2009年12月24日

すげえ!スーザンボイルが紅白に!

ってか、NHKすげー。
日本放送協会、すげー!!!!!!!!

スーザンボイルを紅白に出演させるってゆー、民放ですら思いつかないような超離れワザ、ウルトラEを大晦日に炸裂させる。

まあ、スーザンボイルを知らない人は、ぜひYoutubeで視聴して下さい。
レ・ミゼラブルの名曲、I dreamed a dreamをブリティッシュ・ゴッド・タレントというイギリスのオーディション番組で熱唱し、全世界的、全地球的に大ブレイクした、すげー中年女性なんだ、コレ。

PN2009122401000790.-.-.CI0002.jpg


いやあ、ちょっとコレ、龍馬伝よりスゴいんじゃない?賞賛だね。
posted by tkst at 22:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

サカつく6の裏技に関する件

どうも、サカつく6で15年ほど過ごしました。

で、前回のブログで「とにかく金が無くて勝てません」的なことを書いたんだけど、これについて一定の効果がある対策を見つけました(ワタシもどっかのサイトで見たような気がしますが)。

何をするかというと、非常に簡単なのです。ポイントは2つ。

まず、年俸交渉が強いスカウトと契約すること。
スカウトの給料が2億でも3億でも構いません、コスト以上のパフォーマンスを出してくれます。
ポイントは、スカウトのスキルとして「○○に強い年俸交渉人」が記載されていること。○○の中には、若手、とか、ベテランなどの言葉が入ります。
スカウトの中には「若手に強い年俸交渉人」「ベテランに強い年俸交渉人」の両スキルを持っている者もいるので、見つけたら絶対に雇うように。

で、スカウトが具体的に何をしてくれるかというと、直接交渉や契約更改の際に、相手スカウトや選手の要求額を「それは高すぎるよ」とゴネてくれるわけです。
これが非常に効果的でして、相手によっては億単位で金額が下がる。

ただし、「若手に強い」スカウトは若手にしかゴネてくれないので、やはり「若手」にも「ベテラン」にも強いスカウトを雇うべきです。

そして、このスカウトの能力は次の裏技、「契約延長」で悪魔的な力を発揮する。


というわけで、裏技の2つ目。契約延長です。
契約延長というのは、人事コマンドの中に入ってるんだけど、1年のどのタイミングでも契約延長できるというもの。
選手というのは活躍の度合いによって翌年度の年俸が上がってしまうので、活躍する前に、つまり、シーズンが始まる前の1〜2月に契約延長してしまえば、年俸を据え置いたまま契約更新できるってワケです。
ちなみに、契約延長は最大4年(当年もあわせて5年)までできるんで、つまり、4年間もギャラを据え置くことができる。

そしてそして、本題です。
すこし前のところで「悪魔的な力」と書いたんだけど、スカウトは契約延長のときにもゴネてくれるんです。
どういうことかと言いますとね、以下のような感じになるんです。


12月4週目 契約更改
       選手希望額1億2千万円
       →スカウトがゴネて9千万円で決着

1月1週目  契約延長1回目(1年延長)
       選手希望額9千万円
       →スカウトがゴネて7千万円で決着

       契約延長2回目(2年延長)
       選手希望額7千万円
       →スカウトがゴネて5500万円で決着

       契約延長3回目(3年延長)
       選手希望額5500万円
       →スカウトがゴネて3800万円で決着

っというような感じで、ドンドン、年俸が下がってくの!
上記の例は入団3年目のボンバー中澤における、ほぼ実例です。
ちなみに、中澤というのはスキルレベルも3に達するし、能力的にも日本DF陣の中では間違いなく最高レベルなんで、何も対策をしないと、年俸5億くらいには達する可能性があり、この戦略は非常に有効である。

ただし、能力に対してあまりに安い年俸で雇い続けると選手のストレスがたまって退団に至ってしまうので、必ず、4年までMAXで契約延長しないことです。
爆発寸前になった選手は、契約延長を求めてきて、そこでギャラアップを要求してくるため、MAXで契約延長していると更なる契約延長ができなくなるためですね。

乱文で恐縮ですが、非常に有効な技です。
posted by tkst at 15:35 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット生活1:78.5kg

誰も興味無いと思いますが、ダイエット日記始めました。

普段の暴飲暴食が祟ってか・・・・
ついに80kgを超えてしまった━━ヽ(・∀・` )ノ━━━━!!!

