2010年07月03日

映画生活(3)踊る大捜査線パート3

さて、人気シリーズの続編である。踊る・・・のパート3。

今日は公開初日ということで混雑も予想される中、やはり期待作ということで、人混みなんかナンダコノヤロー!的な勢いで劇場に駆けつけてしまった。

とりあえず、結論からいいますと、このシリーズは回を重ねるごとに、ネタが尻すぼみになっている、ということである。
過去作品の人間関係を無理矢理に使い回しているのだが、深みに感じるどころか、どうも浅薄なものにしか感じられない。
ドンデン返しや伏線というものも無いに等しい。犯人がハッキングによって湾岸署を翻弄するわけだが、そんな「飛び道具」を使われてしまってはリアリティーのかけらも無い。

んー、これはちょっと厳しいかな。泣きも笑いも中途半端。
期待が大きかっただけに、心に開いた穴も大きいなあ。
ちょっと評価できません。。。
posted by tkst at 23:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

mac miniを購入した件

そろそろ手持ちのmacbook proを購入してから3年が経ってしまうので、mac miniに買い替えることにした。
ちなみに、性能的にはグラボ以外はほぼ変化無し。3年も経ってスペック的に変わらない製品が売られているということは、いかにmacbook proが成熟したスペックであったかということがわかる。
ちなみに、macbookは25万円ほどで購入し、いま売却すると5万円程度が相場ということらしい。3年乗った車の下取り価格が新車時の1/5まで落ちることは珍しいから、いかにパソコンの償却期間が早いかということがわかる。。。やっぱり、パソコンは10万円以下でギリギリスペックのものを使い続けていくのがいいようですね。。。
そんな反省もあって、今回はmac miniをセレクトした。

ここ10年ほどノートPCを使ってきたため、据え置き型は久々である。
私がノートPCを選んできた理由は、当初、大きさ、静音性、リセール的なメリットであったが、近年は据置型の選択肢が少なくなっているということもあるだろう。

ただ、macbook proを使用して感じていたことは、意外にノートPCの設置面積は大きいということだ。
もちろん容積では据置型の数分の一であるが、設置面積はほとんど変わらない。しかも、ノートPCは常に机上のスペースを奪い続け、かといって足下に置くわけにもいかないのだ。
そんな不満を解決してくれるのがmac miniというわけだ。もちろん、持ち運びはできないが、私はmacbookを室外で使ったことは一度も無かったw

もっとも、スペック的には大した変化は無いので、納品が楽しみというわけでもない。その点はちょっと物足りないかもしれないなあ。
posted by tkst at 08:24 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

ドライブの共有

マックOS-XとWin7でドライブの共有をしたときの備忘録。
Win7側でマックのDVDドライブを利用する場合の設定。

まず、残念ながらWin7からマック側のドライブを認識することはできなかった(方法分からず)。

というわけで、マック側でBootcamp(Win-XP)を起動した。
エクスプローラを開き、ドライブの共有をオンする。
コンパネ>システムで、Win-XPのコンピュータ名を確認する。

そして、Win7側の「ファイル名を指定して実行」で以下を入力して実行する。

「\\コンピュータ名」

すると、Win-XP側のドライブを認識できるはず。

なお、Win7では標準で「ファイル名を指定して実行」が非表示になっているので、スタートを右クリックして「プロパティ」を選択。ポップアップされる画面で、画面右肩の「カスタマイズ」をクリックし、「ファイル名を指定して実行」のチェックボックスをオンにすれば表示される。
posted by tkst at 23:55 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iphone4にクリスタルコートを使ってみた件

さて、発売日にさっそく手に入れたiphone4であるから、できれば綺麗に使い続けたいものである。
しかし、純正バンパー以外の、いかにもズングリムックリ系のケースには入れるのはちょっと・・・というのは私だけではないだろう。

DSC00257.jpg


ということで、ケースやフィルムではなく、コーティング材を使うという発想を思いつき、「クリスタルコート」という製品を使ってみることにした。
この液体、どんな仕組みかというと、ガラス繊維配合の液体が表面を保護し、耐久性やツヤが向上するということだ。
ちなみに、ガラス繊維といっても、ガラスの破片が入ってるわけではない。トゲトゲしてたり、刺さったりということは無い。外見は白濁した液体なのである。


