2010年07月12日

シャガール展@東京芸大

さて、今日は東京芸大にシャガール展を見に行ってきた。

ゲームやらB級映画を嗜み、暴飲暴食の限りを尽くす小生であるが、唯一、文化の香りがする趣味と言えば、洋画鑑賞なわけである。
まあ、下手の横好きというか、なんともお恥ずかしいレベルなので詳しくは書かない。
だがしかし、音声ガイドを聞きながら絵を見ていると、なんというか、恍惚感の中で時間を忘れるような思いがする。

そして、私などにも好きな画家というのがいて、その第1級の大好き画家がシャガールなのだ。
もう10年ほど前になるが、ニース?にあるシャガール美術館で、彼の絵を集中的に鑑賞したところ、絵に込められた深い愛情というか世界観の虜になってしまったのだ(大げさw)。

ちなみに、シャガールと同じく、落書きみたいな絵で有名な画家がピカソである。
それとは裏腹に、ピカソが天才的にデッサンが上手いのに対し、シャガールはデッサンも落書きみたいな感じである。
すなわち、シャガールは画力が云々というのではなく、深い内面性に満ちた、独特の世界観と、ユニークな表現力が魅力の画家だと、私は勝手に思っている。

というわけで、東京芸大美術館にて、シャガール展を見てきた。
同美術館を訪れるのは初めてだが、とても大学の持ち物とは思えないほど、本格的な美術館であることに驚いてしまった。
規模は小さいが、エントランスの雰囲気、ミュージアムショップ、カフェなど、非常に気品を感じさせるのだ。ちなみに、カフェはホテルオークラの運営である。

感想を言わせていただきますとね、いかにもシャガールらしい、という作品は、それほど多くはないです。半分くらいは、同時代のロシア人画家のもの。展覧会のテーマが、ロシアアヴァンギャルドとの対比だから、仕方ないと言えば仕方ないかも。
僕の中のシャガールと言えば、空を赤い牛やらヤギみたいな動物が飛んでいて、女性が祈りを捧げているような、不思議と心が落ち着く作品なんですけどね。

でもまあ、この日本で、しかも東京で、シャガールの絵を見られるんだから、洋画好きなら見ないという選択肢は無いですね。
オルセー展なんかがあったりすると、数時間待ちの行列ができるみたいだけど、シャガール展はそんなに混んでなかったし、落ち着いて見れる環境だと思う。
日本人はルノワールが大好きだからなぁ・・・というのが私が感じているところで、きれいにまとまった作品だけが絵画ではありませんから、ぜひ見に行ってもらいたいっすね。
posted by tkst at 01:23 | Comment(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac miniの設定あれこれの件

さて、昨日からシコシコとMac miniの設定に取り組んでいる。
Apple OSの優れた点は、なんといっても、パソコン買い替え時の移行のし易さだ。
基本的には、ユーティリティの「移行アシスタント」を使えば、ほんの数タッチで環境を丸ごと移すことが可能である。

が、しかし。
今回は、とある理由で、「移行アシスタント」で丸々コピーをできなかった。
というのも、今回の買い替えを機に、ユーザ名を変更したかったのである。
ユーザ名というのは、使用開始時に設定する管理者の名前であり、一度設定してしまうと、なにがあっても変えることができないのだ。

で、なんで、そこまでしてユーザ名を変えたいかというと、個人情報の関係で、匿名性の高いユーザ名にしたかったからである。
たとえば、Office2008で新規Word文書を作成するとしよう。
そのファイルの情報(ウィンドウズではプロパティ)を見てみると、ファイルの作成者欄にMacのユーザ名が表示されるのだ。
もちろん、これは設定により解除できるわけだが、知らぬ間に個人情報が電子ファイルに記録されるのは、非常に気持ち悪いというか、単純に怖くてたまらないということだ。

そういうわけで、ユーザ名を変更したいわけだが、「移行アシスタント」で丸々コピーしてしまうと、ユーザ名まで引き継いでしまうのだ。

そこで、今回、以下のような手順で、Mac miniへのデータ移行を行った。

1)「移行アシスタント」でユーザ以外の情報(アプリケーションとか)を移動
これで、インストール済みのアプリケーションを丸々コピーできる。
いちいちソフトの箱を引っ張りだして、インストールする必要は無い。
ただし、なぜかATOKだけは移行できなかった。不思議だが。

2)膨大な音楽と写真は、ユーザフォルダの「ピクチャ」と「ミュージック」を外付けHDD経由でMac miniの同じ場所にコピー
ちなみに、同じLAN内のMacは自動的に互いを認識する(Finderに表示される)ので、設定>共有でこれらのフォルダを共有すれば、ドラッグ&ドロップでコピーすることも可能だ。
ただし、私の場合だと、音楽と写真が50GBもあるため、とてもじゃないが無線LANでコピーするのは厳しいわけである(10時間くらいかかるよ、まぢで)。

3)アプリケーションの環境をコピー
こっからは、非常に手作業である。
とはいえ、Webブラウザなど使用頻度の高いソフトだけでも環境をコピーすれば、かなり使い勝手は良いと思われるので、あまり完璧を求めないことである。
ユーザフォルダの「ライブラリ」の中に、アプリケーションごとにフォルダが作られているので、これを丸ごとコピーしてやればいい。
例えば、「Firefox」フォルダを新しいパソコンにコピーしてやれば、お気に入りや開いているタブまでも、そのまま復元してくれる。
ただ、この方法だけでは、プラグインは移行できなかった。
私はマウスジェスチャーなど3種類ほどしかプラグインを使っていないので、さほど困らないが、ヘビーユーザーはやや面倒かもしれない。

というわけで、以上で終了である。とりあえず。
細かいところは、使いながら設定していこうと思う。


なお、ここまで設定が終わって、不可解なことがある。
ウィンドウ(ブラウザでも何でもいい)をドラッグすると、文字やウィンドウの枠などに、醜いシャギーが現れるのだ。
ドラッグしていないときは何の問題も無いのだが、ウィンドウをドラッグすると、まるで解像度の低いスキャナで読み込んだように、文字などが荒れるのだ。
Appleのサポートに電話しても解決しなかったので、もしかすると、他社製ディスプレイが問題なのかもしれない。

しかたないので、Appleストアに持ち込んでみることにする。
まあ、実用上、何の問題もないので、それが仕様であるなら構わない。
ただし、移行アシスタントやらライブラリのコピーやら、いろいろ弄った後だけに、大事なファイルが壊れてたりするんじゃないかと、ちょっとそのあたりが不安なのだ。
posted by tkst at 00:53 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

自民党 自由を取れば 民主党

明日は参院選挙。

党ではなく人に投票したいものですねえ。
posted by tkst at 20:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

ファイアーエムブレムのDS新作

さて、私が心待ちにしているシリーズ最新作、ファイアーエムブレムの発売日が迫っている。
シリーズ最新作と聞いて嫌な記憶が蘇るのは、踊る大捜査線3であるが、そのことは一切忘れて、ファイアーエムブレムについて語りたいと思う。

この夏も、私は約20時間ほど不毛な時を刻もうとしている。
そう、ファイヤーエンブレムのせいで・・・。
シリーズを重ねても、前作と何が違うのか分からない、システムもストーリーもファミコン時代からほとんど進化していない、何が私をプレイに駆り立てるのか、まったく分からない。
プレイする前から、どんなエンディングシーンが待っているのか、だいたい想像できる。
ペガサスナイトでトライアングルアタックを決めたら気持ちいいんだろうな!!!とか思いつつ、その直後に弓兵に狙い打ちされたりすると、はらわたが煮えくりかえるほど悔しい、そんなことに一喜一憂する自分が目に浮かぶ。
そして、プレイし終えた私は、きっと不毛感に苛まれるだろう・・・。

でもまあ、もう予約しちゃったし、プレイしますよ。。。
posted by tkst at 00:39 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

iPhone 3GSの売却価格

iPhone4の購入に伴い、3GSをオークションで売却した。
半年前に故障で交換したため、使用半年で、イヤホンは欠品。この条件で39,000円で落札していただきいた。

それにしても、発売から一年で型落ち機種が、定価の6割で売れるのだから、リセールバリューは相当なものだと言える。

なぜ高価で売れるのかを調べたところ、脱獄してドコモSIMで使いたい人がいるからだという。
なるほど、そういう理由ならと納得した。そういうユーザーにとって、中古以外の方法で入手は不可能なわけだから。
posted by tkst at 15:57 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。