2010年03月29日

Xperiaをいじってきましたが。

ドコモの新スマートフォン、Xperia。
ドコモのスマートフォンと言えば、ブラックベリーもあるし、悪評高い東芝製(もはや機種名も忘れた)もあるんだけどね、やっぱりソニーは広告が上手いのか、かなり注目度が高まっている。

しかし、ソニー好きなワタシだが、いまいちXperiaはアテにならん。

最大の懸念点は、Xperiaが一代限りで開発放棄されてしまい、蓄積したデータがmoraやらアンドロイドソフトのマーケットやら、様々なプラットフォームに散り散りになってしまうんじゃないかってコト。
やっぱり、iphoneみたいに二代目をリリースしてくれないことには、いまいち信頼できないんだよね。

でもまあ、新機種だし気にはなる。

ということで、今日はたまたま携帯ショップで実物にさわれた。

その感想はということで。。。

○良い点
・ハードキーが意外に便利である。
・手に馴染む。
・思っていたほど悪くはない。

×悪い点
・GoogleはMapやカレンダーなど優秀な製品もあるんだけど、使用環境がGoogleベースってのは使いづらい。
・iphone3GSに比べると、やや動作モッサリ。
・日本語入力はiphoneの圧勝です。片手でローマ字入力はつらい。


結果として、iphoneからあえて乗り替える理由は見つからなかった。
それこそ、ソニーらしく、めっちゃ音質が良いとかね、そういうアドバンテージがあれば別なんだけど、いまのところソニーは音質面でアピールしてないから、iphone並みか毛が生えた程度のものと考えておくべきだろう。
posted by tkst at 00:56 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

iphone 3Gが高値で売れる件

iphoneに関して、私は初代3Gで悲しい思い出がある。
ドコモの携帯と2台持ちしていたため、いつの間にかiphoneがお蔵入りしてしまったワケである。そして、、、悲しいかな、購入半年後には解約、、、ローンだけが残っていく、、、デジタル貧乏の典型なわけです。

2台持ちして初めて分かった、i-modeの偉大さが。。。

しかし、そんな悲しい昔話を語るのが本題ではない。

そのお蔵入りしたiphoneがヤフオクにて3万円で売れたのだ。
ちょっと前に、何かの記事で、「ヤフオクでiphoneが高値で売買」みたいなのを見かけたので、ダメ元で出品してみることにしたのだ。
すると、出品直後に「○○円で即決しませんか?」との問い合わせがあり、その値段でも十分OKなんだけど、もう少し様子を見てみることにしたのだ。

すると、終了直前の1時間で、金額はどんどん上がり、結果として3万円という高値で落札してもらうことができた。
思わぬ臨時収入にHappyな気分になるワタシであった。

オークション終了後、落札者の方から、OSのバージョンを尋ねるメールをいただいたのだが、バージョン3.Xにアップグレードしてないことが、非常に重要らしい。
たぶん彼らは脱獄やら何やら、難しいことをしてムフフと楽しむのだろう。きっとそうに違いない。かく言う私も、モバギをヤフオクで落札してご満悦だったりするわけだから。。。

というわけで、iphoneが高値で売れる件、は真実でした。
posted by tkst at 02:42 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

映画生活(1)LiarGame

昨日から劇場公開となったLIAR GAMEを観てきたぜ!
主演は松田翔太と戸田絵里香。銀幕を飾る役者としては、若手で最も旬な二人であり、それだけでも興味をそそる。
この二人を主演に据えて、TV放送時は深夜枠でスタートしてたんだから、出世銘柄というか、改めて凄い番組なんだと分かる。

で、さすがに公開開始直後の日曜なだけに、Webでチケットを予約したわけなんだけど、予約開始後5分の時点で良席の一部は既に埋まっていた。。。

そんでもって、見終わってからの感想をば。

とにかく、中だるみの全く無い、緊張感のある映画でしたよ。
ちょっと前に観たカイジもなかなか良かったんだけど、LiarGameの方がスピード感やトリックの分かりやすさが上で、おまけに劇場内が沸くくらいの笑いもとってしまうのだから、娯楽映画としては頂点に近い出来だと思う。
少なくとも、ハリウッド役者をバンバン揃えたオーシャンズシリーズより、ワタシとしては面白いんじゃないの?って思う。

そして、スタッフロールが始まっても、すぐに席を立ってはいけない。
映画冒頭とエンディングとをつなぐ伏線により、ドロドロの騙し合いを見せつけられたストレスや不快感がさっぱりと洗い流される。
そのあたりの計算の巧みさが素晴らしいね。

いやー、1800円の価値は十分にありますよ。
この作品の緊張感を十分に味わうためには、レンタルではなく、薄暗い劇場のシートにどっかりと腰を下ろし、ジリジリと手に汗握りながら観るしかないっしょ!

とゆーくらい、絶賛な映画だったよ。
posted by tkst at 01:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする