2009年11月08日

近藤さんですか?

見事に同化してますが、一匹だけ動物じゃありません。

IMG_0168.jpg
posted by tkst at 22:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VaioX専用ケースを探し求めて2

Love-VaioXな人なら速攻チェック済みかと思うんだけど、
ビームスとソニスタがコラボして作ったVaioX専用のケースが出た。
VaioXの魅力を損なわないケースを探し続けている私としては、
けっこう期待してたんだけど、これは女子だね、かなり女子向けだ。

スクリーンショット(2009-11-08 12.27.14).png


柔らかめの合皮にスパンコールのリボンをあしらった感じだろうか。
こうしたケース類は、多少伸び縮みする柔らかめの素材が正解。
たぶん、着脱はしやすいんじゃないかと思う。

一方で残念なのが、やはり飾りのリボンじゃないかと思う。
これが無ければ男女兼用できたし、それ以上に悔やまれるのが、
リボンの分だけケースが厚くなる。
せっかく技術者が1mm・1gを削ってVaioXを作り上げたのに、
重厚長大なケースを作ってしまっては意味が無い。

このケースを見る限り、ユーザーが見えてないなぁ・・・と思う。
これじゃコラボと言うより、丸投げだよね。
ソニーのファンとしてあまり悪口は書きたくないけど、
ビームス崇拝はやめた方がいいと思う。
感度が高い人はビームスが大好きだ!というのは年寄りの錯覚ですよ。
posted by tkst at 12:52 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VaioXをクリスタルコートで保護

VaioXのパームレストが皮脂で汚れやすい件については既に書いたんだけど、
この皮脂汚れは非常に気になるし、不潔なようにも見える。
せっかくの超カッコイイ系デバイスなのに、これでは非常に勿体ない。

とゆーわけで、非常に優れたアイテムを発見した。
その名も「クリスタルコート」である。
ガラス繊維配合の液体で表面を保護し、耐久性やツヤが向上とのこと。
kakaku.comでも推奨されてたし、口コミ的にも良さげだったので、
ちょっと高いけど購入してみることにした。

PIC_0051.jpg


で、さっそく我が家に届いたので、いろいろ試してみた。
使い方は非常に簡単で、スプレーをひと吹きして、乾いた布で拭き取るだけ。
液体が乾燥するのを待つ必要が無いので、非常に楽チンだ。

効果のほどなんだけど、VaioXの皮脂汚れの件は即解決した。
もっと嬉しいのは、クリスタルコートを使うことで、
キーボードカバーが不要になるということだ。
最近はノートパソコンのラインナップが増えすぎたこともあってか、
対応するカバーが発売されていなかったりする。
なので、キーボード表面の刻印を保護する唯一の方法が、
こうしたコーティング材なのではないかと思ったりしている。

同じ理屈で、PASMOにも吹きかけた。
電子定期券ってさ、しばらくすると表面の文字が擦れてくるので、
これも防げるんじゃないかってこと。
通常は半月ほどで擦れてくるので、この効果はすぐに実感できるはず。
また1ヶ月後くらいに効果をレポートしてみたい。

PIC_0056_2.jpg


さらに、このクリスタルコートをフローリングの床に使ったりすると、
効果の凄さを身をもって実感できる。
床がツルツルに滑るんだよね。素足でもツルツル感を実感できるし、
靴下なんか履こうものなら危険なほどに滑る。
ワックスなんか比較にならないくらい、表面がツルツルになる。

あとね、iphoneユーザーにも非常におすすめ。
iphoneユーザーの多くが、画面に保護フィルムを貼ってると思うんだけど、
このフィルムがけっこう皮脂汚れが付きやすい。
特に、iphone3GSなんかだと、画面のコーティング性能が良いせいか、
フィルムを付けると、かえって汚れが目立つようになる。
このあたりについては、ユーザーなら既に体感済みだと思う。
で、iphoneの保護フィルムにクリスタルコートを使うと、
この悩みが一気に解決できる。
皮脂汚れが付きにくいし、サッと拭くだけで汚れが綺麗に落ちる。
iphoneユーザーとしては嬉しいかぎりだね。

Micro Solutions 高密度ガラス繊維ケイ素系ポリマーコート・クリスタルコート GFGC01 CRYSTAL COAT #01
posted by tkst at 12:09 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Macbookと中国からの郵便物

我が家のメインマシンであるMacbookProも、御歳2年半になった。
その2年半の間、ほぼ電源入れっぱなしという酷使に耐えてくれたんだけど、
やっぱりバッテリーだけは寿命があるみたい。
半年くらい前に、パッタリと完全に充電不能になってしまった。

これはノートパソコンを使ってる者としてスゲー由々しき事態で、
だって、何かのアクシデントでACアダプタが抜けたら、
その場で即シャットダウンですよ。
何時間もかけて書き上げたレポートも、データの復元作業だって、
一瞬にしてパーになってしまうわけですよ。
しかも、MacbookのACはマグネット式だから、スゲー外れやすいしね。

とゆーわけで、半年ほどバッテリー交換か新機種かへの買い替えかを
迷ってたんだけど、ヤフオクで6000円で出品されてるのを見て決断したよ。
だって、量販店でバッテリー買ったら1.5万円くらいするから、
約半額だもんね。これは嬉しい。

で、待つこと1週間。
とても不安な1週間だった。なんで1週間もかかるのか。
しかも、その1週間のあいだにオークションページも削除されてるし。
こりゃあ騙されたんじゃないか?とか思ったりもした。

でも、モノが届いて、その理由が判明した。あっさりと。

我が家に届いた小包は・・・

I'm from CHINA!!!

PIC_0053.jpg


中国からEMS便でバッテリーが届いたわけ。
なるほどねー。どうりで安いわけだよ。すごく納得した。
開封した様子は↓こんな感じなんだけど、わりと梱包もしっかりめ。

PIC_0055.jpg


さっそくMacbookに装着したら普通に使えたので、まったく問題無し。
これであと半年くらいは買い替えずに済みそうだ。
posted by tkst at 11:31 | Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

adamo XPS

つい先日、ソニーの超薄型PC「Vaio X」を手に入れたばかりなんだけど、
それをいとも簡単に上回る薄さのPCが発売される・・・orz

DellのAdamo XPSがそれだ。
スクリーンショット(2009-11-06 23.55.35).png


厚さが1cm前後というから、VaioXより4ミリほど薄い。
それでいて、CPUはAtomではなくC2Dだというから、モバイル機として
ほぼ妥協の無いパフォーマンスが期待できる。

となると、もう、もはや、VaioXを買ったばかりの私としては、
Adamoに嫉妬しまくりであり、ついついアラ探しをしてしまうワケ。
だって悔しいじゃないですかぁ、まだVaioXを買ってから
1ヶ月も経っていないのに、アッと言う間に追い抜かれるなんて。ありえないw

でもまあ、いとも簡単に欠点に気づくわけです。
なんせ、これだけ薄いのに、重い。電池込みの重量は1.5kgほど。
VaioXの2倍ほどの重量です。
しかも、標準バッテリーでは2.5時間しか動作しないというから、
外でネットなんかやりまくりの使い方をしたら、1.5時間くらいでしょうね。

いくら性能が良くたって、1.5kgもあるPCを持ち歩いたあげく、
あっという間にバッテリーが落ちてしまっては、切ないことこの上なし!
せっかくPCを持ち出したんなら、時間なんか気にしないで、
喫茶店あたりでアイスコーヒーでも飲みながら、ネットしーの、
レポートを書きーの、たーーっぷりと楽しみたいもんね。

確かにVaioXも性能面でかなり割り切り感が強いし、
2つ以上のソフトを起動したときの不安定さも心細いんだけど、
モバイル専用機に全部入りを求めてしまうと、
まったく実用性の無い代物に仕上がってしまう気がするんですよ。
posted by tkst at 23:56 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。