

今回の横浜・日本橋間のウォーキングを総括すると、「しんどい」の一言に尽きる。
30キロの行程をウォーキング初心者がいきなりトライするのは、そもそも無理があったのかもしれない。

横浜−川崎間(約10キロ)
午前中の早い時間ということもあり、それほど気温が上がっていない。ほてった体に涼風が当たり、スポーツの秋を満喫することができた。
道中、景色や風物に誘われて脇道にそれたり、写真に収めたりする余裕もあった。
爽快感と適度な疲労とがバランス良く釣り合った区間と言えるだろう。

川崎−品川間(約10キロ)
エネルギー補給のため軽食を摂り、多摩川に架かる六郷橋をわたり、東京都大田区へ。
まだまだ疲れてはいないものの、このあたりから肉体的なダメージが現れはじめてきた。蒲田を過ぎたところで、つま先が痛み出し、爪が死なないように気を遣いながらの歩行となる。
蒲田、大森、平和島と、京急沿いの進路となるため、無理せず引き返すという選択肢も覚悟はしていた。

品川−日本橋(約9キロ)
今回の東海道ウォークで、本当に辛かったのが最後の9キロである。
すでに6時間ほど歩いてきており、まだ2時間歩くのかと思うと、心が折れそうになる。
神奈川県人としては品川も日本橋も同じようなものなのだが、徒歩にして2時間程度の距離があることに驚いた。
また、品川までは割りと平坦な道が続いたが、都心に近づくにつれ、坂や歩道橋が多くなる。
さらに、信号が多いため、歩いたり止まったりの繰り返しが増え、こうしたところで足腰に負担がかかるのだ。
不思議と爪の痛みはおさまったのだが、踵(かかと)と臀部に明らかな鈍痛があり、怪我だけは避けようと注意しながら歩を進めた。

帰宅難民になったとき 〜都内から横浜まで歩けるか〜
最近は自然災害で「帰宅難民」という言葉がよく聞かれるようになり、駅で運転再開を待っているなら歩いたほうが良い、、、と考える人もいるだろう。
しかし、今回の経験から、徒歩で移動できる距離は、せいぜい20キロが限度だと感じた。
私の場合は運動着でトライしたが、ビジネススタイル(スラックス・革靴・手提げカバン)で歩いたとしたら、発汗による不快感も手伝い、疲労は今回の比ではなかろう。
もしも職場が自宅から20キロ圏内にあるならば、ロッカーにスニーカーやウィンドブレーカーを常備しておくのも一手だ。
Mapionの「キョリ測」というサイトを使えば、地図上でクリックした区間の直線距離を調べることができる。ちなみに、東京都庁と三鷹駅の直線距離は12キロだから、スニーカーなら十分に歩ける距離だ。

マピオン「キョリ測」
http://www.mapion.co.jp/route/


では、写真を交えて横浜から日本橋までの経緯を紹介していこう。

午前8時 出発
自宅周辺にて撮影。雲が多いものの晴れ間が多く、清々しい天気である。
この時点では、本気で昼前には日本橋に到着するつもりでいた。。。

IMG_0714.jpg

午前8時14分 東神奈川駅前を通過
このあたりは生活圏内ということもあり、見慣れた風景を眺めながら歩く。
初秋の風を肌に感じながら、やはり散歩は楽しいなぁ・・・などと、まだまだ余裕がある。

IMG_0716.jpg

午前8時22分 神奈川新町駅前を通過
京浜急行に川崎方面から乗ると、たまに神奈川新町止まりのダイヤがある。というわけで、駅名は知っているのだが、降りたことはなかった。
こういう機会でもなければ、駅の外観や周辺を見ることもなかっただろう。
うーん、意を決してウォーキング企画を実行して良かった!(などと、この時点では思っていた)

IMG_0717.jpg

午前8時29分 子安通一丁目付近
日本橋までは第一京浜に沿って歩くのだが、ところどころに日本橋までの距離を記した標識が置かれている。
ん?日本橋まで27キロとな?20キロ程度と考えていたので、想定よりだいぶ長いではないか。
少しずつ計算が狂い始めていく・・・。

IMG_0718.jpg

午前8時43分 新子安駅前を通過

IMG_0721.jpg

午前8時55分 キリンビール生麦工場前を通過

そうそう、生麦工場でも見学ツアーをやってるんだよね。見学後に振舞われる出来立てのビールがたまらないんだ。
兵庫県西宮市にあるアサヒビールの工場には何度か行ったことがある。むかしは見学後に30分限定で飲み放題だったんだけど、いまは一人一杯までになったらしい。試飲会場の近くの売店でなかなか凝ったおつまみが売られていて、ビール好きにはたまらないよね。

IMG_0725.jpg

午前9時1分 生麦駅前を通過

IMG_0726.jpg

午前9時32分 残り23キロの標識前を通過
ん?んん?8時29分に27キロ地点を通過したので、ちょうど時速4キロってところ?
たしかに周囲の景色を眺めながら歩いていたが、わたしは普通の人より歩速が早いので、最低でも5キロ程度で歩ける計算だったのだが。
これは予想外。時速4キロだと、23キロ歩くのに6時間近くかかるではないか。
それじゃ、とても昼前になんか日本橋に着かないよ。。。

IMG_0727.jpg
posted by tkst at 21:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海道ウォーク

今日は横浜の自宅から国道1号線を遡って、東京までウォーキングしようと思います。
余裕があれば、そのまま山手線の周囲を回ってこようかと。
さて、どこまで行けるのか。結果は晩にでもアップします!!!
posted by tkst at 08:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

Macでtxtファイルを作成する

昨今、Dropboxを利用し始めた(遅っ!)こともあり、自宅のMacと職場のWinとの間でシームレスにファイルを編集できるようになった。
これ自体はとても便利なのだが、やはりOSが異なるというのは随所に不便があるもので、テキストファイルのフォーマットもその一つである。

というのも、Windowsではテキストファイルに「txt」という拡張子が付くが、Macでは「rtf」となっており、rtfファイルをWindowsで開くと、どうも具合が良くないのだ。rtfとは「リッチテキストフォーマット」の略であり、書体等の装飾が悪さをしていることが原因だ。

というわけで、Macでも普通にtxtファイルを作りたい!rtfファイルなんて要らん!ということで、いろいろネットで検索したところ、あっさり解決。(下記参照)

テキストエディタを開き、「環境設定」画面の「フォーマット」で「標準テキスト」を選択する、もしくは、メニューバーの「フォーマット」で「標準テキストにする」を選択する。このいずれかの方法で、txtファイルを作成することができる。

スクリーンショット 2011-09-29 4.01.33.png
posted by tkst at 04:14 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

ソニーショールームで新製品を試した件

本日、銀座のソニーショールームにて、未発売の新製品をあれこれ試してきたので、簡単にレポートしてみることとしたい。

ウォークマンAシリーズ 期待値☆(最高☆5つ、以下同じ)

スクリーンショット 2011-09-24 19.49.21.png

まず、久々のモデルチェンジとなったウォークマンのAシリーズ。ちなみに12月発売のZは残念ながら展示されていなかった。
結果から言わせていただくと、ふーん・・・という感じ。いや、悪くはない。完成度は極めて良いと思われるし、きっと量販店などでは1万7千円くらいで売られるんだろうし、値頃感は高い。
が、しかし。買い替えニーズがあるかと言われれば疑問を呈さざるをえない。新機能のS-Master MXであるが、もともとウォークマンは音質が良いので、差を感じるほどの進化は無い。他に目新しい新機能が無いだけに、既存ユーザーの関心は低いものと思われる。
実際に、展示機の周囲に客足はまばらだったし、客の反応ってのは素直だよね・・・。

ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1 期待値☆☆☆☆

スクリーンショット 2011-09-24 19.48.06.png

ウォークマンが閑散としている一方、ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMZ-T1)への注目は非常に高かった。
展示機を試用するための専用ブース(暗室)が用意され、ソファに腰掛けて新作スパイダーマンの予告編を視聴することができた。このブースには長蛇の列で、40分待ちという状況だった。
さて、展示機を手にしての印象であるが、軽量化のためであろうかプラスチッキー面は否めないが、なかなかサイバーな感じがして悪くはない。
映像が再生されると、映画館の20列目あたりでスクリーンを見るような感覚であった。真っ暗な空間に、スクリーンが浮かんでるようなイメージであろうか。視界にはそれ以外のものは入らないので、映像に集中することができる。
テスト映像を視聴してみての感想であるが、HMZ-T1の真骨頂は、一人称視点でのスピード感のある映像シーンであろう。例えば、ビルからの転落シーンなどでは、臨場感の高いリアルな映像体験を得られる。ヘッドマウントディスプレイでは限りなく目の前に映像が表示されるため、大画面テレビを2m離れた位置から見るよりも、俄然リアルに感じることができる。
ただし、会話シーンやドキュメンタリーのように、あまり動きが無く、定点撮影的な映像では、それほどの感動は得られないであろう。
とても完成度は高いと思われるが、難点を挙げるなら、あくまで「映像に集中したい人」のための製品だという点である。上述のとおり、使用中は映像以外の全ての視界が遮られるため、いわゆる「ながら視聴」ができない。スナック菓子を食べながらだとか、部屋の時計を見たりだとか、エアコンのスイッチを入れたりだとか、「ちょっとしたこと」をする場合、いちいちヘッドセットをはずすのは面倒だろう。映像に集中できるのはメリットだし、そのための製品なのだと思うが、家庭内で映像を楽しむ場合の多くが「ながら視聴」であることを考えると、そうした視聴スタイルにマッチする製品かどうかは疑問である。
また、プラスチック多用で軽量化されているとは言え、リクライニング無しの座位では首が疲れるだろう。今回は2分半のテスト映像だったので疲労感は無かったが、映画を1本観るならば、160度程度のリクライニング状態での使用がちょうどいいだろう。問題は、この製品はワイヤレスではないので、映像再生機器からケーブルの届く範囲に、そんなベストな視聴環境があるかという点で、日本の狭い住宅事情を考えるとどうなのか・・・とは思う。

ヘッドホンXBA-4SL 期待値☆☆☆☆

スクリーンショット 2011-09-24 19.48.38.png

新開発バランスド・アーマチュア式(BA式)のヘッドホンであり、従来のソニー製ヘッドホンの構造とは異なるだけに、その音質が気になるところであった。
今回、複数の新作ヘッドホンを試用してみた中で、XBA-4SLは音質的に最上位の製品である。ソニーストアでの発売予定価格は24800円となっており、現行の最上位機種であるMDR-EX100(49800円)の半値といったところだ。
製品名に「4SL」とあるのは、音を出すドライバーが4基(フルレンジ+ダブルウーファー+トゥイーター)搭載されているからであり、これが3基のものは「3SL」、2基のものは「2SL」という製品名でラインナップされている。
視聴した楽曲の中で最も製品の性能を実感したのは宮本笑里のバイオリンであろう。バイオリンを高音で鳴かせるパートでは、不意に酔ってしまいそうなほど「聴かせるなぁ」という印象を持った。一方で、隣に置いてあった「2SL」で聴いてみると、高音がまったく目立たない。「2SL」にはトゥイーターが無いので、高音域の表現力では違いを感じる。
一方で、マイケル・ジャクソンのいわゆるドンシャリ系楽曲では、ほとんど違いを感じなかった。
好みの音楽にもよるし、電車内やイージーリスニングが中心なら宝の持ち腐れになる可能性も高いが、最上位機種がこの価格で買えるなら値頃感は高い。
それに、いま総合AVメーカーで、ここまでヘッドホンに力を入れているのはソニーだけだし、応援する意味で買ってあげたいという思いもある。BOSEやSureの一択じゃ悲しいもんね。。。
posted by tkst at 04:57 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

ダイエット食品を試す

半年ほど前、ヒルズダイエットによる減量に挑戦したのだが、やはり高価な食品なので長続きしなかった。さすがに1食1000円はキツイ。

過去記事)ヒルズダイエット1日目
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/173991122.html

今年のGW以降、社労士試験の勉強に追われたこともあって、ストレス太り?で一気に6キロも体重が増えたため、一念発起で9月からダイエットを再開することにした。
とりあえず、いまは週4回のペースでジムに通い、晩酌のビールや焼酎も基本的にやめることにした。毎日お酒を飲む習慣を15年ほど続けているので、これは私にとって高い目標だったが、意外にあっさりとノンアルコールな生活に慣れてしまった。

で、あまりこうした禁欲生活をダラダラと続けたくないので、短期集中でダイエットに取り組もうということで、ダイエット系の食品を利用することにした。

1つはサントリーの黒烏龍茶。まあメジャーな製品である。
とりあえず3ケース72本を購入してみたので、これから毎昼・毎晩飲むことにしたい。
安くはないが、飲み会1回分だと考えれば、よほど賢い買い物だろう。

2つ目はロートの和漢箋。一昨年あたりに大ヒットした商品であるが、その効果やいかに。
ネットで情報収集したところだと、便秘薬のような印象を持っている人も多いようだ。
まあ、老廃物を溜め込まないという点は、ダイエットに効果があるのかもしれない。
とりあえず1ヶ月分購入してみたので、正しく服用してみようと思う。

ちなみに、ダイエットを開始してからちょうど2週間だが、3キロ減量に成功した。
しかし目標はマイナス10kgなので、まだまだ三合目。先は長い。
posted by tkst at 12:33 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。