というわけで、12月18日の80.75kgからダイエットを開始。
ワタシ的には80kgオーバーというのはヒジョーにショッキングな出来事なので、ちょっと運動しながら健康的にみたいなヌルヌルいダイエットではないく、ちゃんと食事制限もしつつ、目標と計画を持って取り組みたい次第でござる。

というわけで、昨日なんかは朝食はリンゴ3切、お昼はヴィダーイン(ビタミン)とカップヌードルライト、夕食はお刺身とビール2杯って感じである。
夕飯にビール飲む時点でヌルいんだけど、まあご褒美です。

てなてな感じで始めたんですが、5日目の本日において、
78.5kgというワケで、約2キロの減量に成功しました。

いやー、今日もね、朝食は寝坊したのでヌキ、昼食はヴィダーインとおにぎり1個、ジムで400kcalほど消費してきました。
まさに、低燃費で燃焼系な生活を送っているわけなんです。

しかしながら、これからの季節は鬼門の年末。

クリスマスからの3泊と年越しの1泊は、学生時代の友人と「食っちゃ寝」旅行をする予定なんで、逆戻りは必至な予感がするし、予感が現実になりそう。

んー、とりあえず、目標は体重10キロ減、ウエスト15cm減なんで、ちょっと気合い入れて頑張りますよ、まじで。
posted by tkst at 15:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

ラーメン手帳

数年前から手帳ブームが続いている。
野口先生の「超」整理手帳に端を発し、ワタミの社長さんが書いた夢手帳系のタイプも雨後のタケノコのように登場した。
柳の下にドジョウが3匹、という言葉を聞いたことがある気もするが、要するに、二番煎じでもそこそこ売れるというワケである。

さて、今日、MSNか何かで、ラーメン手帳なる珍奇な手帳が発売されたと目にした。

41i+gDcxdsL._SL500_AA240_.jpg


有名なラーメン王である石神さんプロデュースしたものだそうで、麺の堅さや具やスープなど、ラーメンを評価するポイントを整理するためのレイアウトなのだそうだ。
たしかに、ラーメンを分析したい系の人には、白紙ノートに自分で見出しを書き込むよりも、綺麗に効率的にメモできそうだ。

実は私もラーメン大好き。だけど、私の評価基準は「もう一度行きたいと思うか」だけであり、麺やスープや具材やら接客やらの総合得点ではない。
なのでワタシには要らんプイな手帳だが、欲しい方はどうぞ。
posted by tkst at 18:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD生活:イキガミ

先週の話になるんだけど、近所のツタヤが割引きしてたので
勢いで「イキガミ」を借りてきてしまった。

借りてきてしまった・・・という若干後悔してる系の言い回しをしてるワケは、
準新作ということでレンタル期間が3泊4日ということであり、
それが理由か私の怠慢が原因なのか、なんと1日延滞してしまうという、
信じられないミステイクを犯すこととなり、要は割引額を上回る
延滞料金を請求されてしまったのだ。

映画の感想うんぬん以前に、まずそこがヒジョーに悔しい。


さて、本題である。

この作品、たぶん漫画の実写版である。
あまりネタバレ的なことを書くつもりもないので、こんな風に説明すれば分かりやすいんじゃないの?という表現を用いるならば、デスノートみたいなリアル系SFっぽい作品だ。

デスノートと同じく、ある仮想を前提とした日本社会で起こる事件や人間ドラマを描いているのだが、泣き所も多く、しかもクドさもなく、伏線のはりかたが非常にウマい。
泣き所で泣かせようという意識が強すぎると、逆に冷めてしまうものだが、涙もろいワタシ的には3回くらい涙そうそうである。

主演の松田翔太は篤姫でも高い評価を得ていたが、あの憂いのある眼差しは大変にイイ!お兄さんの龍平も剣岳で存在感を示したが、この兄弟は役ドコロにハマれば、なかなかのモンですよ。

個人的に、若手No.1俳優はやっぱり藤原竜也。この人しかいない。
なんてったって、役者は滑舌が命だし、藤原竜也はタンカの切り方が抜群にウマイ。
これはひとえに卓越した想像力の賜物だろう。

というわけで、かなりオススメである☆☆☆☆☆!
posted by tkst at 01:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする