2009年12月30日

12年のドコモにお別れ

iphoneユーザーのワタシなんですが、なんとなく未練があって契約を残していたドコモを解約することにしました。
さすがに12年続けてきた契約なので、けっこう愛着もあったんですがね。

というわけで、今日は最寄りのドコモショップに行って、「あのー、解約したいんですけど」的なことを言ったんだけど、意外に慰留もされずに、あっさりとカウンターに通された。

携帯電話というのは月末〆なので、年を越してしまうと1月分の使用料がかかるってことで、まさに今日が絶好の解約タイミングなわけです。

でもでも、ここからが問題で、ドコモの一人でも割引きは「1年縛り」があるので、「今日解約すると9千円くらい解約金が発生します」と突きつけられた。
詳しく話を聞くと、来月(1月)が1年に1度の無料解約期間ってことなんで、解約を来月に持ち越すことにしました。

んー、意を決したものの、なかなかうまくいかないもんですね。
posted by tkst at 17:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COACHを2つお買い上げ

クリスマスに仕事を休んで香港に行ってまいりました。

香港と言えば食と買い物ってことで、最近、かーなり気になってたアノ品物が免税店で安く買えるんじゃないか?と胸をばくばく弾ませながらの逃避行。
でも11月にリリースされたばかりだし、まだ店頭に並んでないんじゃないかって不安もあったんですよね。その不安は半分杞憂で、半分は的中だったんですけど。

で、何が欲しかったかというとですね、先月号のBeginか何かに掲載されてた、COACHのメンズバッグなんですよ。
http://japan.coach.com/online/handbags/-men_stylish-13001-13500-5000000000000066551-jp?t1Id=38711&t2Id=5000000000000066551&tier=2&langId=-10&icid=casual

スクリーンショット(2009-12-30 0.09.01).png


たぶん、この型のバッグはダニボブあたりが最初に出してブレイクしたと思うんですが、あまりに「雑誌を見て飛びつきました!」っていうような、ベタベタのベタ感が嫌で手を出さなかったんですよ。

でもまあ、この型の鞄は一つあっても良いかなって思ってて、COACHのメンズラインって珍しい感じもするし、たまたま海外に行く用事もあるし・・・ってことで、一気に心の中で火がついちゃった、ってワケで。

値段はやはりCOACHは海外で買うと安いですね。
日本ではほぼ9万円の品が約5.5万円。後述のビジネスバッグは日本で6.5万円の品が4万円弱ってことで、かなりお得感あり。

ちなみに、やはり発売されたばかりってことで、街中のショップやDFSでは売ってなくて、帰りにダメ元で寄った空港内のショップで見つけたんです。欲しい方はご参考まで。

実物のイメージはこんな感じ
IMG_0200.jpg

表面の模様(型押しロゴ)はこんな感じで、けっこう上質。
IMG_0203.jpg

ちゃんと自立するので、足元に置くときとか便利
IMG_0201.jpg

もひとつ買ったビジネスバッグ。
荷物の多い日や、ちょっとハズしたい日に良いかなと思って購入。
IMG_0204.jpg

こちらも自立可で、収納力はかなりアリ。
IMG_0205.jpg

公式HPで公開されてる写真はこちら(色違い)。
スクリーンショット(2009-12-30 0.08.18).png
posted by tkst at 00:40 | Comment(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

しずちゃん整形してますか?

Q しずちゃんは整形してますか?どうでもいいですか?

A ごめん、どうでもいいです(ベストアンサー)


ヤフー知恵袋より引用
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1321088208

こういうのもシュールでイイね。
posted by tkst at 21:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD生活(2):TAJOMARU

どうも。飛行機の中で、見てきました、TAJOMARU。
黒澤明の羅城門がモデルの、小栗旬主演映画。
小栗旬絶好調で迎えた2009年なだけに、番宣も凄かったっす。

さてさて、当然ながらストーリーを書くわけにもいかないが、ストーリーなんか「そんなの関係ねえっ!」と言わんばかりの、ストーリーの薄さが特徴でもある。
ひと言で言ってしまえば、非常にライトな時代劇。
日本史なんか知らなくても、管領なんか知らなくても、ハタケヤマと言えばボクシング!という人であっても、誰でもすんなり楽しめる。
日本語がわからなくても楽しめるかもしれない。

なお、タイトルにもあるTAJOMARUとは、伝説の悪党という設定なのだが、残念ながらインパクトはイマイチである。非常に残念な言い方をすれば、TAJOMARUを登場させなくても作品に全く影響は無さそうでもある。

で、この映画の何がイイかと言うと、小栗旬がイイ!
はにかんだ笑い方をするかと思えば、藤原竜也を彷彿とさせるタンカの切り方など、なかなか良い役者だな〜と思える。
小栗旬という役者は、やっぱり実直orシリアスな役柄が向いてると思いますナ。なので、最近やってたドラマ(なんとかドック)だと、ちょと役不足な感じがする。

まあ、小栗旬が好きな人、飛行機の中で眠れない人にオススメってことで、小栗旬の好演に経緯を表して星2つってところですか。
posted by tkst at 16:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サカつく6日記(最終回)

第2回にして最終回となるサカつく6日記。
何を隠そう、ワールドプレミアリーグ(WPL)を制覇してしまったからだ。

エンディングはアジアリーグ制覇時点で済ませているので、WPLを優勝しても特に何も無い(いろんな関係者が挨拶に来てくれるだけ)のは、少し残念でもあるが、ようやく不毛な戦いから解放されるという安堵感の方が大きい。

なにしろ、このゲーム、とにかくゲームバランスが悪く、バグも多い。
以前にも書いたことだが、なんと言っても、自チームから日本代表を最大8名も選出されてしまうと、その時点でゲームオーバー(人数不足で試合ができない)になる。

また、6月以降はJ1とWPLを交互に戦うわけだが、なぜか日本代表戦の日程がWPLと同じ日ばかりに組まれている。
つまり、代表メンバーを抜かれた弱いチームで、マンUなど強豪チームと戦わなければならないのだ!!!そんなアホな!!!

おまけに、年度末の契約更新の時期には、契約更新してるのに、サポーターから「○○選手の解雇には納得できない」などのクレームをつけられるし、平日画面から試合画面へ画面が切り替わるときに『ビビィビィー』というような異音がする。

ま、最終的にはクリアできたワケだし、良しとしよう。

ちなみに、クリア時のチーム状況は以下のような感じ。

・チーム:川崎フロンターレ
・プレイ期間:17年
・所持金:330億
・選手国籍:日本人15人、外国人8人
・選手スキルレベル:レベル3(4人)、レベル2(14人)、レベル1(5人)
・選手年俸:20億以上(1人)、10億以上(1人)、5億以上(4人)
      ※以上はすべて期限付き移籍
・監督:ラモス引退後に雇った無名の人。プレイスタイルがラモスと
    同じという理由で雇っただけ。
・オススメ選手:
 ジュニーニョ:レベル3、神の領域、引退後も若手で復活
 中澤佑二:レベル3、引退後も若手で復活、裏技で安く雇える
 源京一:貴重な和製戦力、能力値がトップ外人並み
 チョンテセ:レベル3、初期フロンターレでは貴重な戦力、復活はしない
 阿部勇樹、マルクス:日本人の中ではトップクラスの能力値で、
 毎年期限付き移籍で雇ってたけど、ほとんど歳をとらない(バグ?)

よーし、今日からはFF13に本腰を入れます!
posted by tkst at 15:44 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする