2011年02月27日

ニンテンドー3DS買ったどー!

話題のゲーム機ニンテンドー3DSを予約してから早1ヶ月。
待ちに待った発売日がやって参りました。

↓予約日の様子はこちら
ニンテンドー3DSを予約した件(まとめ)
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/181678763.html

さあさあ、手前味噌ではございますが、とりあえず開梱しましょう。

x.jpg

外箱はこんな感じでございます。
正直なところ、噂のゲーム機ってほど高級感は無いなあ。。。
中身がびっしり詰まっているせいか、蓋の部分がちょっと浮いてたりして、2万5千円の商品にしては、やや安っぽい感じ。
いやいやいやいや、ゲームは外見ではないぞ。。。中身が肝心。

そんなわけで蓋を開けてみると、こんな感じである。
まあ、紙モノが入っていますわな。
でも、なんとなく感動が薄れるのは私だけだろうか?
ソニーだったらもう少し見栄えにも気を使うんだろうけど。。。

sss.jpg

開封直後のニンテンドー3DSはこんな感じ。
写真では伝わりにくいんだけど、ちょっと高級感のある手触りだ。
これまでのDSは明らかにプラスチッキーな安っぽさを感じずにはいられなかったが、さすが期待の次世代ゲーム機だけあって、納得の仕上がりである。
外箱の安っぽさには目をつぶろう。

で、本体と同時にどのソフトを買おうか非常に迷ったワタシだが、戦国無双クロニクルをセレクトすることにした。
実は今週発売のファミ通にて事前調査をしていたのだが、同時発売ソフトのいくつかには非常にガックリな評価がついていた。評価が高かったのが、戦国無双だったわけなのだ。
他に、犬猫のペットゲームも高評価だったが、大の男が画面上で犬を撫でてニヤニヤするわけにはいかないだろうという判断で、迷わず戦国無双をゲットである。

電源を立ち上げると、さっそく設定画面が出てくる。
この段階で、かなり、テンションが上がりまくる。
設定画面からして3D、奥行きを感じる画面なんですよ。
ちなみに、3D=飛び出す、というわけではありません。念のため。
一部、飛び出して見えるものもあるんだけど、基本的には奥行きを感じる、という表現が適切ですな。

いや、ほんと、いま、マックスでテンション上がってますから、ほんと、文章がメチャクチャなのは自覚してるんですけど、とりあえず3DSの特徴を書いていきます。

まず、今回の最新機種が、単に3D化されたDSだと思っている方。
それは非常に勘違いであります。ハード面での進化が凄いですよ。
第一に、無線設定。従来のDSと比べ、上位のセキュリティ方式に対応したと思われる。
従来機では拙宅の無線環境に合わせることができずに悔し涙を流していたが、いきなり解消されてしまった。
次に、3Dカメラが、非常に楽しい。3Dカメラと言えば、富士フィルムが専用デジカメを発売してるんだけど、わざわざ専用機まで買う人は少ないだろう。3DSがあれば、手軽に3D写真を楽しめてしまう。これは、3D写真の普及に絶大なる貢献であることは間違いない。

そしてそして、非常に画面がキレイなのね。奥行きがあって素晴らしい。
3Dの奥行きは3Dボリュームで調節できて、2Dでもプレイできるんだけど、いちど3Dを体験してしまうと、2Dには戻れません。そのくらい、2Dが物足りなく感じてしまう。
また、メニュー画面が、非常に奥行きがあって、これは見てもらわないと分からないと思うんだけど、もしかするとテレビゲーム発売以来の大革命かもしれない。
これまでのゲーム機って、基本的には高速大容量化を進めてきただけだったけど、時代の転換点じゃないか?ってことを強く感じる。

あと、スリープモードを搭載していて、いちいち起動しなくてもすれ違い通信ができる。カバンの中にスリープモードで入れっぱなしにしていても、誰かとすれ違うことが可能なのだ。

3DSは買いなのか?みたいな記事を何度も見たし、自分自身、予約をしながらも購入を迷ったし、もしやPSPgoの二の舞じゃないの?なんて躊躇したこともあったけど、いまなら断言できる。。。

ぜったいに、買い。

間違いなく後悔しません。ほんと。
posted by tkst at 00:39 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

オリジナル表紙のCampusノート

コクヨのCampusノートといえば、学生時代、誰しも一度は手にしたことがあるであろう国民的文房具の一つである。
そのCampusノートの表紙を自分でデザインできるサービスが新登場だ。

マイフォトキャンパスノート
https://myphoto-campus.decoto.jp/

例えば↓のようなオリジナルノートをWebで簡単にオーダーできてしまう。

スクリーンショット(2011-02-25 17.23.36).png


価格は衝撃の2625円(10冊、税込、送料別)である。
つまり、1冊あたり260円程度で、オリジナルノートが作れる。
卒業式の記念品や、部活ノート、クラスノートなどなど、工夫次第で非常に思い出深い一品になること間違いなし。

上記のURLにアクセスすると、Flashベースで完成図を見ながら、簡単にイラストやら写真やらメッセージやら・・・を配置していける。
ワタシもちょっと試してみたが、ベリーイージー、非常に簡単であった。

スクリーンショット(2011-02-25 17.33.08).png


デザイン例は↓こんな感じだ。
https://myphoto-campus.decoto.jp/gallery
卒業式の記念に、ゼミ合宿のお土産に、結婚式のプチギフトに、このノートを配ったりすれば、かなりの高確率でセンス良い奴の称号をゲットできるであろう。
posted by tkst at 17:38 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

フレッツとau光はどっちが得か?

さて、自宅に光インターネットを導入するぞ!ということで、気になるのは契約時の「特典」だよねぇ。
「光インターネット、特典」で検索すれば、目を疑うような高額特典がわんさか見つかる。
下の画像のように、最大75,000円キャッシュバックなんていうのも珍しくない。

スクリーンショット(2011-02-24 0.05.00).png

ただし、ここで気をつけたいのは、その適用条件だ。
例えば某業者の最大キャッシュバック4万円の適用を受けるための条件は、以下のオプションに全て加入することだ。

フレッツ光
指定プロバイダ(TOPPA!)
ひかり電話 もっと安心プラン
ひかりTV
NTTカード お申込み

何万円もキャッシュバックしてくれるならオプションくらい契約するよ・・・という人もいるかもしれないが、上記のオプションに全て加入すると、月額のネット接続料は軽く1万円を超える。
年間で15万円程度の利用料がかかることに注意するべきだろう。

さて、ここまでがフレッツ光の話だ。実は、NTTのフレッツ以外にも光インターネットの事業者がある。それがau光である。

そこで、最寄りの電気量販店に行ってみると、やはり1階の目立つところに光インターネットの申し込みカウンターが設置されていた。
詳しくプランを見てみると、事業者はNTTフレッツかau光の2つであり、プロバイダーはOCNやヤフーBBなど複数ある。例えば、フレッツ+OCN、au光+ビッグローブのように、事業者とプロバイダーを組み合わせて契約する。

この電気量販店の場合、契約特典として最大で商品券20000円や指定パソコン3万円引きなどの中から好きなものを選ぶことができる。

そして、ここでも注目したいのは、特典の適用条件だ。
フレッツ光でMaxの特典をもらうためには、先ほどの業者のように、いろいろなオプションに申し込まなければならない。
仮に、固定電話もナシの最低限のプランで契約すると、商品券10000円しかもらえない。つまり、最大特典の半分というわけである。

しかし、au光だと、固定電話のオプションに加入するだけで、Maxの特典を享受することができる。
しかも、この固定電話オプションの利用料は約2年間無料なのだ。

なぜフレッツとau光でこれだけの違いがあるかと言えば、理由は簡単であった。
au光には、そもそもオプションが固定電話くらいしかないのだ。
テレビやらなにやら沢山のオプションがあるフレッツと違って、au光には固定電話のオプションしかない。
このため、固定電話だけ契約すれば、最大限の特典を受けることができる。

しかも、au光の方がトータルで料金が安く、契約後4ヶ月は無料など様々な割引もあり、回線速度もフレッツ光を上回っている(1ギガ)。

そういうわけで、ここまで読めばわかるとおり、au光を利用できる家屋に住んでいれば、あえてフレッツ光を選択するメリットなど、ほぼ無いと言える。
これまで「寄らば大樹」主義で、とりあえずNTTなら安心なんじゃん!?みたいに考えていたワタシであったが、ちょっと考え方を改めなければならない、そういう出来事であった。
posted by tkst at 00:28 | Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

