2010年01月31日

ipadは未来を感じる「家電」である

さて、ipadについて「コンセプトが分からん」という意見がネット上でちらほら見受けられる。ワタシも実はそう思ったりもした。
そりゃ、いくらitunesで音楽同様に電子書籍を購入できるとしたって、朝の通勤電車、山手線や最強、いや、埼京線などで、B5サイズのipadで新聞なんか読めるか!っていう気持ちも分かる。(ただ、同じく山手線で新聞紙を広げるよりは現実的だとも思うけどね)

しかし、当のアップルはこのような使い方を提案していない。
アップル社のサイトで広告ビデオを見てもらうと、ビジネスや屋外で使用しているシーンは出てこないのだ。ベッドに寝そべったり、ソファに腰掛けて使用している場面ばかりではないか。
そう、アップルは、「ipadは家で使います」というメッセージを込めているのだと私は考えている。

私が想像するに、アップルはipad1台で、ソニーがロケフリ・PSP・電子ビュワーでやりたいことの全てを実現しようとしているのだ。
例えば、ロケフリ+PSPを使えばPSPでテレビを見ることができる。ただし、PSPの画面は小さいので、とても快適とは言えない。
その点、ipadは個人用テレビとしてかなり十分な画面サイズを持っている。モバイルには大きすぎるが、家で使うならアリという、まさに「ちょうどいい」大きさなのである。

想像してみてほしい。時代が変わっていく。
大画面液晶テレビを家族で楽しむ時代から、ipadを使って自分のスタイルでテレビを楽しむ時代へ。
毎朝、玄関まで新聞を取りに行く・・・という習慣も、ipadで新聞が配信されれば全く変わってくる。膨大な紙資源を節約できる。新聞紙を束ねて廃品回収に出す手間もなくなる。エコの勢いが強烈に後押しするに違いない。
寝そべってネットするならネットブックよりipadである。邪魔なキーボードは使うときだけ表示されればいい。キーボードの存在自体がスタイリッシュとは言えないのだ。そもそも、アップルはキーボードが嫌いなんだし。

というわけで、これだけの可能性を秘めたマシンが4万円ちょっとで買えて、しかも、スタイリッシュでブランド力があるんだから、蜘蛛の子を散らすようにipadを中心としたサービスが広がってもおかしくない。
posted by tkst at 14:56 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲーム日記:ベヨネッタ(1)

さて、ようやくFF13をクリアしましたので、さっそく近所の中古屋で売却してきました。2500円也。
元値が7〜8000円なのでちょっと安いなあ・・・と思ったんだけど、まあ、手元に置いてても仕方ないしね。

で、買いました。ベヨネッタ
ムキムキの眼鏡女がアクロバットするゲームで、店頭でPVとか見てるとスゲー楽しそうな感じだったんだよね。
というわけで、eブックオフのポイントが貯まってたので、全額ポイント払いでタダゲットしてしまいました。



ちょっと小さい画面では分かりにくいんだけど、たぶんプレイしたら爽快感かなり高めなゲームなんではないかと、いまから楽しみで。まだ届いてないけどね。
posted by tkst at 14:35 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

片瀬江ノ島

という駅に行ってきました。

280px-Katase-enoshima_station.JPG

どん。


昔はこんなんじゃなかったような気がするんですがねえ。。。
posted by tkst at 23:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

うああ、iphoneまたもキーボード接続ならず

さて、昨日は世間も大注目のipadの発表日だった。
もう前日の晩からソワソワしてたんだけど、朝起きたらニュースにアップされてたって感じですな。相変わらず日本とNYの時差が憎い。。。
ってか、商品名を「islate」とかガセネタ流した奴、いつの間にかフェードアウトすんなーーーー!期待持たせやがってーーーーー!!!

というわけで、通勤電車の中でいろいろスペックを確認したところ、どうやらipadはブルートゥースキーボードが使えるらしい!
しかも、iphoneOSで動くってことは!
もしかしてiphoneでもキーボードが純正サポートされるのか!!!?

・・・と思ったら、ハズレでした。。。
iphoneには頑としてキーボードを使わせる気は無いのかもね。
posted by tkst at 01:35 | Comment(0) | Iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

FF13日記(最終回)

やっとクリアしました。
前回の日記で、ラスボスが倒れねー、クソゲー、などとボヤいていたが、やはりネット情報で話題になっていたとおり、バイオがめちゃめちゃ効くんですな。
実際、どんだけバイオが効いているかは視認できないんだけど、2回ブレイクしただけで勝ってしまった。
正直なところ、通常攻撃でそれほどHPを削った印象も無いだけに、やっぱり見えないところでバイオがめちゃくちゃ効いていたらしい。

というわけで、どんな戦法をとったか紹介してみる。
なお、パーティーはファング・ライトニング・ヴァニラである。プレイヤー操作はファングとした(ヒーラー役をコンピュータにやらせた方が、適切に回復できそうなので)。

まず、戦闘開始直後に心無い裁きを喰らって瀕死になるので、JHHで回復に専念しつつ、ファングはひたすらスロウスロウスロウ・・・。
回復し終わったらJHJ又はDHJで、ライトニングを回復役にしながら、ヴァニラはひたすら耐性ダウン系の魔法+バイオを唱える。恐らくバイオは最後に唱えるので、バイオが効くまで続行する。
バイオが効いたらABH(ときどきAAB)でブレイクを狙い、ブレイクしたら打つべし打つべし打つべし!
で、一度のブレイクで勝てるはずもなく、敵が陽から陰に変化すると、心無い裁きを一発喰らい、おまけに嵐の状態異常攻撃を見舞われる。
このため、陰モードに変化したらJHHでファングにスロウを唱えさせると同時に、ライトニングはHP回復、ヴァニラはエスナで状態異常回復に専念させる。
落ち着いたらJHJ又はDHJで再び敵をバイオ状態になるまで辛抱強く継続すること。HPが減ってきたら迷わずDHH等で回復に専念すること。ヒーラーを2名にすれば、状態異常の嵐にも耐えられる。
で、これだけじゃ消耗戦っていうか、いつまで経っても倒せないんじゃない???て思うでしょ?
でもそれが違うんですよ。普通に攻撃する以上に、バイオが敵のHPをガンガン削ってくれてるんです、たぶんね。
実際、私はブレイク2回で敵を倒したと思う。

つーわけで、ようやくFFの呪縛から解放されました。
さてさて、こんなクソゲーはさっさと売却して、ファンタシースターポータブルかバヨネッタをプレイしようっと♪
posted by tkst at 01:28 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする