2010年11月20日

ゲーム日記(18)タクティクス・オウガ

冬のPSP注目タイトル、タクティクス・オウガを購入したので、プレイレポを記すことにします。
タクティクス・オウガは90年代にスーファミで発売された「伝説のオウガバトル」のシリーズ作品で、任天堂のファイアーエンブレムをややファンタジーっぽくしたようなゲームと言えば、イメージしやすいでしょうか。
Amazonのレビューなんかを見ると、熱烈なファンが多いらしく、たしかに遠い記憶で、私もスーファミ版をプレイしたことあるような記憶が・・・いまいち曖昧ですが。

内容的には、立体的な碁盤の上で、敵味方のキャラを動かしながら、直接攻撃やら魔法や弓矢などの間接攻撃で、相手を撃滅する、その作業の繰り返しとなります。
そこにストーリーやらキャラ成長が加わるので、いつの間にかハマってしまうって感じです。

では、いくつかポイントを絞ってレビューすることにします。

☆グラフィック
PSPでリリースされているだけあって、やはりDSなんかに比べると、色使いは鮮やかです。
難点を挙げるとすれば、キャラの装備などを変更するメニュー画面で、一部だけど小さくて見えづらいところがある。
たとえば、とある剣を装備できる職業を◯×で一覧表示してくれるウィンドウがあるんだけど、職業が文字ではなくイラストで表示されるんだよね。それ自体は見栄えがして良いんだけど、小さすぎて違いが分かりづらいw
もう一点、天候が雷雨の場合、フィールド上で雨や雷などの演出が激しすぎて、プレイヤーとしてはプレイしづらい。盤面上のキャラはチマチマしてて見づらいんだけど、雷雨の演出で余計に見づらいw
それ以外は特に不満は無いかな。

☆ストーリー
まだ3章をやってる途中なんで全ては分かりませんが、まあ悪くないかなと。
ゲームの基本的な部分は単調な作業の繰り返しなんだけど、それでも飽きさせない程度のストーリー性は十分にある。

☆難易度
各ステージをクリアすることだけが目標ならば、そこまで難しくない。
ただ、全般的に敵の防御力が高いので、全てを倒そうとすると、膨大な時間がかかると思われる。
ちなみに、難易度選択はできない。

☆操作性
悪くない。PSPのボタン数をうまく活用しつつ、かといって、いたずらに操作を複雑にしていない。たとえば、ウィイレだとかメタルギアソリッドのような、操作を覚えるだけで苦痛、ということは無い。
また、演出をスキップできるなど、ステージを再トライするときのストレス軽減など、細かいところも手を抜いていない。

☆システム
魔法やスキルなどのシステムがやや複雑。
たとえば、魔法はかつてのFFシリーズと同様、基本的にショップで魔術書を購入してマスターするんだけど、魔術書の名前と魔法の名称がリンクしていない。
たとえば、ケアルが「癒水の書」、ライブラが「森羅万象の書」みたいな名前で売られてるので、このあたりは無意味に複雑だなと思われる(ちなみに、これは例です。本作にケアルやライブラなどの魔法はありません)
キャラクタの成長を実感しづらいのが、やや不満と言えば不満。

☆おすすめ度
ファイアーエンブレムが好きな人なら迷わず買い。
そういうシリーズは未体験の人でも、とりあえず買い。この手のゲームの中では間違いなく第一級の完成度だと思います。
posted by tkst at 10:08 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

ゲーム日記(17)Wii赤モデル25周年マリオバージョン購入

さて、Wiiが発売されてから3年くらい経ってるような気もしつつ、いまさらながらWiiを買ってしまいました。
私を衝動に駆り立てたのは、Wiiの赤モデル、すなわち、マリオ25周年バージョンが発売されたからなのであります。
この赤モデル、数量限定なのか期間限定なのかは不明ながら、Amazonなどの通販サイトでは早々に品切れとなってしまい、転売屋がプレミアを付けて売り出すような状態になっていたのです。

そんな赤モデルWiiですが、発売日の夜7時、ふつうにヨドバシカメラの店頭で買えました。
まだ20台くらいは店頭在庫があったようなので、そもそも予約の必要すらなかったような気がしますね。。。

とはいえ、私としては、友人や家族とWiiSportsなどを楽しみたいだけなので、Wiiソフトにハマるってことはなさそうです。マリオも興味ありませんw

ということで、PSPソフトのタクティクス・オウガも買ってきてしまいました。
いい歳して、いったい1年間に何本のゲームソフトを買ってるのか、我ながら反省してしまいます。
タクティクスについてはまた後日書くことにしましょう。
posted by tkst at 09:41 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

Dellのカスタマーサービス凄いね!

Mac miniを愛用中で小型PCにハマりまくりの私。
現在、WindowsはVaioノートを使用しているんだが、これも小型PCにしたいなと画策中であった。
そんな私に大変朗報であったのがDellのInspiron zinoの新型投入である。
さすがに発売から半年以上経ってたし、そろそろ新型が出るのでは?と思っていた矢先に発売された。
グッドタイミングである。

でー、さっそく公式サイト上でチクチクとカスタマイズしてみる。
そもそもカスタマイズの余地が殆ど無いので、変えるとすればグラボをオンボードからディスクリートにチェンジするだけである。。。
が、しかし。それができない。オンボードのみで変更不可?

ということで、さっそくカスタマーセンターに電話してみた。
Dell電話のいいところは、「この電話はサービス向上のために・・・」という無意味な自動音声が流れないところだ。
そして、待つこと30秒ほど、オペレータにつながったのであった。

すると、オペレータがなんとなくオドオドしてる。自信無いのか?
こちらが丁寧に話してもオドオドしている。どうしたんだ?
も、もしや。日本語ネイティブスピーカーではない?
いや、あきらかに、外国人っぽいぞ。

オーマイデル!メーカーにとって一番重要なはずの購入サポート電話まで遠隔地対応かっ!しかも日本国外かっ!
仕方ないので、日本語の先生ばりに丁寧かつスローな会話でやりとりし、グラボは品切れで11/20前後に入荷するということを確認した。
うーん、真の国際化というのは、お互いの弱さを理解し合うことなんだろうが、なにもデルのサポ電で国際交流する必要はないわなあ。。。
posted by tkst at 10:58 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。