2/28(月)開催「Xperia(TM) arc」タッチ&トライブロガーイベント

ついにきましたよ、Xperia Arkですよね、1年前に入荷待ちで涙を飲んだ人が続出のスマートフォン「Xperia」の後継機種です。

この最新機種を一般peopleよりひと足早く体験できちゃうゾってことで、参加できるかは抽選なんですが、そのイベントに私も参加エントリーしてみることにします。



下の動画なんか見てもらうと分かるとおり、薄いよねぇ〜。
iPhoneも二代目になって大幅な薄型を図ったけど、Xperiaもさすがにソニーのテクノロジーを投入してきただけあって、やっぱり薄いっすよ。




で、正直なところ、私は初代Xperiaを買おうとはしなかった。初代iPhoneの動作が非常に重くて不安定だったこともあり、Xperiaの初代も似たような状況じゃないかと思ったんだよね。
あと、ソニーの独自アプリは重くて、持続性が無い(バージョンアップ無しの一代限りのソフトが多い)のではないかという不安もあって、ちゃんと二代目が出てから検討しようかなと思ったワケ。
そんなわけで、今回はやっと二代目が出たってことで、だいぶ動作も軽快になったんじゃないかなと思われる。スタイルについては、すでに初代Xperiaでも完成の域に達してたから、ますます期待が高まるところだよね。

というわけで、もしお呼ばれすることがあれば、2/28に銀座にてじっくり堪能してこようかと思います。
posted by tkst at 20:11 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

キングジム ショットノート(まとめ)

文具関係で久々に、キタ━(゚∀゚)━!っていう感じです。
キングジムのショットノート(ShotNote)です。

キングジム ショットノ-ト
http://www.kingjim.co.jp/sp/shotnote/

最大のポイントはiPhoneとの連携で、だいたい以下のような特徴を持っている点。
1)メモ書きした内容をiPhoneに読み込み
2)読み込み画像は自動補正される
3)読み込み画像をEvernoteやカメラロールに出力


↓四隅のマークを目印に、カメラで撮影するのだ

スクリーンショット(2011-02-09 23.40.26).png


iPhoneやEvernoteといったインフラを利用して、ほとんどコストをかけずにアナログとクラウドを融合させている点がすごいところ。
自社でサーバーを管理したら、サポセンの設置など、大変なコストがかかるだろう。

当然ながら、このアイテムに対する社会の関心は強い。
ネットで「ショットノート」と検索すれば、注目度の高さは一目瞭然だ。

ケータイWatch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/stapa/20110207_425459.html

ASCII.jp
http://ascii.jp/elem/000/000/586/586349/


そして、今日現在、Amazonなんかでも超品切れ状態。

Amazon.jp
Amazon.jpでの検索結果

スクリーンショット(2011-02-09 23.51.33).png

納期1〜2ヶ月待ちって・・・・・・・・
新型iPadじゃありませんよ。ただのメモ帳です。

私もケータイWatchでその存在を知った直後にAmazonに駆け込みましたが、購入することができず・・・。現時点でも入手のメドが立っていません。

というわけで、作っちゃいました!
自作deショットノート!

IMG_0368.jpg

手前からL・M・Sサイズを忠実に再現。
制作に使ったツールはマイクロソフトのパワーポイント。
通称パワポってやつです。たぶんワードでも可。一太郎でも可。

クローズアップすると↓こんな感じ。

IMG_0375.jpg


そして、肝心なのが、専用iPhoneアプリでの認識率ですよね。
いくら自作でショットノートを作っても、アプリが認識してくれなきゃ意味ねっす。

ドキドキしながら実験してみたところ・・・
認識率100%(10回中10回成功)!!!!

IMG_0392.jpg


思わずガッツポーズです。
実は、自作ショットノートの制作に2日ほど費やしており、最初は何度撮影してもエラーにしかならなかったんですよ。
忠実にマークを配置することで、なんとか成功にこぎつけました。

これさえあれば、ショットノートを買わなくても、A3用紙にたくさん印刷して裁断すれば済んでしまうんじゃないかと。。。
ショットノートって実はメモ帳にしては高価だったりするのでね。
posted by tkst at 23:51 | Comment(1) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。