2010年07月18日

ヤフオクでけっこう高値がつくんだね

最近、ヤフオクで、いろいろ出品してるんだけど、けっこう高値で落札されるんだなあ。。。。って驚いてる。
たとえば、以下のようなかんじですよ。

・ソニー製ブルーレイレコーダー(3年使用):約4万円
・iPhone3GS(1年使用):3万5千円
・MacbookPro(3年使用):6万3千円

特に、ブルーレイレコーダーについては、同等性能以上の最新機種が実質5万円チョイで売られてるのに、箱無しで4万円とは、自分でも驚いてしまった。

家電類は意外に高く売れるもんですね。
posted by tkst at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイアーエムブレム 新紋章の謎

さて、またゲームを買ってしまいました。
社労士の勉強をしないといけないのになあ。。。
ぜんぜん勉強してないんですけど、なにか?なんて言ってる場合じゃないっつーの。

というわけで、ファイアーエムブレムのDS最新作です。
ボードゲームとRPGを組み合わせたようなゲームでしょうか、そのシステムはファミコン時代から全く変わっていません。
ファミコン、スーファミ、Wii、DSと様々なハードを変遷してきたシリーズですが、開発経費とかほとんどかかってないんだろうなぁ。。。と思わせるような、非常に古風なゲームです。
それでいて、根強いファンがいて、それなりに売れてしまうんだから、任天堂にとっては孝行息子みたいな感じだろうなあ。

さてさて、いざプレイを開始してみましたよ。
この手のゲームは通勤通学の暇つぶしには最適ですよ。
細かい点はのぞいて、基本的に前回作品までとシステムは一緒だけど、XYボタンで武器を切り替える方式に変えたらしく、それがちょっと違和感ですかねえ。
まあ、いちいち装備コマンドで入れ替える手間はなくなりましたが、10年以上慣れ親しんだ操作を変えられるのは、ちょっとした違和感です。

いまは3章あたりをプレイしてるので、特に問題ないんだけど、そろそろ攻略サイトも充実してほしい。
というのも、このゲームはそれなりにシビアな側面があって、計画的にキャラを育てないと、後半で非常に苦労するのだ。
どのキャラの成長率が高いのかは、できる限りチェックしておきたいというわけで、誰か攻略サイトを充実させてください。

あと、ファンとしては邪道なんですが、今回はカジュアルモードを選択しました。半分、自己嫌悪でもあります。
カジュアルモードというのは、キャラが死んでも、次章で生き返るのです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これってFEシリーズでは、禁断のシステム変更です。
キャラは死んだら二度と復活しない、そのシビアさがファイアーエムブレムの特徴だったんだけど、ついに方針転換ですか!
いやー、残念に思いつつ、短時間でクリアしたいので、私はカジュアルモードを選びましたよ。皆さん、すみません。

というわけで、しばらくは楽しめそうです。
posted by tkst at 11:20 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

iPhone4:すぐにBumperを買いなさい

さて、iPhone4ユーザーである私は、ご多分に漏れず、例の電波問題に悩まされている。
左下を持つと、電波が弱くなるっていうアレのことです。
しかも、私の愛機の場合、これは私の被害妄想でないことを切に祈るが、左下を持たなくても、iPhone3GS時代に比べて、激しく電波が弱い!!!
だってさあ、都内のターミナル駅の屋外でね、電波が2本とか3本とか、あ・り・え・な・い!!!

そういうわけで、いまのところ唯一の解決手段とされているBumperを、ようやくアップルストアで入手することができた。ちなみに、現時点では黒しか売ってない。

で、率直な感想。
電波問題に対しては、非常に効果が高いことが分かった。
これも、私の過剰反応でないことを切に祈るが、明らかに効果がある(気がする)。
もしかすると、本体左下だけでなく、本体のどこかに手が触れているだけで、受信感度に悪影響を及ぼしていたのかもしれない。

あと、これまで写真でしか見たことがなかったので、なんかプラスチック製の安っぽいアイテムかもねー、、、と思っていたが、けっこう手の込んだ出来だった。
ラバーとプラスチックを組み合わせた製品で、見た目よりけっこう伸びるので、着脱は非常に簡単だった。
また、音量ボタンも本体と同様に丸型の金属製で、さすたアップル純正!と思わせるような品質の高さを感じさせる。

というわけで、とりあえず、iPhone4ユーザーはBumperを購入しなさい。
オレは白が〜、とか、アタイはピンクが〜とか言ってないで、とりあえず黒Bumperを買えば、明日からフラストレーションから解放されるからさっ。

というわけで、なかなか、良い意味でショッキングな製品でした。
posted by tkst at 00:59 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PorterのPCバッグだ!

今日は仕事が休みだったのでAppleストアに足を運んだ。
ちょっとパソコンの調子が悪かったのだ。

そして、周辺機器のコーナーを物色していると、Porterのタンカーっぽい手提げバッグが売られているんだが、なにか違うぞ!!!

IMG_0378.jpg


ちょっと距離を置いて見るとタンカーそのものなんですが・・・

IMG_0379.jpg


こちらは色違い。なんとPCバッグなのでした〜。

IMG_0379.jpg


大きさ的にはバッグインバッグとして使ってくれって感じだろうか。
さすがに、この中にPCを入れると、財布やケータイを入れるスペースは無くなってしまうわけで、このバッグだけで出かけるのはしんどいかも。

でも、洒落てるし、欲しい人は買っちゃうよね。確か1万2千円くらい。
posted by tkst at 00:49 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一風堂Collection.Miso

さて、一風堂に通い始めて13年になる。
そんな長い一風堂歴の中でも、メーンブランド以外の店舗に行くのは久々だ。
記憶によれば、大阪は池田にある百福亭に行って以来である。
そういうわけで、代々木にある一風堂Collection.Misoを訪れたのだ。

〜普通に美味しいみそラーメンだよ!〜

最近の人気店はどこもかしこも券売機が入り口に置かれているが、一風堂の特徴は、必ず店員がお金を受け取るという点だ。お金のやりとりを粗末にしない、というサービス精神なのだろう。
しかし、一風堂Collectionは食券方式を導入している。
私としてはどっちでもいいのだが、普段の一風堂と違うので、少し戸惑った。

店名に「Miso」と付くだけあって、メニューも通常店とは違っている。
赤丸・白丸の二つの味がラインナップされているのは同じだが、赤丸味噌と白丸味噌なのである。そして、どちらも値段は同じという点も強調しておきたい。
トッピング類は味噌ラーメンだけあって、コーンとバターを乗せることができる。
ちなみに、コーン・バター・玉子が乗った全部乗せは980円であり、これが絶対にお得!とポップ表示が貼られていた。当然、私もこれをセレクト。
余談だが、いつの頃からか、一風堂のメニューから「全部乗せ」が消えていた。確か、明太子やらネギやらノリやら玉子やらが乗っかって、1000円だった気がする。やっぱり、明太子をスープに溶かすのは、勿体なかったんだと思う。

さて、カウンター席に案内される。
私は貧乏性なので、無料のモヤシなんかを食べながら、ラーメンが出来上がるのを待つのであるが、ここでも違和感を感じることなった。
辛子高菜が無いのである・・・ちょっと淋しい気がする。

そして、いよいよラーメンが運ばれてきた。
見た目としては、普通の赤丸に近く、トッピングのコーンやらバターが目につく程度だ。
麺も、一風堂かさね味と共通なのかもしれない。

IMG_0383.jpg


観察はその程度にしておいて、さっそく食す。
うん、まずまず美味いよ。
やっぱり、もともと完成された味である一風堂のラーメンをベースにしているのだがら、単純に考えて、不味く作れるはずがないのだ。
爆発的なインパクトは無いものの、確実に及第点をクリアしている。
これはこれで、アリ。ぜんぜん美味いよ。

アリ、という表現は何なのか、褒めているのか、と思われるかもしれない。
しかしまあ、一風堂ほどのクオリティを日本全国で展開してるって、これは凄いことだと私は思うんだな。
ラーメン不毛の地と言われた大阪では、全体レベルの底上げに一風堂が果たした役割は大きかったはずだし、どこで食べても期待通りの味を食べられるのは、非常に貴重だと思うよ。

あと、私は一風堂なら何でもかんでも美味しいと思っているわけじゃなく、町田店で出されているHotつけ麺は、しょっぱすぎて食べられん!と書き添えておきたい。
posted by tkst at 00:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。