↓ちなみに外見はこんな感じである。

PIC_0051.jpg


使い方は非常に簡単で、付属の布地にスプレーをひと吹きして、iphone4にぬりぬりしてやるだけ。仕上げに乾いた布で拭き取ってあげよう。
液体が乾燥するのを待つ必要は無いので、非常に楽チンだ。

私はさっそくiphone4の背面(愛らしいリンゴマークの側)に塗ってみたのだが、その効果は速攻で現れた。
まず、指紋というか皮脂が、ほとんど付かないっす。目をこらすと、かすかに跡が見えるんだが、ほとんど肉眼では判別できないレベル。
やっぱ、表面がトゥルントゥルンに美しい機種なんだから、皮脂汚れってのは有り得ない。傷も嫌だけど、皮脂汚れもノーである。

そして、意外に見落としがちなんだけど、液晶保護フィルムの上に塗るっていう使い方もアリ。
iphone3GS以降、iphoneのガラス表面は、非常に指紋がつきにくくなったのだが、液晶保護フィルムは指紋がつきやすいのだ!
この矛盾を解決する方法としてクリスタルコートは有用である。

ちなみに、この液体を、プラスチックカードなんかに塗ってみると、机の上を滑る滑る滑るぅぅー。よっぽどツルツルになってるんだろうな!ってのが実感できる。
勢い余って、フローリングの床に吹き付けてみたら、素足でも滑る!ワックスでもかかってんじゃないの!?ってくらい滑る。ってか楽しいな、コレ!
※通常の使い方ではありませんので、自己責任でお願いします。。。

DSC00258.jpg


その他の使い道としては、ノートPCのキーボードである。
私はノートPCを2台所有しているのだが、うち1台は専用のキーボードカバーが発売していなくて困っていた。
そのまま剥き出しで使ってしまえば、キーボードは脂ギッシュでテカテカになり、表面の刻印も剥がれ落ちるところだろう。
というわけで、キーボードの表面もクリスタルコートで保護してやったりしてみた。

Micro Solutions 高密度ガラス繊維ケイ素系ポリマーコート・クリスタルコート GFGC01 CRYSTAL COAT #01
posted by tkst at 12:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iphone4に液晶保護フィルムを装着した件

さて、発売日にiphone4を購入し、やっぱり液晶画面はキズ無く使いたいってワケで、フィルムも同時購入しておいた。
iphone3GS時代は評判の良かったパワーサポート製の液晶保護フィルムを使っていたが、iphone4用はまだ発売されていない様子だ。
そういうわけで、店頭に並んでいる製品の中から、しかも、発売直後で口コミ情報が無い状況で、どれにしようか決めなければならなかった。

で、結局、大手メーカーなら安心だろうってコトで、BUFFALOの液晶保護フィルムを買ってみた。言わずと知れたパソコン周辺機器メーカーの大手である。

さて、使用感であるが、とても指の滑りが良くなった。どう例えれば適切か分からないんだけど、エアホッケーの盤面みたいな滑りの良さ?だろうか。慣れないと、ツルっと落としそうになるので注意したいが、フリック入力するのには便利そうだ。

肝心の皮脂ベタベタ感はどうであろうか。
私の直感的な感想では、皮脂は付着する。なんというか、グレアタイプの製品らしく、全体がマットな感じになる。それはそれで悪くないな、っという感想を持った。仮に光沢タイプだと、もっとアブラギッシュな感じになるのではないだろうか。
もちろん、布で一拭きすればクリアな状態に戻るので、脂が気になればフキフキしてやればいいってコトで。

もっとも、iphone3GS以来、iphoneの画面は皮脂が付きにくくなったので、フィルタは要らないって言えば要らないんだけど、小キズから守るためには液晶保護フィルムしか無いんスよね。

というわけで、私のオプション品購入第一弾は、液晶保護フィルムでした。
posted by tkst at 12:01 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする