2010年07月02日

iphone4を1週間使ってみて

先月24日に発売されたiphone4を1週間使ってみて・・・。

1)旧機種からの移行
私はMacbookProを母艦にしてiphoneを使っているんだけど、旧機種からのデータ移行は驚くほど鮮やかだった。
普段の同期作業の時間がちょっと長くなったくらいの感覚で、特別な作業は一切ナシ!パソコンとUSB接続するだけでOKという簡単さは、さすがにAppleの製品だと唸らせる。
このお手軽さがAppleのお家芸と言っても過言ではないだろう。

2)新機能でよかったこと
正直なところ、テレビ電話もジャイロセンサーも使ってないんだけど、それ以外の新機能で良かったのは、画面とカメラ。
画面の「目」が細かくなったという点は、購入直後にも触れたが、文字がクッキリ見えるため、ネット閲覧時など、ズームしなくても見える範囲が広がったように思える。
また、普段使いの場面でデジカメの代用とするならば、カメラ機能はどんどん向上して欲しいところ。iphoneはレンズが暗いのでフラッシュ搭載はありがたいし、マクロも弱いのでデジタルズームが活躍する場面も多いかと。
しかし、iphone4の新機能はこんなもんで、わざわざ買い替えるメリットがあるかと聞かれれば、やっぱりデザイン的な部分が大きいでしょうね。
Appleはデザインを機能の一つとして重要視しているので、その理解を共有できれば、買い替える価値はあると思います。

3)電波のつながり具合
私の場合、なんか明らかに電波のつながり具合が弱くなった気がする。
駅のホーム(屋外)で電波が2本とか3本になるし、旧機種で圏外にならなかったようなところで圏外になるし、もしかして不良品なのではないかと疑いたくなるようなレベル。どうしたものか。。。
posted by tkst at 11:14 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。