2010年01月24日

iSlateは家庭内モバイル機器である(説)

Apple製のタブレットPCがそろそろ発表されるんじゃないかと、いろんなサイトで目にするようになった。
なにかとガセネタの多いApple製品だが、「iSlate」なる製品名までまことしやかにリークされると、けっこう現実味を帯びてくる。
ちなみに、Appleは非常に情報統制がしっかりしているので、「iSlate」の名前が世間に出たのは、Appleの巧みなメディア戦略ではないかと思っている。

さて、私はAppleのタブレットPCは単なる新製品ではないと思う。
iTunesやキンドルのようにクラウドを通じたライフスタイルそのものに変化を与える何か・・・ではないかと期待している。
何故こうした期待をするかと言えば、タブレットPCのようなキワモノ製品を売っていくためには、それなりの革新をアピールできなければならないからだ。

では、タブレットPCで生活を劇的に変える・・・とは?
一説によると、タブレットPCはiphoneをデカくしたイメージだという。
当然の前提としてネット接続は可能である。iphoneとタブレットPCを所有した場合の通信コストが心配だが、コスト面は棚に上げておこう。

タブレットPCにはハードのキーボードは付属しない。つまり、入力メインの機器ではないということだ。すなわち、「ビュワー」のような用途がメインになるはずである。
では、私たちは毎日の生活の中で、何を「View」しているのか?
最も日常的に「View」するものは雑誌や新聞であろう。
最近アップルは世界中の出版社に何やらアクセスしたという情報を目にしたが、夢かと思われた出版物の電子配信も、Apple主導ならば現実味を帯びてくる。

しかし、日本ではコンビニエンスストアという飽和状態にも近いリテール販売網ができあがっており、基本的に雑誌は「立ち読み」するというのが、我が国のライフスタイルである。
また、雑誌や新聞を読むためだけに、おそらくミニマムでも400gは超えるであろう「iSlate」を毎日持ち歩くだろうか?
言うまでもなく、モバイル機器に興味を抱くであろう日本人の圧倒多数は電車を利用している。
残念ながら、朝の山手線で「iSlate」で新聞を読むような余裕は私には無い。
新聞ビュワーがメインの用途なら、残念ながら購入はできない。

もう一つ問題なのは、iphoneユーザーをどう取り込むかである。
つまり、iphoneの機能と重複してしまっては、最もAppleに対して信任が厚いであろうiphoneユーザーが重ね買いしてくれない。
ネットも音楽もゲームもiphoneで可能だし、画面が小さくて困るようなことはほぼ無い(むしろ、Flashが動かないことの方が痛い)。

そこで、私の予想である。
「iSlate」は家庭内モバイルマシンではないか?ということだ。
例えば、山手線内で「iSlate」で新聞を読めと言われたら辟易してしまうが、家庭内でならOKではないだろうか?
時代はエコなのである。年間にどれだけの紙資源がムダになっているのだろうか。また、郵便受けまで新聞を取りに行く手間も省けるし、ちり紙交換に出す必要もない。紙代と配達コストが浮いた分、購読料を抑えられるならば、一気に切り替えが進んでもおかしくない。(問題は新聞の販売店網が大反対することだが・・・)

その他、専用の防水ケースなどに入れてキッチンに持ち込めば、クックパッドを見ながらの料理も簡単である。
さらに、米国のiTunesでは映画の販売も行っているので、ベッドサイドで映画を見るようなことも可能だ。おまけに、映画を見ながら、同じ画面でネット閲覧なんて、なかなか面白いのではないかと思う。
このような用途に限れば、キーボード付きのパソコンより、タブレットPCの方がより手軽で楽しい。

また、家庭内モバイルとすれば、無線LANで事足りるので、iphoneのように通信回線を別途契約する必要も無い。

というわけで、「iSlateは家庭内モバイルである」説は現実になるだろうか?
近日中の発表を待ちたい。
posted by tkst at 15:10 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FF13日記(第1回)

さて、もう何十時間プレイしたんでしょうか、ファイナルファンタジー13。
前回のブログで大変恐縮ながらコキおろしましたが、なんだかんだダラダラと1ヶ月近くプレイしております(正直、早くバヨネッタかファンタシースターポータブル2あたりをプレイしたいんですが)。

で、ようやくラスボスです。でも、全然倒れてくれません。
このゲームのキツいところは、ボスを倒せるパーティーなのに、普通に雑魚キャラに負けてしまうところなんですよね。
本当にストレスでリミッター解除かつ暴走してしまいそうなゲームです。
ってか、敵のHPが高すぎて、雑魚バトルでも普通に2分くらいかかるし。

それにしても、ラスボスが倒れてくれません。
CP稼ぎをしてもいいんですが、ドラクエと違ってルーラみたいな呪文が無いので、その場所に戻るのもホントに面倒なんですよね。
というわけで、CP稼ぎはしないことにして、ネットでラスボス攻略法を探しているわけです。
なんかバイオが効くみたいなんですけどね、あと5回くらい全滅したら、クリアを諦めて次のゲームへ向かいます。

ほんと、ラスボスでプレイを断念するゲームってバランス悪いと思う。
そんなんなら第1章で断念させてほしかった。
posted by tkst at 14:26 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ホームページにブログを表示する

さて、以前にもホームページにブログを表示させる方法について記事にした。

すごいぞFreewind
http://shanghaimoon.seesaa.net/article/130364512.html

こちらのサービスを使えば、ものの数分でホームページ内にブログを表示させることができ、しかも、表示項目や配色まで簡単に設定できる。
例えば、ブログのタイトルだけ羅列させてみたり、○○文字目まで本文を表示させたりという設定が、超簡単に実現できてしまうのだ。

が、このサービスの唯一の欠点、そして、最大の欠点が・・・表示に時間がかかってしまうことなのだ。
他のコンテンツが即座に表示されるのに、ブログ表示部分だけポッカリと空白の状態が数秒続くので、視覚的にはかーなり格好悪い。
もちろん、このサービスを月額1000円とか有料で提供している業者もあるので、無料で公開しているというだけで価値があるのだが・・・。

で、今回発見したのがGoogle Ajax feed APIである。
原理的にはFreewindと同じみたいなのだが、さすがGoogleが提供しているだけあって、速さが全く違う。
Freewindと違って、細かい設定は自分でコーディングしないといけないので、HTMLもいじったことありませんっ!という人にはハードルが高すぎるんだけどね。
逆に言えば、そんな人でも使えてしまうのがFreewindの凄さかな。

私もまだまだ初心者なんですが、数ある解説サイトの中で一番分かりやすいところをご紹介しときます。私もこのサイトを一読しただけで、何となく使えてしまいました。
Google APIのサイトだと手順が全く分からないので、ぜひこちらを試してみていただきたいと思います。管理人さんには感謝感謝です。

Techie Blog
http://nyanjiro.no-blog.jp/web20/2007/04/google_ajax_fee_9c44.html
posted by tkst at 01:42 | Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

つけ麺 仁鍛

今日は週末ということもあり、東急東横線の白楽まで遠征してみた。
ここに仁鍛というつけ麺屋があり、最近ではセブンイレブンからも店名を冠した商品が出るなど、なかなかの人気である。

150x150_695475.jpg

で、今日はヒジョーに寒かった。
センター試験を受ける学生さん、どうもお疲れ様です。
そんな寒さの中、堪え忍ぶこと20分、ようやく店内に入るのだった。
自分を含めて6人しか並んでなかったのに、20分待ちとは・・・。
どうやら、麺が太いので茹でるのに時間がかかり、客の回転が悪いのかもしれない。これは仕方ないか。

さてさて、つけ麺専門店だけあって、メニューはシンプル。
・つけ麺
・あつもり
・中華そば(これだけ普通のラーメンか?)
・辛もり

今回、私が注文したのは「あつもり」の大盛り。
かなり高いレベルの標準的なつけ麺でした。
麺が極太で、普通盛りでも量が多いので、空腹でも大盛りはキツかった。
強いて言うなら、インパクトには欠けるような気はしますね。
きれいにまとまった味ですが、冒険はしてません。
posted by tkst at 02:17 | Comment(0) | 食の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

埋め込み型IPHONE用キーボード iType

最近になってiPhone用のキーボードが熱くなってきた。
先日記事にした脱獄系ソフトを使ってBluetoothキーボードを強引に動作させちゃうってのもあったけど、今度は無線ではないが、専用のフルキーボードがリリースされるってわけ。

http://ipodtouchlab.com/2010/01/iphone-itype.html

なかなかニュータイプな形状だけど、iPhoneを埋め込むすぺーとキーボードの間にヒンジを付けてくれれば、画面を見ながらブラインドタッチも可能だろう。

個人的にはポメラのUSBポートからiPhoneにケーブル接続できればベストだが、そのような製品にまた一歩近づいた気がする。
posted by tkst at 14:27 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。